スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

本日のデイトレ・・・

先日のオセアニアドルロング
ストップは前日の安値

0.8659/0.8624  ストップ0.8575 マイナス133p
1.0760 ストップ1.0678 マイナス82p

トータルマイナス215p

先日のポンドスイス利益552p-本日215p=+337p

自分の注文方向と反対に行けばストップになるだけの事で
本日の介入やらなんやら騒ぐ事も無く、次回のトレードも
同じスタイルで望むだけである

では本日は・・・
ペナントブレイクに、ボックスブレイク等倍となっている
反発の余地には十分すぎるドル単独独歩
手始めに19時ロングで攻めて見る 
ストップは安値更新の為目新しいのが無いので30pとした
20110804191232.png


スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2011年08月04日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

定時で終了~~

今はなるべくNY時間までにはトレードを終了しようとデイトレをしています

いくぞ====!
ドルスイス!
ユーロドル!
利食い!

だ===っ!
 
 

20080926172245.png
はい! 本日終了~~

続きを読む

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年09月26日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

ユーロドル注意報・・・

BBの値幅収縮とは正にこの事で、上下タッチでのトレード不可の代名詞
本日の波乱相場の中で唯一値幅収縮している通貨はユーロドルです
ユーロ売りかドル売りか?
ユーロ買いかドル買いか?
解釈によって大分違いますが、BBMTF2つとも平行ラインの傾きに注意!
20080916111121.png

続きを読む

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年09月16日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

見事なフィボナッチ上昇・・・

おはようございます

適当に予測のような勝手なフィボナッチアプライから数日たちましたが、詳細な価格明記を記したいのではなく、最寄付近の重要であろう価格の場所を知りたいだけにしては、前回の記事から本日まで上出来ではないでしょうか?アプライ方法は今週の過去記事参照と言うことで、本日は今週のウィークリーレンジ最高値(赤のライン)でひとまず休憩?ストップ?それは分かりませんが、初期のアプライ100%のターゲット手前誤差8pに存在しています。

したがって、個人的にこの方法での利食いは100%達成で終了なんですが、手前に立ちはだかる今週のウィークリーレンジ最高値(赤のライン)でリミット、残りはたった1枚となりました^^; まだまだ伸びるかも知れないのにもったいない?白の親指を見ればコンスタントに1段階づつ上昇しているのは視覚的に見れますので沿うかもしれません・・・偉そうなこと言いながらけっこう小心者なのでスケベ1枚残しで1.0456までストップをずらしてこのまま上昇するのであれば、最寄のポイントで1枚・1枚買い増しでも遅くないと思います。
20080530071358.png
何処の場所で買い増しするのか?
なぁんて言うのは個人の自由で断言できるものでもありませんが、自身の戦略としては1.0528のサポートを見てから1.0645目標で120pもありますから慌てないでしばし観戦です。
20080530071727.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年05月30日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

前日の戻しはやってきた・・・

こんばんは

やはり急激に上下すると翌日調整に入る確率は高いようです。前日の何パーセント戻しを狙うか?それとも何パーセント戻しを取りに行くか?どちらにしても深追いは禁物という言葉は相場には存在するようです。参考程度にオージードル・キウイドルで見てみましょう。価格は詳細提示というよりなんとなく数値でフィボナッチをアプライしてみると、キウイドルは38.2まで戻し21MAも上抜いています。オージードルは61.8まで戻していますし両通貨とも短期の上昇トレンドラインは確定していますので、ショート戦略はこのラインを下に抜けることが最低条件ですね。イベントも控えているようですので、ポジは小さいか無いほうが次のエントリーを探しやすいかも知れませんね^^
20080430201401.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月30日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

昨日の結果・・・

おはようございます

なんだかんだ言っても、チャートの長期トレンドに逆らうトレードはデイトレでも昨日は通用しなかったようですネ。ユーロドルが1.600をタッチと同時にストップ・ドルスイスは月足50%ストップ。それと同時に今度はユーロドルウィークリーR1順張り・ドルスイス月足50%順張り指値も執行され、またしてもドル売りポジションに変化してしまいました・・・ユーロドル月足フィボナッチの高値を100%クリアして実線を迎えることができたと同時に、ドルスイスの同じ平均線がデッドクロスをしています・・・不思議な関係ですネ・・・結果的に昨日デイトレをしようと試みて前週金曜日のドルショートをクローズしたのは失敗で、依然トレンドは変化していないことが鮮明になりあまり余計にポジションを触ると自身のようなもったいないトレードとなってしまうことの勉強になったと思います。昨日クローズした2通貨の利益が昨晩で半分に減ってしまいましたので、駄目駄目トレードを払拭しないことにはスィングトレードも板につきませんネ^^;予断なんですがユーロドル100に対してドルスイスが50でこのままトレンドが持続するのならば、ドルスイス前回の安値100に対してユーロドル150または1・618となりますと、ユーロドルは1.6400~1.6600付近までの上昇ターゲット数値が存在しますが・・・本日のユーロドルは新たに上昇日足カウント1となっています・・・前日の1.618以下に実線がいかなければ明日はカウント2となります。これはドルスイスにも当てはまるのですが、果たしてユーロドル1.65以上、これはまだまだにしても、ドルスイスのもう一度1.00割れとなるのかが、ポイントとなりそうです。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月23日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

予想の反対は嘘よ・・・でも本当?

こんばんは

ハラハラした1週間が終わりましたが、結局ドルが復活する事はできなかった・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
==相関==
2つのデータが、相当程度の規則性をもって、同時に変化していく性質。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

早速ですが、この4時間チャートのOverLayを見てください!MT4はなんでもできるんですね
これだけ似ている通貨でリスクをとりながらトレードしない方がおかしいくらい強い相関関係です
果たして何の通貨かお分かりでしょうか???
?????????????正解はドルスイス・はユーロドルです!
価格が同一方向に動いているけどおかしくないですか? そうです! お答えします
実はOverLayインジケーターは、価格を反対にもできますので、
今回は自身がドルスイスのスィングトレード中ですので、ユーロドルを反対にしてみました。
したがって正しい言い方は、ドルスイスとユーロドルは強い逆相関であると言うのが正解です。どうですか? 依然として、ドルが弱いことには変わりは無いですが、ドルを売りなさいと言っているのでは無く、このように強い相関関係がある通貨を見つけることで自身のポジに対するリスク管理が全てにおいて損切りだけではないことが伺えます。鏡で見ているような綺麗なチャートだとは思いませんか? では前週の復習です
ドルスイス:前週の上昇に対する半戻し ユーロドル:前週の下落に対する90%戻し
20080329203307.png
ここでこの反対に表示したOverLayを元に4時間チャートで2通貨の価格がどのような動きで推移しているのか見ていくと、ドルスイスベースでユーロドルを見るとチャートを見てわかるようにドルスイスの方がユーロドルを追いかけています。今回の終値は同調している割には随分離れていますのでドルスイスの方が追いかけてくれるのが綺麗なチャートの完成です。では反対に右のユーロドルベースでドルスイスを見るとどうでしょうか?ドルスイスの方は自分から離れていっているくせに慌ててユーロドルを追いかけていこうと必至についていっているまるで子供のように価格が推移しているのがわかります。反対に表示したOverLayでの個人的な主観ですがトレンドは依然として変わらず転換するどころかますますチャートの状態はは悪化していくのでは無いか?前週の終値を見る限りでは来週の注目はクロス円がこのまま下落していくのか?に焦点がいくと思いますが、円がまだまだ買われていくのであれば必然的にストレート通貨もゆっくりながら引きづられるものと見ています。ただし、高金利なストレート通貨は対象外としています。何故なら、既に高金利国の通貨を買い続ける現状ではない事は最高日足レベルでのチャートを見れば明確で、逆に高金利通貨のクロス円をショートする戦略を練る事に専念する方が賢明だと個人的には思っています。
20080329212307.png20080329212310.png
まったく個人的ですから気にしないで閲覧してください 戻れば売るだけです 

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月29日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

クロス円とストレート通貨・・・

大半の方はトレード通貨はクロス円なのではないでしょうか?
では、クロス円の動きそのものを理解できている方はどの位いるのでしょうか?
では何故皆さん好んでクロス円を取引されているのでしょうか?
サイト情報が常に容易に手に入りやすい通貨がクロス円だからでしょうか?
とは言うものの、自身も詳細なクロス円の価格計算など知りません^^;
しかし、fx初心者にとって色んな情報がクロス円ならば最初はドル円などからスタートするのでしょうが、実はドル円ほど難しい通貨は無いと思っているんですがどうでしょう・・・自身ドル円分析記事が殆んど無いのは正直価格動向などが読みにくいということで、長期目線であればトレンドは把握できても短期レベルでは上下に振られやすくポイントがわからないということです。それはユーロ円・ポン円も同様で、それぞれ3通貨トレードしようと思うのであればチャートの動向分析が比較的簡単なストレート通貨をトレードします。今回先ほどの記事ではクロス円のリアルトレードを添付いたしましたが、ドル売りに加えてこれから円買いも盛んに行われるのではないか?と言う理由でクロス円ショートしているだけです。下記にドル円・ドルスイス ユーロ円・ユーロドル ポン円・ポンドル全てOverLay Chartで添付していますが、のチャートがストレート通貨です。どう見てもクロス円特有の上下のブレが少なくストレート通貨の方が容易に自分の決めた方向に順張りすることができますネ。ですから私は好んでストレート通貨をトレードしています。決してクロス円トレードを批判しているのでは無く、クロス円そのものでは取引されていないので、自身がいろんな事を考えるのが単に嫌いなだけです^^;
20080326211134.png20080326211137.png
どうでしょうか? ただ、今回はドルスイスに夢中になっていますのでポンドルはトレードしていませんが、ポン円なんかは天国と地獄が両極端の魅力は十分わかりますが、私なら素直にポンドルをトレードする方が好ましいと感じます。上記もユーロ円よりユーロドル、ドル円よりドルスイス、円と言うものを理解できなくても、相関関係が強いストレート通貨をトレードする事でクロス円と言う難しい通貨も同時に同じ方向にポジションが持てると私は思っています。したがって、先ほどの記事に戻るとドルスイスが反転しない限りドル円の上昇は無い!と言い切れるわけで比重をストレート通貨に置いてクロス円を見るとボラに惑わされる事なくポジションが持てるのではないでしょうか?
20080326211146.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月26日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

ユーロドルとドルスイス・・・

ドルスイスとユーロドルをいつものように同時に見てみるとどうでしょうか?
時間軸によって考え方はまちまちなんでしょうが^^;
チャートは15分~月足まで表示していますが、自身のトレード時間で見るのが好ましいです
20080325204140.png20080325203758.png20080325203821.png20080325203855.png20080325203903.png20080325203914.png
現在この2通貨で見ると、一番面白いチャートは30分チャートではないでしょうか?
時は確実に近づいてきていますので、クロスか反発か?
ドルが復活する日はいつになるのでしょうか?
そんな簡単に長期トレンドは転換できないとは思いますが・・・
20080325204537.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月25日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:2

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。