スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

M15butterfry 検証中・・・

M15butterfry とかいいながら、butterfryと言う言葉自体は存在していますので、ネーム的にはオリジナリティーは特にありませんし一般的にはフィボナッチなどのパターン的な用語にbutterfryなどを用いているようですが、私の解釈は少し違うように思っています。こちらは一番愛称の良いドルスイスとユーロドルですが、単純に個人的に規則を決めているbutterfryをアプライしてみると綺麗にはまっているのがわかりますが、解釈としてはお互いに青の囲いに価格が到達して突入した瞬間にお互い反発しながら離れていき、このまま磁石のようにひきつけられるようであるならばクロスするまで価格はトレンドに逆らい続けるものと想定できるのではないか?という解釈です。現在は順当にトレンドライン上での推移で価格が動いていますので、中期トレンドに逆らう戻しの最中である事がうかがえますのでこの時点でトレンド方向に仕掛けるより、クロスポイントまで価格が近づくまで動向を見ているのがベストなのではないか?と言うのが個人的な解釈である。クロスポイントまで到達したら必ずどちらかに大きく動きますので、その時にどちらに仕掛けるかは単品チャートで判断するのが今のところ最適ではないだろうか?と言う持論です^^; まったくもって自己中心的な考えですので聞き流して結構ですが、こんなの見るとどう感じるでしょうか・・・・?
20080318220135.png

スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月18日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:1

M15 butterfly 逆相関・・・

連続アップですが、先ほどM15 butterfly的に考えると青の三角の中での価格の推移は可能性が低い事が伺えます。したがって、クロスポイントに価格が近づいた時には急反発か急落が待っていると書いたんですが、やはりM15 butterflyはなかなか有効な説を唱えているような気がしますがいかがなものでしょうか?クロスポイントはどうしても価格は避けて通りたいと思っているようです。クロスポイント付近でのドル円ショート・ユーロドルロングが刺さっていますので、本日はこのままで週末を迎えようと思います^^ 週末にはM15 butterfly手法を構築していきたいと思います
20080314230416.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月14日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:2

相関・逆相関 MT4 in ドル

こんばんは

すっかり金曜日に帰宅が遅くなってしまいました^^;
今年に入り相関・逆相関を少しづつ学び始めていますが、とても面白いです。
ドル円・ドルスイス・ユーロドル この3通貨でトレードしても今年は十分利益は出るようです
M15 butterfly と、相関・逆相関をミックスできないであろうか?
なんて考えて、いろいろ試行錯誤中ですが、MT4の便利さにも気づきましたし^^
相関・逆相関を視覚的に見るのに短期の時間ではトレーードできないなんてことは無い!
これは声を大にしていえると思います。とりあえず昨日の記事の続気ですが、M15 butterflyとミックスしてチャートを見ると、ユーロドルの方がドル円より頑張ってドルを買っているのが良くわかります。これは何を意味するのか?M15 butterfly的に考えると青の三角の中での価格の推移は可能性が低い事が伺えます。したがって、クロスポイントに価格が近づいた時には急反発か急落が待っていることになりますがドル円が底を打ったのかはっきりわからない以上ドルを買う=撤退となるような気がします。
20080314202002.png
しかし、リスク回避にドルを買ったとしても、このチャートでわかるように、ドルスイスを売っていれば資金は減らないが・・・2通貨上昇トレンドラインが割れた時は更なる下落が待っていることは確かです。
20080314202022.png
ただし!! これは15分チャートのお話ですから、もう少し長い時間で見ると内容は少し変わると思います。個人的にはどの時間軸でも今は答えは変わらないとは思いますが^^; 持論です

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月14日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:0

様子見のオセアニア・・・

ショートサインが出ていますが、M15 butterfly はまだ様子見を示唆しています
20080313205333.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月13日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:0

M15 butterfly in 13日

おはようございます

深夜にまたまた大きく動いたようで、朝起きてビックリです
勝手に命名したM15 butterfly は極めて好調なんですが、唯一の失敗は、キウイドルでM15 butterfly を描く事無く簡単にショート~なんて攻めたのが間違いで、あらためてM15 butterfly を描いてみると、既に昨日の午前中にはM15 butterfly 的下落終了で、レンジ内上昇モード突入に入っていたようです・・・これは反省点ですネ
20080313071128.png

一番最後の記事ドルスイスが特にびっくりのpips獲得です。
既に新しくM15 butterfly ができましたので、こんな感じです・・・
20080313065700.png
ドル円も同様に大きなpips獲得で新しくM15 butterfly を追加できます
20080313070311.png
参考になるかは分かりませんが・・・^^;
ちなみに、個人的にはユーロ円はまだ触れません・・・
20080313070550.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月13日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:2

M15 butterfly in ドルスイス・・・

大分調子にのって記事を書いていますが、最後はドルスイスです
M15 butterfly 的には、ウィークリーピボットの下抜け、50%・61.8%と、
綺麗なカウント数と、ウィークリーピボットを割ったbutterflyが、
戻りが厳しい事を示唆しています
したがって、butterfly自体本日19時時点で完成していますので、
必然的に1.0277ショートと言うことになります。
最近はこればっかりですが、かなりいけていると思いますので、
NR7インジケーターに続き作成依頼中です・・・
20080312225759.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月12日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:1

M15 butterfly in ドル円・・・

ついでにドル円も・・・こちらも話半分で・・・^^;
20080312214243.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月12日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:0

M15 butterfly in キウイ円

先ほどの続きでキウイ円ですが、一応半分はリミットしましたが、
M15 butterfly(勝手に命名)に従うと、
最終ターゲットはも少し下のようなのでホールドしてみました・・・話半分で・・・^^
20080312213714843.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月12日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:0

最近の攻略法・・・M15 butterfly

昨日仄めかしたのですが、最近すっかり夢中になっている手法の紹介です

使用:
15分チャート・vertical line・cycle lines 48(0:00基準)・CCI 20
20080312202801.png20080312201804.png20080312201839.png
20080312201928.png20080312202531.png20080312202552.png
左上から順番に見ていくとわかりますが、詳細は今はお話できません^^;
ベクトル表示は既に売買シグナルとして機能していますが、
もう一つ付け加えたいものがありますし、
全て自動プロットできるようにするつもりです
全て完成しましたら詳細公開したいと思います。
サンプルチャートはキウイドルですが、先ほどの記事でのS1(B1)ショートの根拠となるシグナルです。ちなみに、キウイ円・ドル円も同じシグナルが発生していますので、
計算上は、20:38分時点でほぼ3通貨とも後、28p~36p下落示唆となっています
しかし、絶対ではありませんので外れても攻めないでネ^^;
この手法の命名をM15 butterflyとしてみました^^。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年03月12日 M15butterfry トラックバック:0 コメント:0

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。