スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PIVOT到達 確率と勝率は比例するわけではない・・・

以前からピボット到達確率の記事は何度も書いている。

自身のトレードが数日~一週間前後なので、大半が週間分析。

* 
自身が使用しているものでは、S=サポート/R=レジスタンス表示、
S=ショート/B=ロングという逆表示もあるので間違えないように。
*

各到達率(四捨五入)
R3 6%
R2 19%
R1 46%
PIVOT 75.5%
S1 39%
S2 16%
S3 7%


PIVOTにタッチすることなく
一方的な相場でR3/S3の到達確率は5%。

PIVOTトレードで確率を重視するのであれば7:3で
勝てるという数値が出てくることになる。

つまり、
毎週月曜日に、PIVOTよりOPENが下なら買い上ならば売り、
これを毎週繰り返して75%の確率の常勝が望めるということ。

いやいや、折角利益が出たのだからPIVOT到達以降もそのままホールド
しようなんて考えると確率はどうなるかというと・・・
そのままR2やS2まで到達してで決済できる確率は46%

いやぁ~確率的にはお勧めできないパターンだ。


次は、損失になる確率の数字も出してみる。
つまり、ピボットに向かうポジションを保有したが、
逆に相場が走って行くときの確率である。
損失を出すときのパターンだ。

R1からR2は43%
R2からR3は31%

S1からS2は41%
S2からS3は44%

結局、PIVOTの確率と勝率だけにこだわるのであれば、
月曜日OPENでPIVOTに向かうポジションを保有する。
しかし、最寄に到達する確率と利益は比例しないので、
他に併用する何かを検討しないといけない。

下記ドル円チャートにウィークリーピボット表示をしてある。
上記と照らし合わせてみると勝っていると見えるでしょうか?
これだけでトレードするときには、ストップのポイントが
設定しにくいのが難点だ・・・
なぜなら、オープンピボットでのエントリーよりストップが遠ければ
当然、利小損大の最低トレードだからである。
しかも、トレンドがある時は常に逆張りのトレードという点も難。

結局ボクシング見たいな物で、コンビネーションがないワンパンチや、
ジャブだけでは試合には勝てないということだろう。


20140119182644.png


スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年01月19日 ピボット トラックバック:- コメント:-

ピボットを知ったかぶりしない事・・・

今回年初という事もあり、年間と月間でユーロドルを色々計算して見た
色々な所で表示されている数値は定番の一つだけですから、
是非フィボナッチ数値も融合しているピボット数値など多数あることを
是非この機会に知ってください

エクセルなどで簡単に作成できますから、
得意な方は見比べて見るのも面白いです

下記がベースになります
【年間 高値1.4939・安値1.2857・終値1.2954】
【月間 高値1.3546・安値1.2857・終値1.2954】


①クラシック版
nobitaPivot_nD_HL_MTF
ピボットポイント = ( 高値 + 終値 + 安値 ) / 3
R1 = 2 * ピボットポイント - 安値 - 通常の取引レンジ
S1 = 2 * ピボットポイント - 高値 - 次の期間については
R2 = ピボットポイント + (抵抗1 - サポートする1) - 極度の取引レンジ
S2 = ピボットポイント - (抵抗1 - サポートする1)
R3 = 高値 + 2*(ピボットポイント - 安値)
S3 = 安値 - 2*(高値 - ピボットポイント)
M5 = (R2+R3)/2;
M4 = (R1+R2)/2;
M3 = (P+R1)/2;
M2 = (P+S1)/2;
M1 = (S1+S2)/2;
M0 = (S2+S3)/2;

②カマリリャ・ピボット
ピボットポイント = ( 高値 + 終値 + 安値 ) / 3
R1 = ((高値 - 安値) * (1.1 / 12)) + 終値
S1 = 終値 - ((高値 - 安値) * (1.1 / 12))
R2 = ((高値 - 安値) * (1.1 / 6)) + 終値
S2 = 終値 - ((高値 - 安値) * (1.1 / 6))
R3 = ((高値 - 安値) * (1.1 / 4)) + 終値
S3 = 終値 - ((高値 - 安値) * (1.1 / 4))
M5 = (R2+R3)/2;
M4 = (R1+R2)/2;
M3 = (P+R1)/2;
M2 = (P+S1)/2;
M1 = (S1+S2)/2;
M0 = (S2+S3)/2;

③ウーディ・ピボット
ピボットポイント = ( 高値 + 2 * 終値 + 安値 ) / 4
R1 = ( 2 * ピボットポイント ) - 安値
S1 = ( 2 * ピボットポイント ) - 高値
R2 = ピボットポイント + (高値 - 安値)
S2 = ピボットポイント - (高値 - 安値)
M4 = (R1+R2)/2;
M3 = (P+R1)/2;
M2 = (P+S1)/2;
M1 = (S1+S2)/2;

④フィボナッチ・ピボット
nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
Pivot = ピボットポイント = ( 高値 + 終値 + 安値 ) / 3
R1 = ピボットポイント + 0.382 * (高値 - 安値)
S1 = ピボットポイント - 0.382 * (高値 - 安値)
R2 = ピボットポイント + 0.618 * (高値 - 安値)
S2 = ピボットポイント - 0.618 * (高値 - 安値)
R3 = ピボットポイント + (高値 - 安値)
S3 = ピボットポイント - (高値 - 安値)
M5 = (R2+R3)/2;
M4 = (R1+R2)/2;
M3 = (P+R1)/2;
M2 = (P+S1)/2;
M1 = (S1+S2)/2;
M0 = (S2+S3)/2;

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年01月01日 ピボット トラックバック:- コメント:-

なんだかんだピボットは・・・

20080911190109.pngなんだかんだいって、FXスタートの始まりはピボットトレードですので自身は【高機能FX自動売買ソフト付】FXピボットで楽チン・簡単トレード 業界最新!毎朝5分 1月の波乱相場でもトータル+639pipsの利益 なんと5万通貨トレードで32.5万円勝ちました!ロジック完全公開!を実は保有しています。但し、こちらは全くの放置で逆張り完全自動売買、資金も固定で入金も最初の一回のみで購入してから一回も再入金はしていない優れものシステムかと思います。こちらのリアル口座は、外為オンラインが対応していますので、証拠金の安さからこちらを使用しています。この後の及んで逆張りはおかしいと自身は思うのですが、これがまた何故か資金が減っていないのが不思議不思議^^; 購入者しか見れませんが、画像は左です。結果としてはこの大きなクロス円の下落の中でも着実にロングでも利益が取れていますので、ピボット数値の不思議と必ずしも一方的な下落に見えても乗り遅れたと思ったところで反発しているという事が如実に表れている証拠です。このシステム自体の利益で来年の税金が払えそうなので、今後も放置してみようと思いまし、サポートも万全ですので安心です

本当は自動売買的な手法に抵抗があるんですが、機械的な頭脳が生身の人間に勝てるのか?お試し購入で数ヶ月たちましたが、このシステムトレードのデイトレ利益が、自身のチャート分析デイトレトレードより上回る事が時々あるんですが、とても許せない事です^^;ただ波に乗る事はできないのがデイトレシステムで、最近少しずつトレード期間が延びてきた自身は併用する事によって素直にトレンドを追いかける事ができて、尚且つ反発時の利益減少はシステムで利益となり決済されている・・・一石二鳥で嬉しい限りです。

全~~く、べらべら日常生活ばらしていますが良いものくらいは紹介してみようかと・・・


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年09月11日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

素晴らしきピボット数値・・・

おはようございます

ドルカナダ: 1.0272・1.0200・1.0155・1.0119 ショート
キウイドルドル: 0.7611・0.7605・0.7566 ロング
=======================

資源高・54年ぶり東証下落・欧州利上げ・・・
市場の不安定な状態は決して払拭できなく、更に悪化する・・・
年金運用で5兆円の赤字・・・

色んな意見出てきそうな先日の相場ですが、まだまだ始まったばかりで冷静に見て何がおこっったのかといいますと、通貨別ではドルスイス・ユーロドルはぴったしウィークリーピボットタッチで、時間の経過が無く一気に到達しただけと言う事・・・ユーロドルに関しては今週スィング的なR1=ピボットでの指値215pが一日でリミット出来たという逆に言えば省エネトレードとなっています。と、言うことは本日ウィークリーピボット付近のオープンと言うことはデイリーで言うことの回避日、または順張りR1・S1と言うことになるんですが、そうとうなリスクとなりますネ。イベントは終えたが、サミットなども控えていますし無謀なポジション取りはしないようにしたいと思います。
20080704065158.png
オセアニア通貨に関しては、個人的には欧州が金利を上げたことは少なからずドルには影響があり、現在のオセアニア事情の改善が少しでも見られると金利差の魅力に多大な資金がオセアニアに急激に集中してもおかしくは無いと個人的には思っています。

ドルカナダに関してはチャート判断なんですが、1.0324を上昇ブレイクしたら少々考えは変わるのですが、1.0460付近が上昇しても限界と個人的な見解・・・現時点から最高300pか・・・ん~~ん・・・

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年07月04日 ピボット トラックバック:0 コメント:1

17のポイント・・・

おはようございます

昨日もクロス円の上昇で、2日目となりましたので、本日が重要日となるわけですが、
本日も上昇で、金曜最終日半分戻す事があるとカウントは再びゼロになってしまいますが
果たして本日どのような動きになるのか注目の一日となりそうです。
20080417062044.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月17日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

16日ポイント・・・

軒並みクロス円は上昇していますネ、日本時間も余韻が残るでしょうか?
一目でわかるのが、昨日はドルが強く、ユーロはポンド・スイスより強く・・・
日本時間も余韻が残るのでしょうか? 欧州時間に反撃をくらう事も多々ありますから^^;
下落トレンドの中での上昇抜けに要するポイントは多々ありますので、一日程度で抜けられるほど簡単にはいきませんから最低あと2日は必要と感じる今日この頃・・・無理せずじっくり考えようと思います。
20080416065455.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月16日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

自己中心的な算出・・・

久々にピボット表なんか前日に添付してみました。月曜日は回避する日が多いのですが、別に完全休業な訳ではなく単なる確率の問題と週明けの同様や混乱などで、価格が定まる前にロスカットされるのがイヤなので指し値をしても遠くに置く程度で済ましているだけです。前週末は大きく下落しましたので、デイリーピボットが有効かどうか疑問視する方が大半なんでしょうが、ポイントくらいは見ておこうかなぁ?なんて程度で参照しています。個人的には明日がピボット達成と言うより、50%戻すのか?に注目しています。当然全面円高ですので、50%達成する価格の方がピボットより高いですので、厳しい状況である事には変わりは無いでしょうが、自然の摂理的にはピボット数値よりフィボナッチのほうが有効のような気がします。したがって、61.8・38・2も重要と言うことになりますので、50%と言うのは単なる目安でもう少し戻したとしても、トレンド転換のサインとは言い切れない事から、週頭から成り行き追いかけショートは無謀な賭けと言うのが個人的な見解です。まぁ、多少の含み損を抱えても利益はしばらく出るかもしれないですが・・^^;
20080316221024.png
勝手にオーピン前にマイインジケーター+21でピボットを算出してみましたが、いきなり窓を開けるようなことがあると話は変わるのでしょうが、どの時間軸からでも24時間は有効と私は思っていますが・・・皆さんは気にしないでくださいネ。自身はオープン前に自宅にいませんので、帰宅しないとその後はわかりませんので・・・
20080316223619.png20080316223704.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月16日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

ピボットとオープンピボット・・・

明日の朝の記事がありませんので本日書いています~~

かれこれ数年を費やしコツコツ勉強してきましたが、久々に私の原点であるピボットトレードプチ様が数年前の過去ログで詳しく到達確率まで分析されていたオープンピボットについて・・・

オープンピボット
ニューヨーククローズでの日本時間6時か7時頃の価格でのピボット計算に基づきピボットに向かうポジを成り行きで作る

2006年10月 8日 (日)のプチ様の記事からの抜粋ですが、
勝率にこだわるならば、openでエントリー、PIVOTで決済。ただし、big event時は避ける。
SやBでのエントリーは単独では用いず、他の手法と併用する方がいいと思われる。
 


既に2年前にはこの記事は存在しているので珍しい手法でもないですが、私も当時閲覧して、とても詳しく分析されていると感じこれを利用しながら、回避する日や対象通貨などをいろいろ勉強してきたわけですが、やはりどうしてもフィボナッチが欠かせなくなってきました。フィボナッチはどうしてもted様は欠かせませんネ

そして、確かにオープンピボット到達確率はとても高いですが、ストップの位置が一番の課題でした。
オープンピボット達成確率とpips、ストップの位置とのpipsがどうしても比例する事が無いのです。
つまり到達確率に魅力を感じ注文を出した場合ストップはB1・B2・S1・S2のどれかにするわけですが、どれを使っても殆んど利少損大となります。利少損大とならないケースは前日に大きく動き値幅が十分ある時に日本時間に大きく戻す時くらいです。これを毎日何も考えずに続けていくと、マイナスは到達確率が80%以上あってもストップ値は利益額の半分以上を上回ります。
これを打開する方法はないものか? そしてピボットは逆張り専門でしか通用しないのか?
フィボナッチは押し・戻し以外ターゲットとしても機能する。
毎日の値幅が大きい通貨ではピボットトレードでのB2・S2には殆んど達しない事などなど・・・
参考程度に一日の値幅が大きい通貨の一つユーロキウイを添付します。
こちらの通貨でランダムに10日間のピボット到達とB1・S1到達の一つの例です。
ピボット到達確率は80%ですが、何処までのストップが有効でしょうか?
B2・S2までストップを伸ばすと一回の損失は8回の利益額の半分を占めてしまいます。
では本来のピボットトレードはどうでしょうか? 10日間4回約定で約定されない日は6回です、勝率は100%と入れるでしょうが、40%しか執行されないともいえます。B2・S2に関しては逆に100%約定しません。
では、オープンピボットはどうでしょうか?チャートのロウソクから判断してみると、10日間全てポジを持ったとして、ストップを100%到達しないB2・S2に設定しトレードすると60%リミット決済できていますが2回マイナスの日があります。このマイナスの日のpipsは翌日決済したとしても今までの利益を上回るpipsとなっている為、積み上げてきた利益は一気に吹き飛びます。トレード通貨を選ぶ事、利益額と損失額、他の手法の取り入れなどなど対策を練らないと、目先の確率だけでは厳しいのが現状である。
20080224200845.png
このように全てを過信せず、色んな角度から再度検証しながら自己スタイルの確立ができてくると思います。
最上記の文章のなかで、プチ様が書いている『他の手法と併用する方がいいと思われる』は、既に記事を書いた時点でプチ様は分析完了で、閲覧者はここから何を学ぶのかに焦点が絞られます。古くからあるものを新しく改良する、インジケーターならパラメーターなどを変更してバックテストなどする、誰がどのように使うかは本人次第だが人のふんどしで相撲をとる事は決してしないように思っています。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月24日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

2月1日 初日のピボット・・・

おはようございます

今月最初のピボットです。 
私のトレードで最近忘れられているように思われがちですが、ピボット数値は毎日チェックしています。その上での朝の指し値ですので、宗教的な依存傾向にある方は見直す必要があります。

本日でいいますとピボット数値を加味し、純粋に朝の指し値を遂行すると迷わずオープンショートで一端の利食いは前日のピボットで、朝の指し値はまた別、B1の指し値を置くのか迷うが、当日ピボットのショートにトライしながら、リミットは平均線・・・・などなど・・・

早朝にトレードを済ませるには6時オープンで既に10p下落超なので3枚で4通貨12000円既にリミットしています。 カスタマイズ自由と言うのは自身の自己啓発なくしては常勝はあり得ないということなんです。

ひとりごとのように思えますが、最近質問の多い朝の指し値依存症メールの方に対しての、危険回避トレードサポート記事とさせて頂きます。
20080201070756.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月01日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

頑張ってはいるが・・・

おはようございます

堅調堅調いつまで堅調・・・年明けは・・・?久々にピボット表~~~
朝の指し値と分トレで5万を10万に! も絶好調~~。
20071225070950.png
1月始値が高値の時って多いような・・・
20071225071559.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2007年12月25日 ピボット トラックバック:0 コメント:2

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。