スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

デジャヴから目覚めた時はもう遅い・・・

1/2の動きは殆どあてにならないとはいえ、チャート的には綺麗になった。
時間足で見ると、サポートとレジスタンスが更に明確になっているので、
1/5からの日本時間からの動きが非常に注目されるところでしょう。
チャートパターン的には、ペナント上昇ブレイクで買いという定義。
つまり、121円に乗れば押し目買いからスタートする1月という事になる。
20150103083917.png

もう少し時間を延ばしてみると、レジスタンス突破ができない場合で、
サポートを割れてしまった場合は、121.84-115.55=6.29という数字。
つまり、サポート割れから6円超の下押しが値幅測定上の数値で
例えば、もみ合いが継続すると上昇トレンドラインが迫ってくるので、
120円を割れた場合、113.70円までの押しも決して不思議ではない。
20150103084729.png

113.75? 馬鹿じゃないの!なんて考えもあるかもしれませんが、
サポート割れが120円の場合の113.75からのレジスタンスは115.55。
値幅は1.8円という事ですが、この値幅は高値121.84-1.8=120.04。
つまり、120円割れという数字は心理的節目となる可能性があるという事。

逆に、上昇トレンド中の現時点レジスタンスは121円乗せで、直近121.84。
121円に乗せてから1円程の間で再びレジスタンスがやってくる。
ここを突破できて再び上昇の道を歩むことになるのでしょうが、
上記値幅測定で考えると、121.84ブレイク後の6.29は128円。
その下は、121.84+1.8=123.64で、巷の124円という数字が出てくる。

年末年始と米指標結果良いものは無かったのに短期ドル売りで
値を戻す形がしっかりできているのが非常に危険と解釈しています。
明らかに円を売る行為が偏りすぎというパターンは、歴史を繰り返す。
円を捨て過ぎたときの買い戻しは尋常ではないでしょうね。
130円という予想が蔓延している中、素直に到達する前の押しを
ゲットしなければFXの醍醐味を味わえることはできないでしょう。
株とは違うので、押し目ばかり狙うトレードでは生きてはいけないでしょう。
何処で円売り人種が投げてくるのか日々見ていく2015年が始まります。

スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月03日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

2015年スタート・・・

本格的には1/5でしょうが、本日1/2から2015年はスタートです。

119.65付近で終値を迎えたドル円は、12:00現在120.30まで上昇
しています。自身はFinalCashBack経由で口座開設しているXM
ですので、本日オープンは現地時間8:00=日本時間15:00迄
何もすることができません。

参照しているチャートはサクソバンクFXですが、XMでの年末クローズが
縦ライン付近で、サクソバンクFXでは下押し119.60付近でクローズです。
通常日でもオープン時間がAM3:00ですから、必要かもしれません。
20150102123050.png

こちらは、15:00迄使えないので、クローズ値は119.85のままです。
サクソバンクFXを参考にすると、赤のラインのような動きで推移し、
120.30付近で12:00を迎えているようですが、年末クローズ前に
119.60付近までの押しがあってサポートされたようです。
この119.60付近でのサポートは、FXバックドラフトPROで、
年末最後の買いシグナルが点灯した場所でした。
下記画像内でエントリーラインがひかれているのがその場所です。
スケベ心で持ち越したシグナル通りの買いが約定されている状態です。
20150102123731.png

年初めの口座は下記で、XMではドル円ロングはマイナススワップです。
マイクロ口座ですから、100買いは10万ドルで、100万ドルではないです。
このまま15:00スタートで120.30付近でスタートした場合、多分含み益が
45P程加算されて120.30×45P=64962円となり、トータル87000円程の
含み益という計算になります。
20150102124500.png

とりあえず、
120.20を割れない限り120.80付近迄の上昇は見込めると解釈
その後はどうなるかわかりませんが、120.70で売り予約中です。
こちらを、利益確定にするかドテンにするかはまだ検討中です。

15:00に120.20以上であれば120.80まで見込める。
上記がクリアできなければ利益確定して119.60で再び予約。
2015年スタートはこんなかんじでしょうか。
20150102130415.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月02日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

2014年高値更新はないと仮定して・・・

2014年は殆ど終わりですね。
今年半分からは、ドル円とユーロドルばかりトレードしていたので、
経済指標の時間程度は把握していますが、基本的にチャートトレードなので、
他のペアは全く見ていない状態ですが、別に気にしていません。

ドル円ですが、もう今年の安値の更新は100%ないですね、
高値の更新はどうでしょうか?
今から現在の119円ミドルからで年末買いを保有する程チャレンジャーな
大口投資家など殆どいないでしょう。
逆に、今年の利益を年始に決済して、2016年の税金に持ち越す
事を考えている方々の方が多いはず。

という事は、年末上に行くようだと年始には利益確定がずらりといる。
逆に、だらだら落ちていくようだと年始に利益確定をする。
個人的には、122円以上の円安になるには季節がら絶対に押し目が必要。

下記ドル円日足チャート
黒=2014年フィボナッチ(121.84高値とした場合)
青=最初の押し目105.19から121.84
赤=121.84から115.55
上記は確定しているもので、クリアできていないものは
2015年も引き続き有効とみている毎年年末に考えるチャートです。
20141221165729.png

巷では大体同じ事を考えているのでしょうが、121.84高値からの61.8%戻しの
119.44でひとまず戻りは達成しているという解釈でしょう。
明日からの一週間で上に飛んだら120円台では利食いが出るか、
118.70付近を割れてしまうと、年始を待たずにじりじり落ちていく。
年始早々1/5の本格スタート時には大きな動きが交錯するでしょう。
買い戻されたとしても、一度は利食いという円高が必ず待っているでしょう。
円が買われているという感覚ではなく、ドル買いの利益確定という考えで、
2015年も構えているのが無難な感じ。

明らかなトレンドラインは105と115で結んだ上昇トレンドライン。
実は、このラインと平行に走っているのは11月窓開け上昇と同じ。
最後に、レジスタンス突破ラインは青の破線である。
20141221172120.png

上記チャートの綺麗にはまっている上昇ラインは、
実はフィボナッチチャンネルと綺麗に合致している。
20141221172438.png

つまりこうだ!
上昇トレンド中であることは間違いないので、121.84は上に抜けると考え、
目先のフィボナッチターゲットは124円、その後121.84がサポートとなり、
次なりターゲットは105円からの1.5倍、2014年の1.382倍の、
ラインが重なる130.10がターゲットであり強いレジスタンスとも考える。

逆に、下部サポートラインを割れると一旦押し目が強くなり115.48付近で
サポートされてダブルボトムとなるか、111.55の105円からの61.8%戻しが
フィボナッチ的数値となる。

2015年は上記チャートのチャンネルと105円と121.84のフィボナッチを
ベースに見ていくことで、大きな流れを見ていくことができるのではないでしょうか。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年12月21日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

2015年ドル円は何処へ・・・

今年もあと少しとなりましたねぇ~

年が明ければ確定申告が待ち受けているわけで・・・
今年の決済は来年申告、来年の決済は再来年に申告。
つぅ~考えの方は沢山いるのではないでしょうか?

・・・という事は、大口投資家たちも同じことを考えているかもしれません。
① 
2014年度円売りのまま年末を終えた場合、利食いはせず持ち越して
年始早々利食いすれば税金は2016年となる。
アノマリーでの1月天井説という根拠の一つ


押し目は2回あったことは事実で、10月相場の105円台と今週の115円台で
買いを仕込んでいる方は沢山いるのは間違いないでしょうから、初回は115円割れ、
次は105円までの押し目のきっかけ110円付近がサポートとなるでしょう。

========================

目先は、119円付近を超えることができなければヘッド&ショルダーに向かう可能性もあります。
完成となれば、11月頭のギャップが埋まるという円高が待ち受けています。
そうなると、121.84付近から10円円高になるので、凄い押し! なんていう話?
いえいえ、初期の押し目105円からの上昇61.8%は111.55なので、変な話でもない。
20141218212009.png


もうひとつ、週足で見ると少し違う。
今週上昇途中での押し目PINバーで終わるのであれば、年末の円安も年始の円高も
無意味なトレードをする必要もなく、簡単な押し目買い戦略一本で他に考える必要もない。
300P超えの下髭がある時点で、円高になる要素は年始決済以外何もないでしょうね。
20141218212504.png

クリスマスを楽しみ、年末年始はゆっくりするのが良いのでは~

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年12月18日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

ター気とは124.12からの・・・

何処かで落ちるというシナリヲは当分先になりそうです・・・

直近124円後は、2002年のダブルトップ135円がターゲットです。

トレードは押し目を拾うスタイルオンリーで当分大丈夫でしょう。

前日の安値を割れて来たら考えましょう
20141207173733.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年12月07日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

七日平均値観測・・・

今月の高値安値の更新はもうないでしょうね。
したがって、11月のフィボナッチも9割型確定でしょう。

やることがないので、大好きなフィボナッチとNR7、そしてNR4、
最後にパラメーター7日のnobitaPivot_nD_HL_MTF。

何度も言っていますが、価格は中心値に戻る性質がある。

したがって、117.40という数値は7日平均中心値で居心地が良い。
更に、月足フィボナッチ23.6%と合致している。
ちなみに、ピンクの囲いはNR7の日で黄色の丸はNR4です。

どこの誰の意見を聞いても押し目買いで120円は通過点。
今週ポジション解消後、来週来月初週からのイベントから再度上昇に転じる。

~~~~~~ ここからは自己中心的な意見・・・ ~~~~~~

10/21から7日平均価格(黄色)ラインを下にブレイクすることは無かった。
そこから高値まで13円の上昇となり、押し目30%でも4円程落ちる計算。
すると、119-4=115という単純な数値となるが、テクニカル的には115.44が
間となる50%/61.8%の間となる。
最大のサポートは赤いラインであると個人的に思っている感じ・・・
12/6は満月となり、雇用統計後の週は年末に向けて面白くなりそうです。
20141127222054.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年11月27日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

今月は高値更新しないパターン・・・

118.96が今のところ今月の高値ですが、あと一週間で更新しない場合・・・
231.52という数値に今月最終日の終値を足して3で割れば12月のピボットが算出できる。
つまり、今週戻りがあって117円で終われば12月は116.17という数値が出てくる。

118.96高値が、フィボナッチチャンネル1.618倍のレジスタンスと合致しているので、
117円前半という戻りは絶好の押し目となる可能性が高いというシナリヲがたつ。

20141124165539.png

もうひとつは、2012年の安値77.11から2013年高値103.72まで26円の上昇の
押し目は、翌月2013年6月の93.77の38.2%戻し9.9円だった。
過去のチャートを振り返っても、チャートには必ず押し目や戻りがある。
フィボナッチ大好きな人なら知っていると思いますが、【61.8戻しは前戻し】や、
【38.2エントリー61.8ストップ】、レンジなら【38.2エントリーの61.8リミット】などがある。

今回、上昇に対する戻しが38.2以下のものを排除すると、下記のようになる。
2011年の安値からの上昇には2012年3月から半年間の80%戻しで対象外としている。
それを踏まえてフィボナッチをアプライすると、ターゲットは120.16という数値になる。
同時に、押し目買い戦略ならば117.03という数値も自然に出てきた。

ただし、ドル円にはいまだに埋まっていない窓があり、その場所は今月の下ヒゲ105.19からの
50%戻しにあり、ここまで戻っても何ら不思議は無く、現時点から5円円高でも問題ない。
年末商戦の12月には円安が加速していくというのが一般的だが、その前に120円タッチなら
来年1月が天井になる可能性が大きくなるというのがシナリヲである。
元気よく円安街道を行くのであれば、そろそろ戻りが来ないといけないのではなかろうか?
20141124172231.png

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年11月24日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

怒涛の円安街道まっしぐらに危険信号?・・・

常にチャートを見ていると、その時その時の話を振り返ることがあります。

2005年頃から始めたFXですが、当時のドル円がこんな感じでスタートしました。
月足チャートで、「大きなペナント状態、上下放れについていこう」と、
月が変わると殆どのアナリスト達は上記のようにトレンドラインが引いていました。
しかし、月足チャートで説明されてもたった一本で一カ月なので、
このチャートでトレードしていくにはどうしたらよいかわかりませんでした。
ただ、長い目で見るという考えは必要であり、トレンド追従するには確実。
でも・・・・
20141101161746.png

月日が経過して・・・
当時の事を振り返ると、2006年12月にしっかりペナント上方ブレイククローズした時点で、
「ドル円は、年末商戦に向けて円安でクローズするきっかけを作ったチャートである」と、
書かれているものや、「レジスタンスライン突破によるドルブルの可能性が高まった 」など・・・
しかし実際は、1月は上昇したが、2月は上昇分取り返して円高、その後3・4・5月
円安相場となったが、6月以降から半年以上円高が進行して、今度は初期の
ペナントを下方向に放れていっている。
この時、初期のペナントの話を振り返る記事は一切出てこなく、話はサブプライム一本だった。
つまり、チャート分析を主として配信しているスペシャリストとはいえ、結局ニュースに左右される
意見で幕を閉じるような記事を書いて、前回のチャート分析は棚に上げているというのが事実だった。
20141101162820.png

更に時が経過してきたとき・・・
初回のトレンドラインから引きなおしたチャートをアップして、
もっと長期的な話をし始めたことに個人的にがっかりした・・・

今現在は下記のようになっているが、大半の方々が、長期上昇レジスタンスラインを
しっかり突破したことによる円安街道への道が開けたと言っている方々が多いと思う。

ちなみに、レジスタンスライン以外のフィボナッチラインは自身が引いているものです。
20141101163831.png


そんなチャート話だったら自身でも簡単に分析できるんですけど・・・
上記それぞれ始点終点のフィボナッチを引いてあるものに、
更にフィボナッチファンをアプライしているのものが下記です。
そうしたことにより、②~⑦の13年分に対する2011年10月以降の
相場を占う事が出来るという事です。
ファン38.2%をブレイクする時の価格が③⑤のレジスタンスと合致しています。
その後ブレイクした後のペナントは、シュワッガーのチャート理論では、

【レジスタンス・サポート付近に発生したペナント及びフラッグは今後、
同じ方向に動くと予測され、反対に動いた場合は即時に損切するべきだ。】
と書かれています。

つまり、それが9月・10月相場であるという形となっています。

さて、ここからですが、1998年から下落に対する75%戻しは達成していません。
②~⑦に対する50%戻しが112.07付近にあるのと、ファン61.8%が一旦の
レジスタンスになる可能性が十分にあります。
ブレイクされれば、ファン75%とフィボナッチ61.8%の120円がレジスタンス。

2011年からの上昇角度は、1995年から1998年の上昇角度と同じです。
これだけの急上昇をしている角度は過去ありませんから、その後急落が
来た場合は相当な円買いが起こってもおかしくないという事です。
20141101171159.png

さて、どうでしょうか?
円安円安と皆が円を売っている時に円を買う準備をするという考え・・・
人の考えは多種多様で、実際は円安トレンドなので円安ブログを見て
自分の意見が間違っていないだろうという賛同主義者が多い中、
自身はブーメラン効果っていう感じですから^^;

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年11月01日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

何処で引けてもドル円は・・・

劇的な金融緩和で、ドル円の月足レジスタンスラインが突破されました。

下記は月足ドル円ですが、この状態で終わると完全なる上げ相場確定の、
大きな下髭で終了すると思われるので、売る行為は殆ど無意味でしょうね。
20141031194729.png

ここから色んな考えが多々あるでしょうが、自身は毎度同じ方法で考えます。
どの時間軸でも同じなんですけど、トレンドラインブレイクに対するフィボナッチは、
頂点からブレイクポイントでアプライするという形で珍しいかもしれません。
第一ターゲットは115.67という数値で順番に価格が見えます。
戦略なんかとても簡単で、押したら買うというスタンスで日々回転させる感じ。
買って放置するサブプライム以前の時のようなトレードはしないというのがルールです。
20141031195408.png

そう考えると、ユーロドルの出遅れ感がすごく楽しみで、やはりオージードルドルも楽しみ。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年10月31日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

何処まで円高なのか2・・・

有料記事でも配信しまして、前回の記事でも書いたように、
ドル円109.69売りが約定中となっています。

では週足チャートで・・・
フィボナッチは前月のラインです。
赤は前週に対する中心値109.04
上下ピンクは前週の高値安値

8/9:21:00時点で107.58付近は、前月の38.2%戻し
平均線は20MAで、BBバンド中心値と同じである。
日足チャートのトランポリンという事で50100も追加。
一目均衡表の詳細は素人ですが、雲のみ表示してみた。
20141009210539.png

利食いをしなければ利益にならないので、何処で利食うか考えると・・・
フィボナッチ50%の106.96で半分、残りは106.28として、ストップは106.96。
現時点で損失はもうないので、あとは相場の行く末を見守るだけ。

大乗だと思っていますけど・・・ 【私失敗しないので^^】←ドクターX風

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年10月09日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。