スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ポンドルの正念場・・・

とても綺麗な教科書ダブルボトムチャートのポンドルです
現在価格はとても大事なポイントで、ロングには早急なトレンドライン復活が最低条件です
このまま復活しないようですと、今度はダブルトップの可能性が出てきます
このチャートでトレードするならポンドの絡んだチャートも同時に見ていくとエントリーポイントが見えるかも知れませんね。
20080301213633.png

スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月29日 ポンドドル トラックバック:0 コメント:0

売りそこないは買い損ない?

こんばんは

金曜日なので無理はしない~~・・・って、帰宅してビックリ!!!
どうした事か寝かしておいたドルスイスが何処まで行くんでしょう=====
昨日の記事の通り1.0860ショートが1.0454付近までまっしぐらではないですかぁ^^
売り増しをしたいところですが、そこをぐっと我慢して、まだまだ様子見です^^;
20080229204510.png
ではでは本日と言うか来週に向けてと言うか、本日の指標と来週の後半に向けて戦略を練りたいところですが、現時点では本日の指標でどちらに行くかによって決めてみようかなぁ?と思っていますが、なんといっても注目は欧州です。
ここまで大きく下落していますので、トレンド転換か?なんて思いそうですが、帰宅した時は既に大きく下落していたので、下落開始を見ていません・・・したがっていつものように考えると、144線までの単なる戻しにしか見えないんですが・・・キウイドルは既に144線を割っての推移で、オージードルはもう少し下・・・視野を広げてみるとヒゲのようにも見えるんですよね~~
こういう時は似ている動きをする通貨をもう一つ追加してみますと~~ポンドルでしょうか?
ん~~ん・・・キウイドルが先頭なのか、それとも行き過ぎなのか?
今夜の欧州通貨が絶好の押し目買いなのか見極めるには夜更かしが必要な感じがします。
20080229205737.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月29日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ドルが・・・どうした!?

おはようございます

朝は不定期ですが、何日かおきに記事が書けそうです^^;
ドルのオンパレードでチャートは今週面白いように分析通りに動いています。
それだけドル弱が如実に出てしまっているのですネ・・・
この状態で本日ピボットを付けてくれるのかに注目していますが、最終金曜日なので無理はしない・・・

階段を一段抜かしで上がると、途中ですねをぶつけた事無いですか~~?
慌てずに一段ずつ歩くのが安全ですよね~  

さて、含み益が出てきたところで再度リスクを取りながらスワップにトライしていきたいと思いますが、
こちらはまだまだ新米なので、相関数値を勉強しながら少しづつやって行こうと思います。
今のところユーロドル1に対してドル円2・・・他に少々^^;
20080229070025.png
20080229070441.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月29日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:1

全て成り行きトレード

利益を追求したいが、含み損は怖いし何処が利食いのポイントかわからない・・・
私はミクロトレードに難しい分析はいらないと思っています。
何故なら相場のトレンドを考える事は5分以下のチャートなら必要ないからである。
最近は生活スタイルが変わりつつある中で短期・中期・長期トレンドに全く関係ないトレード
自分がチャートを見た時間にいつでもトレードできる手法の紹介~~
・・・とはいうものの、これは株のデイトレセミナーに日曜日参加したときのチャートの話です。
別に他言不可ではありませんのでブログで紹介してみたいと思います。
とてもシンプルでビックリすると思いますが、興味がある方はデモでトライしてみると面白いですョ
私は最近すっかりこの簡単な方法で、眠くなったら寝る~^^
使用チャートは5分オンリーで、使うものはトレンドラインだけです。
ラインの引き方に少しの法則があるようです。
① 上昇ラインは最初の赤と1回目の下落赤で確定
② 下降ラインは最初のヒゲと2番目に高いヒゲで確定
③ リミットは次の反対ラインが確定した時点で利食い
④ ストップはラインの交差でエントリーしているので、エントリーから一律20pとする

④のストップについては講演が株についてでしたので、基本はロングの話です。
追加でfxの話として、クロス売買なので一律20pほどでいいのではないか?と言う判断です。
そして対象通貨はボラの大きい通貨でないとスプレッドとストップの値幅が5:5になってしまう為、ポン円やキウイドルなど価格変動が大きい通貨が対象となります。

トレンドラインクロスブレイクでのエントリーが基本ですので、現在のポン円は210.95でのエントリーですが、三角の角に価格がまだ達していませんのでトレードはまだできない状態です。
基本はもみ合いが継続し、値幅が縮小してきたらエントリーチャンスですが、210.95を上下どちらに仕掛けるかがポイントとなります。

その話は後日・・・^^; 三角の中でも上下トレードもできるんですが、その話も後日・・・^^;
チャートを見て何か発見できたら凄く毎日が楽しくなります~~
20080228210358.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月28日 ポンド円 トラックバック:0 コメント:1

ドル・スイス・ポンド・・・

こんばんは

何とか朝早い分帰りはいつもの通りにならないか交渉の成果が実りました^^
やはり朝の記事はもう書けそうにありませんので、帰宅後の分トレと、ミニミニスィングトレードに少しずつ以降していこうと思います。

ここ最近ドルスイスで頑張っていますが、2008年02月26日 (21:29) の記事の通り、1.0860ショートは数枚決済しましたが、残りはいまだに保有中です。何処まで下がるのかははっきりわかりませんが、しばらく様子見といったところでしょうか?

さてドルスイスの利益が出てきたところで含み益を何処で決済するのか考える前にこのまま利用しながら放置できないものか?そこらへんを勉強しているわけですが、ダブルで利益が欲しければ当然ポンドルなんかをロングすれば利益は増えますが、反対に動けばダブルパンチです・・・
ならばドルスイスショートに対してリスク回避するならポンドルもショートなんですが、日がたつにつれてマイナススワップが増えていってしまいますので、これも困る・・・
頭がもう混乱してきました^^; 長期投資家の運用方針に非常に興味がありますので、もう少し勉強してみます。

これも何処かで手に入れたインジケーターですが、フィボナッチボリンジャーバンド!
使い方は通常と同じでしょうが、計算方式が多少違うようですので細かく見れそうです。
20080228194701.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月28日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ドルスイスは何処へ・・・

こんばんは

昨日からドルスイスに注目していますが、ローソクの本数とサイクルとの関係。
1時間チャート限定で見ていますが、チャートは昨日からの続きです。
サイクル感覚はローソク16本ですので、16時間の中で価格変動予測をするというものです。
そこに大好きなフィボナッチで検証しながら今後の先行きを占おうと言う話・・・
今朝のポイント1.0720はサッサとクリアして、19時半時点で1.0679付近です。
サイクル的にはあとローソク3本でひとまず終了となるんですが、
時間で言いますと後3時間後・・・
これは本日の22時半となるんですが、不思議ではないでしょうか?
つまり、本日の米国指標時間がサイクル的には最後の下落となるわけですが・・・
16本後は1時間チャートでは持ち合いが頻繁に発生しています、その後再度上昇下落を開始するのに早くて8本必要(8時間後)となっているのが多いようです。
これはどういうことかと考えますと、指標後1時間ほどで動きは止まり、
早くて8時間後に動き出す。
8時間後は日本時間朝6時半ですので、ほぼオープンに近い時間となります。
16本全ての時間持合が続いたら、明日の午後から動き出す計算となりますが、2つのバージョンで明日は何があるのでしょうか?
調べてみると明日も日本時間から随分指標が目白押しですネ。
これを踏まえた上での下はフィボナッチ2.618の1.0512、上は青の囲いの中での推移後どちらに行くか見極めてから相場に参入したいと思います。
20080227194255.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月27日 ドルスイス トラックバック:0 コメント:3

朝の最終記事・・・

おはようございます

朝の記事最終日となりました・・・何が楽しくて毎日5時に出社するのか・・・
とりあえず、一つ良い提案が自分の中で見つかりましたので、
トレードは時間は逆になりますが、支障はないようです。
昨日の分析ドルスイスですが、学んだ成果は直ぐに発揮され一晩で一気に昨日挙げたポイントまで急落いたしましたので、23pの許容簡易でリミットにかからないのも悲しいので、
手堅く1.0750でリミットできました。
サイクル的には最後の記事の1.0860はブレイクポイントですので、反転上昇サインさえでなければ絶好のショートエントリーとなっていたわけです。
唯一の誤算は199・133・199・133と仮定してしまった事でしょうか^^;
今回は本日戻しが無ければ199pを目指すのは過言ではないのではないか?
20080227071518.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月27日 ドルスイス トラックバック:0 コメント:0

ローソクでのカウント・・・

相場のサイクルとはなんぞや? 日々学びながら学習し、復習をする。
学んだ事は自分なりに予想してみる、間違いならば訂正後また復習する。

ドルスイスでのサイクルは何カウントか? 
16カウントだと丁度持ち合いの期間と下落の期間が相違する。
ならば現在8本はみ出ている・・・ピッタリ当てはまる事は無いのかもしれないが、
過去3回16本のカウントで大きく値動きがあるのはわかります・・・
多少の誤差を考慮しカウント通りだとすると、199・133・199となり、
次は133 つまり1.0860から133p下がターゲット1.0727なんですが、
そこにフィボナッチターゲットをプロットしてみると、2.618は1.0750
もしそこまで行くようならば誤差23pは許容範囲なんでしょう・・・か?
その時ドル円も同様に動くはずなんですが、こればかりは推測です。
20080226211715.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月26日 ドルスイス トラックバック:0 コメント:0

ユーロとドルのNR7・・・

こんばんは

とてもブルーです・・・非常にブルーです・・・朝の記事の辞令が出ました・・・
この時間に記事を書くのは本日最後かも知れません・・・3月からはもう少し遅い時間になると思います。
朝に関しては絶望的な時間での出社となりますのでやはり終了です・・・
事業拡大と人員不足が解消されない限り現存の人間は悲惨な目に合いそうです・・・

・・・と言う事は今までのトレードスタイルは継続できない事になるので、やはり週末に分析をして一週間でのトレードスタイルに移行しなければならないようです。

朝に限らずいつでもトレードできるようにならなくてはいけないかなぁ?なんて思ってはいましたが、いい機会ですのでミニミニスィングトレードに徐々に移行していこうかと思っています。

今週というか年初から先日の記事のような、
① 8MA typical price
② 20MA typical price
③ アラート付きインジケーター  
を試していますが、4時間チャートの方が向いているように感じます。
1時間チャートで頻繁にアラートがなっても騙しなのかシグナルなのか判断しにくいところがありますので、4時間チャートでのシグナルを重視してみるといいのかなぁ?なんて・・・

ところで本日はNR7が多通貨に出ていたようですが、自動更新前の出勤ですので見れませんでした。
どの通貨がNR7なのかちょっとみてみましたが、朝の時点でこのチャートを見たらどの通貨を狙ったのか考えてみたんですが、既にチャートの結果が出ていますので後だし記事になってしまいますので控えます。
しかし短期持合のNR7と中期持合NR7では使用用途が全然違うので、見るチャートによっては損益の差が出ますネ
20080226193133.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月26日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ドルをどう食うのか?

おはようございます 

以前お話をした本業の業務拡大に伴う人事異動報告日であり、執行は3月1日となります
配属によっては生活が大きく変化するのでドキドキしているんですが、間違いなく朝は今以上に早くなるか生活が逆転するかのどちらかですので、既に諦めモードでの出勤です。
どちらに配属になるか分かりませんが、当然更新の頻度は落ちる事になります。
生活スタイルが変化してしまうとデイトレではトレードスタイルも変化してしまうことになりますので、それを事前に察知した上での今週からのミニミニスィング挑戦となっています・・・

したがって朝の記事は本日が最後となるので、今後中途半端な中期分析となりますのでご了承ください。

ドルの絡む通貨に注目していますが、インジケーターはまだ更新されていませんので、無視してください
ドルスイス・ユーロドルの2通貨は持ち合っているのにドル円だけはアラートの矢印は買われすぎのサインが何度も出ているのに上昇を続けています。
これは何を意味するのかは時間の経過が答えを出すんですが注目です
20080226065039.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月26日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ドルの調子はドル?

日曜日の記事で・・・

ブラックホールが共に存在し、144線までの戻りは不思議ではない事がわかります。おそらく戻しが開始した時にはドル買い再開か?なんて意見が飛び交うくらいの値幅はドルスイスにはあるかと思われます。

結果的にドルスイスよりドル円のほうが良く動いていますネ。
しかし144線に引っ張られているのは事実ですので、遅れているドルスイスによってはドル円は勢い良く戻してしまう事も考えられます。
20080225203730.png
ユーロドルに関しては144線までの値幅が十分ありますので、注意が必要に見えますが・・・
どうしてもロングしてみたい私は見守るしかないようです^^;
20080225204514.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月25日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

インジケーター応用・・・

こんばんは

本日は特に何もしていませんので、現在プレゼントしている(製作は協力してくださいましたプログラマー様です)インジケーターの応用編をお伝えします。何かの役に立てたら幸いです。
例としてポンド円順番に画像でお伝えします。
こんな風にnobita.ex4が自分のお好きな時間にプロットできると思います。
20080225183157.png
プロパティー画面でチェックした場所を削除します。
20080225183743.png
すると、フィボナッチラインだけ表示されると思います。
20080225183853.png
わかりやすく分解してみますと、3分割での構成となっています。
20080225184018.png
全てのラインは何処でアプライしてもフィボナッチの数値は変わりませんので、一つの例を挙げますと、図のようにブレイクポイントと自分が思った場所にプロットして、目標値を定める事もできます。
20080225184145.png
他にも応用できますので、いろいろ試してみてくださいネ。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月25日 フィボナッチ トラックバック:0 コメント:2

ピボットとオープンピボット・・・

明日の朝の記事がありませんので本日書いています~~

かれこれ数年を費やしコツコツ勉強してきましたが、久々に私の原点であるピボットトレードプチ様が数年前の過去ログで詳しく到達確率まで分析されていたオープンピボットについて・・・

オープンピボット
ニューヨーククローズでの日本時間6時か7時頃の価格でのピボット計算に基づきピボットに向かうポジを成り行きで作る

2006年10月 8日 (日)のプチ様の記事からの抜粋ですが、
勝率にこだわるならば、openでエントリー、PIVOTで決済。ただし、big event時は避ける。
SやBでのエントリーは単独では用いず、他の手法と併用する方がいいと思われる。
 


既に2年前にはこの記事は存在しているので珍しい手法でもないですが、私も当時閲覧して、とても詳しく分析されていると感じこれを利用しながら、回避する日や対象通貨などをいろいろ勉強してきたわけですが、やはりどうしてもフィボナッチが欠かせなくなってきました。フィボナッチはどうしてもted様は欠かせませんネ

そして、確かにオープンピボット到達確率はとても高いですが、ストップの位置が一番の課題でした。
オープンピボット達成確率とpips、ストップの位置とのpipsがどうしても比例する事が無いのです。
つまり到達確率に魅力を感じ注文を出した場合ストップはB1・B2・S1・S2のどれかにするわけですが、どれを使っても殆んど利少損大となります。利少損大とならないケースは前日に大きく動き値幅が十分ある時に日本時間に大きく戻す時くらいです。これを毎日何も考えずに続けていくと、マイナスは到達確率が80%以上あってもストップ値は利益額の半分以上を上回ります。
これを打開する方法はないものか? そしてピボットは逆張り専門でしか通用しないのか?
フィボナッチは押し・戻し以外ターゲットとしても機能する。
毎日の値幅が大きい通貨ではピボットトレードでのB2・S2には殆んど達しない事などなど・・・
参考程度に一日の値幅が大きい通貨の一つユーロキウイを添付します。
こちらの通貨でランダムに10日間のピボット到達とB1・S1到達の一つの例です。
ピボット到達確率は80%ですが、何処までのストップが有効でしょうか?
B2・S2までストップを伸ばすと一回の損失は8回の利益額の半分を占めてしまいます。
では本来のピボットトレードはどうでしょうか? 10日間4回約定で約定されない日は6回です、勝率は100%と入れるでしょうが、40%しか執行されないともいえます。B2・S2に関しては逆に100%約定しません。
では、オープンピボットはどうでしょうか?チャートのロウソクから判断してみると、10日間全てポジを持ったとして、ストップを100%到達しないB2・S2に設定しトレードすると60%リミット決済できていますが2回マイナスの日があります。このマイナスの日のpipsは翌日決済したとしても今までの利益を上回るpipsとなっている為、積み上げてきた利益は一気に吹き飛びます。トレード通貨を選ぶ事、利益額と損失額、他の手法の取り入れなどなど対策を練らないと、目先の確率だけでは厳しいのが現状である。
20080224200845.png
このように全てを過信せず、色んな角度から再度検証しながら自己スタイルの確立ができてくると思います。
最上記の文章のなかで、プチ様が書いている『他の手法と併用する方がいいと思われる』は、既に記事を書いた時点でプチ様は分析完了で、閲覧者はここから何を学ぶのかに焦点が絞られます。古くからあるものを新しく改良する、インジケーターならパラメーターなどを変更してバックテストなどする、誰がどのように使うかは本人次第だが人のふんどしで相撲をとる事は決してしないように思っています。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月24日 ピボット トラックバック:0 コメント:0

ドルドルドルドル・・・

こんにちは

明日から2月末最終の一週間ですので、とても注目していますが月曜日からユーロドルにNR7が発生していますので、こちらの動向によっていろいろ左右される事があると思います。
ブラックホールに吸い込まれるようですと、144線ラインまでの下落はシナリオの通りですが、
戻らないでそのまま上昇トライになった場合は1時間チャートでは見えない1.4919付近のトライが妥当なのですが、そのポイントを抜けられないようですと、
ヘッド&ショルダー完成に向けて再度下落するのではないか?
20080224113332.png
ならば、ユーロドルの動向に左右されやすい2通貨と比べると、ブラックホールが共に存在し、
144線までの戻りは不思議ではない事がわかります。おそらく戻しが開始した時にはドル買い再開か?なんて意見が飛び交うくらいの値幅はドルスイスにはあるかと思われます。
それに伴いドル円も上昇し、目指すは108円ミドルまでは復活!と言う意見も出るのかと思われますが、日足では下降トレンド継続中ですので過信は禁物だと思います。 
今年から検証中のミニスィングのインジケーターはユーロドルはドル買い反転・ドル円・ドルスイスはドル売り継続となっていますが、ポイント付近まで行かないとアラートは鳴りませんので、先行して平均線がクロスするのを見極める必要があります。

どちらに転がっても週最初は動向を見て、月曜日以降の動きによっては毎日ピボット順張りが有効で、本来のピボットトレードは指し値が指さらない日が多いか、
マイナスの日が続くのではないか?
但し144線まで引き込まれるような動きとなれば、最高のピボット週となるはずである
なぁんて浅はかな考え・・・いつもの通り個人的な考えと言うことで・・・^^;
20080224113412.png20080224113448.png
ドル円=ロング ユーロドル=ショート ドルスイス=ショート ポンドドル=ロング
放置していても利益は出るはずですが・・・





にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月24日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ミニスィング手法の全容・・・

先ほどの記事での新しい? いや、既に他の方は使用しているのかも・・・
そこのところは定かではありませんが、朝の指し値からの進化版とでも言いましょうか?
1時間チャートでのトレード開発途中なんですが詳細はこんな感じ

① 8MA typical price
② 20MA typical price
③ アラート付きインジケーター

③に関しては商材の中身とは違いますし、全く別のものです。(検証中のため今は内緒です)
売買は簡単で、基本は①②のクロスでの売買ですが、エントリーはアラートでする。
チャート上では最初の8MAデッドクロスではエントリーせず、アラートが鳴った時点でのショートエントリーです。リミットも同じですが、ゴールデンクロスとアラートが同時ですので完璧なリミット決済となりました。(勿論検証中はデモトレードです)。中間地点でMAがもみ合っていますので、MAだけのトレードだと怖くて決済しているでしょうが、アラート矢印はまだ出ていませんので、売り圧力は健在と認識しているようです。たい焼きの尾ひれはくれてやるを遂行してくれていますので、最安値でのリミットは不可能ですが確実にリミットにはなるようです。バックテストなどでデータを取ればいいのですが、今は必要無いくらいの利益がデモで上がっています。・・っていうか・・・簡単なバックテストのやり方を学ぶ気がありません^^;
20080223225741.png
今年に入り先ほどの記事の通り好調はキープしていますので、少し長い目で1時間チャートを見ると良くわかりますが、ゴールデン・デッドクロス前に示唆してくれる時もあるようですネ。もう少し検証してみようと思いますが、使えそうなものが完成できましたら公開しようと思います。
20080223230324.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月23日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ミリオン後はリアルで・・・

こんばんは

最近トレード報告ばかりの記事に固執していましたので、私自身のスタイルを自己解析~~

余談ですが、最近はfxが一般的になって誰でも自由にトレードできる状態ですが、現在の状況が永遠に続くのであれば、色んなインジケーター・システムトレード・優良商材などで利益を上げ続ける事は可能だと思います。しかし、全ての物が使えなくなり取引所や唯一一般人が見れるものが証券会社提供のチャートしかなかったら・・・そんな事を考えた事もあります。
その時、自身が何かに依存していて機械的な売買手法で取引していたらお手上げだと思います。
そんな時、確率されている自動売買ソフトなどでチャートなどを見なくても利益を上げ続ける事ができるのならばそれはそれで素晴らしいと思います。
しかし、そのようなものを保有する事無く原始的にオープン時に電卓を叩いていた時期・・・
その後エクセルを学び、ピボット・フィボナッチ数値を学びそれの完成で電卓を捨て、確率なるものを学び、現在はピボットとフィボナッチを融合したトレードに没頭しているわけですが、ここまで4年の歳月はとても長いです・・・それは誰も回りにfxをトレードしている人もいなく、独学で学ぶ必要があったからです。

ピボットは逆張りが基本、しかし時を選ぶと順張りに変身する。
オープンピボットで、コツコツ稼ぐのもプチ様で学び、デモトレード期間も随分考えました。自身のトレードの基本はピボットトレードですが、最寄の場所全ての指し値をして毎日何も考えずにコンスタントに稼ぐ事は不可能です。したがって分析が必要になるわけですが、そこでフィボナッチが登場します。その後は毎日記事にしているようなトレード成績です。

今年に入り、スィング的な手法の検証中で本日2月23日時点でもデモトレードの検証は続いています。常に新しいもの、そしてチャートしか見れない世の中になってもトレードできる物を追求しています。この数値がミリオンになった時にはデイトレの他にスィング的な手法もリアルに取り入れたいと思っています。
今年に入り2ヶ月になりますが、デモ資金300万はここまできましたが、一律10万ドルでのトレードです。現在の時点では月250万の利益となっていますので、リアルで3万統一ですと月80万となります。
最低でもデモ資金の倍にならないとトレード手法とはいえないと思いますので、ここからどのような資金運営になるのか自信も楽しみです。デイトレは個人的には確立したと自負していますので、スィング・スワップと攻めて行き先行きは永久スワップ人生を送りたいと思っています。
xc.png
おそらく素晴らしい商材などをfx開始と同時に購入された方などは、この歳月の苦労はないと思いますが私自身は私自身の進化が目的ですので、どうしても確立したいことがあります
そこまで辿り着けるかわかりませんが、日々精進していこうと思います
決して誰かを罵倒したりシステムトレード批判ではありませんので誤解しないでください

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月23日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:2

ユーロポンドその後・・・

ずぅ~~っと昨日からのポジを見ていますが、
これがシグナルと判断できるかわかりませんが、
チャートは昨日の形と非常に似ていますが・・・
20080222213815.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月22日 ユーロポンド トラックバック:0 コメント:0

ドルも面白い・・・

今度はドル!どんどん記事を書いていますが気にしないでください^^
ドル円はピボットターゲット第一ポイント達成、ユーロドルもほぼ達成と言える場所でのもみ合い。
しかしドルスイスのターゲットはこのチャート上ではまだ見えていません・・・
ドルスイスとドル円は非常に似ている通貨ですが、ドルスイスのピボットターゲット達成時にはドル円・ユーロドルはやはりもう一段階価格が動くのではないか?
20080222203353.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月22日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ユーロに注目!・・・

学校の勉強は大嫌いだが、身になるものは全て吸収したい私・・・
ユーロスイスの144線ブレイクはドルスイスの下落を促す事になるのか?
同時にユーロドルはもう一段階上を狙うのか?
20080222201822.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月22日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ユーロポンドの続き・・・

こんばんは

本日のトレードは本業が早かった為昨日の続きでユーロポンドです。
最近は相関・逆相関に大変興味があり、先行きは優雅にスワップ人生~
なんて甘い考えでしょうが、勉強中です。
とりあえず朝のピボット・インジケーター・フィボナッチが反映される前の出勤の為、

このまま放置してよいものか悩んでいるところだが、ユーロポンドに対する対象通貨ポン円の指し値で対処してみたいと思います

と言うことで、ストップリミット無しで果たしてポン円でリスク管理できるかトライしてみました!
・・・って言いたいところですが、結局ポイントを見つけることができずにIFD放置・・・
結局現在はかろうじてプラスになっているだけでリミットに達していません・・・
帰宅後にポン円のチャートを見てみると納得の下落ポイントとなっていましたネ
61.8%で叩かれ今度は赤の上昇トレンドラインでサポートされるか注目ですが、
このポイントでサポートされ上昇に転じるとユーロポンドのポジはお宝になるかも・・・
だが、61.8%が下落スタート3波目スタートとなると話は変わります・・・
まだまだ修行が足りないようなので、そこそこでリミットしようと思います。
20080222193140.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月22日 ユーロポンド トラックバック:0 コメント:0

ユーロポンド 2 

おはようございます

最初にお知らせ~
上記ばんせい証券様『FX-FACTORY」口座開設者全員にインジケータープレゼント企画ですが、インジケーター内容のグレードアップ報告です。ここ何日かNR7表示がチャートに添付されているのにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、遂にエクセル保有されていない方でも自動でNR7が表示されます!
プレゼント企画は今週日曜日までとさせていただきますので返信メールはこちらのようにメールが来ると思いますが、日付の部分は29日までとさせていただきますのでご了承ください。
その後も通常通りばんせい証券様『FX-FACTORY」を宜しくお願いいたします

本題です! 

本日は大分夜更かし&本業&ユーロポンド^^; そして6時過ぎには仕事・・・

昨日最後の記事を書きつつ残っている仕事をし、チャートも見る・・・

全てにおいて推測になりますが、本日で言うのならば当然戻り売りのポイントを探すのが当然の作業となります。B1でのショートも考えるが、1時間チャートの20線がまだピボット付近にあるので油断はできません。安心してエントリーを考えるのならば、ストキャスが上昇し再度反転下落を開始した時にMACDのヒストグラムがまだゼロポイント以下ならば絶好のショートチャンスとなるであろう

自身のトレードスタイルで人と違うのは戻り売りなら戻る買い。押し目買いなら押し目まで売り
素直に順張りした後、目標値でシグナルに従う・・・多分一番欲を書いたリスクを伴うトレードなのかも知れませんが、全ての数値はフィボナッチ・ピボット・MAならばリスクは半減すると思っている。

そして夜更かししながらチャートを見て、本業の準備・・・結果はこうである
ロング:
B2ロングB1リミット・B3ロングB2リミット・成り行きロング中心値リミット
ショート:
ピボットショート・中心値ショート・B1ショート
ストップ: 全て起きている時間での執行ならばIFD・出勤前には価格ラインの2つ上。
執行されたのは青い文字、ロングは既にリミットでショートは2つ刺さっている状態での出勤となっています。このまま放置してよいものか悩んでいるところだが、ユーロポンドに対する対象通貨ポン円の指し値で対処してみたいと思います。
おっ! やばっ! 遅刻! ・・・って言うか出勤早くネ???
20080222055832.png 



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月22日 ユーロポンド トラックバック:0 コメント:2

ユーロポンド・・・

最近マンネリ記事ばかりでしたので、そろそろ他通貨の記事も書いてみようと思います。
超~~久々にユーロポンド・・・
本日は回避しノートレードですが、1時間チャートでは前日高値から一気に安値ブレイクでまるで本日NR7のように価格が動いています。
ストキャスは下限いっぱいで売られすぎ状態、しかしMACDはゼロポイントに向かっています。
かなり出遅れた感じで今から追撃ショートは無謀のようにこのチャートでは見えます。
一般的に高値安値の順張りはタブーなのかもしれませんが、自身は好んでトレードしています。
しかしそんなに不安な要素は無く、可笑しなトレードだとは思わないんです・・・
理由は多々ありますが、1時間チャート固執では売り遅れに見えて残る確率は144線で弾かれるのかに注目するのが自己流。固執するのであればB3にある144線ロングしか頭に無いでしょう。
20080221204630.png
しかし4時間チャートを見るとどうでしょうか?久々にBIG 8を上下にアプライしてみましたが、白は上昇BIG 8黄色は下降BIG 8赤は通常フィボナッチですが、とても綺麗にはまっています。雑念を取り払いフィボナッチとトレンドラインで見てみると、目先の目標値は青の囲いとなります。このポイントは何処でしょう?そうです!1時間チャート上の144線付近と価格が極めて近い事です。1時間チャートを良く記事にしますが、そこに144線を必ず付けるのは同時に4時間チャートの動向を1時間チャート上に反映させる事が目的です。モニター画面が何個も自宅にある人には全く不要な事なんでしょうが・・・
ここで深く追求してみると、上昇BIG 8はターゲット達成後、上昇トレンドラインをブレイクして本来のエントリーである38.2パーセントはトレンドラインとちょうぢ重なるので、絶妙なショートエントリーであった。ターゲットは現在下降BIG 8の1.382に向かっている最中で、出遅れのように見えた最安値は追撃ショートも視野に入る、尚且つ通常フィボナッチの50%・61.8%までも戻しとBIG 8を加味してチャートを見ると、0.7491は達成するのではないか?その後はやはり61.8%まで足を伸ばしても決して不思議ではない。そこまで到達した場合には今度青の囲いを抜けるのは至難事であり、戻り売りの集中する場所でもあるため、昨日の安値ブレイクの本日ショートエントリーはタブーではなく安泰な場所になる可能性は高い?
20080221210624.png
全てにおいて推測になりますが、本日で言うのならば当然戻り売りのポイントを探すのが当然の作業となります。B1でのショートも考えるが、1時間チャートの20線がまだピボット付近にあるので油断はできません。安心してエントリーを考えるのならば、ストキャスが上昇し再度反転下落を開始した時にMACDのヒストグラムがまだゼロポイント以下ならば絶好のショートチャンスとなるであろう。ユーロポンドは微々たる物ですが、ショートでスワップがもらえます。逆に動き上昇するならば迷わず決済するか、長い目で見るならば逆相関のポン円をスィングショートで十分対応は可能です。ポン円のトレンドと逆に仕掛けていればリスクは少ないが、できればポン円日足が上昇トレンドに変わったら今度は2通貨でリスク回避しながらポン円ロングが面白いし、資金も減る事は無いでしょう。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月21日 ユーロポンド トラックバック:0 コメント:0

概要・用途・使用・分析 in 指し値

こんばんは

朝の記事:

本日ピボット到達確率は久々の70%超えとなっていますが果たしてどうなるでしょうか?
見やすい通貨で仕掛ける方が簡単ですネ~~


どの通貨で仕掛けるのかは人それぞれですが、本日個人的な朝の見解はこんな感じ・・・

オージー円・キウイ円・ユーロ円のクロス円は殆んど同じ場所でのオープンで、朝の指し値を遂行するとロングエントリーポイントは無し、ショートエントリーはピボットショートとなりますので、テクニカル表示がどうであれ指し値はできませんので回避。
と、同時にドル円・ユーロドル・キウイドルも同様なのがわかります。
最後はポンドル・ユーロポンド・ポン円ですが、ユーロポンドは高値オープンなので問題なく回避、ポンドル・ポン円はピボット付近でのスタートです・・・ん!? これだ!!
でも・・・ポン円は余り好きじゃないんだよね~~~^^;
ここでもう一つ自作保有しているマイエクセルが朝の記事通り、本日ピボット到達確率は久々の70%超え・・・と言う事はクロス円は早々にピボットを付けるはず・・・
6通貨とも朝の指し値は回避なのにピボット確率70%???こんな矛盾はおかしいですので、手堅くS1・B1の指し値でピボットトレードを遂行~~が! 
6通貨とも18時30分時点では空振り・・・^^;

残る通貨はポンドル・ポン円となっていますが、指し値は簡単で毎度毎度記事にしていますが、ピボットスタートはB1・S1到達確率100%持論です。
しかし同じように動く2通貨を同時に指し値すると利益もダブルだが、マイナスもダブルになってしまいますので、2通貨対象での指し値となります。
どちらを優先するのかは特に決めていませんので、簡単にポンドル上・ポン円下で、いつもの通り2ライン上下の指し値で本業~~

詳細: 
ポンドル①1.9948ロング リミットはS1の前に1.382のラインと144線が立ちはだかっていますので、一番近い1.382の⑤1.9556

ポン円②209.51ショートリミットはB1なんですがその前に前日安値がありますので、④209.04

両通貨ストップはオープン値から直近2ライン上下です。

結果: ポン円は空振りで、ポンドルロングのみが執行され帰宅後に急激上昇決済!

怒涛の108p×3枚=32400円ゲット! 

しかし6通貨攻めて1通貨しか執行されないなんてどうかと思いますが・・・
20080221190314.png



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月21日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:1

動いたけど・・・

おはようございます

デイトレで勝負するのに、クロス円を普通にトレードするのは実はそんなに簡単ではありません。
ですが、ストレート通貨は非常に見やすいチャート構成になっています。
どの通貨で今朝は勝負しましょうか~? 久々にピボット表を添付~
流石NR7! ッて感じで値幅が凄いですね~クロス円は結局本日のピボットより上でスタート
しかし高値を超えられた通貨がその内何通貨あったでしょう・・・
本日ピボット到達確率は久々の70%超えとなっていますが果たしてどうなるでしょうか?
見やすい通貨で仕掛ける方が簡単ですネ~~
20080221071304.png

20080221070616.png
20080221070550.png
20080221070536.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月21日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:1

全て終了・・・

本日の夜の指し値は全て終了しました。
めでたく朝の指し値の不甲斐無い結果から一転
夜の指し値は全てリミット決済です~~
投資家の中で一番タブーな事は戦歴公開よりも、
自分のポジを公開する事だそうです・・・
優れたトレーダーは誰にもポジは公開しないそうです・・・
そうなのか・・・・・・・私はタブーを犯している事になります。
しかし、アナリストでもなく専業ではない私は本業優先の一般市民・・・
そしてこれは自身のブログであり日記帳・・・
当然閲覧者がいる以上トレードのノイズになる方もいるでしょう・・・
ならば声を大にして言える事はただ一つ!
投資は自己責任で、他人を参考にして自分の資産でポジを持つ事とは別な事

色んな意見が飛び交いそうな今夜の記事ですが、自身のトレードは大満足でした。
リアルタイム記事は気を使いそうですが、自身は負けも記載していますので、
全く気にしていません。
しかし今後控えていかないといけないとは思っています。

結果報告:
オージー30p オージードル57p キウイドル69p 全て3枚
46800円ゲットに朝の決済を28700円を足すと、75500円也~~
20080220225557.png



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月20日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:1

指標前の記事・・・

指標前には殆んど皆さんチャートと睨めっこしているでしょう・・・
現在のポジの動向に目を凝らし、マイナスになったら・・・
ドキドキトレードは疲れます^^; 本日はその日となっていますが、
先ほどの記事の通りのポジですので、マイナスは既にありませんから安心~
後は利益が伸びるかどうかに注目するだけですが・・・あと10分・・・
20080220222132.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月20日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

MACDとストキャス・・・

MACDとストキャスの有効性はいかなるものか?
どちらが優先なのか? チャート時間はどれがいいのか?
ロング示唆が多い中こんなチャートを見たらどう考えるでしょうか?
朝の指し値が不甲斐無い結果でしたので、夜のトレードに移行しています
左から② ③ ピボット、全力でショートしています・・・
B1・B2・B1が目標ですが、±ゼロでも決済します
20080220201051.png
投資は自己責任でお願いします!  

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月20日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

NR7なのに・・・

こんばんは

今週から勉強中のオージー円2万ドルロングスワップで一ヶ月1万円をトライ中です。
しかし、本日3日目にして企画が終了してしまいました^^ 何故でしょうか?

詳細は・・・:

本日のNR7通貨を朝の記事に添付しましたが、オージーとキウイです
オージーは月曜オープン成り行き買い98.08がありますのでロングの指し値は必要ありませんので、ショート指し値となります。
ここで個人的な疑問・・・ロング保持中でショート指し値?しかもNR7・・・
果たしてもしこれでショート指し値が刺さったら・・・??? 
スワップトレーダーはこう言う悩みをどう解決しているのだろうか?
そして個人的な企画は資金30万からのスタートとしているので、
同通貨両建ては日々マイナススワップをコンスタントに取られるし、
ストレート通貨か相関・逆相関通貨で補うのであろう・・・
個人的に深く考えると自分に逆切れするタイプなので、考えるのをやめました!
したがってこの企画は途中で断念し、いつものトレードに戻す事にします^^;
では本日オージーのNR7をどう料理するのか?

結論はこうである:

朝に記事上での価格はオージー99.05で、98.08ロング保持中 キウイは85.87
共にNR7となっていますので、ブレイクは必至となっています。
朝の戦略はとりあえずオージーロングはピボットでリミット決済を指しておき99pとスワップ3日分20000円は確保して、攻めるはキウイ円だけになります。
ならばこのキウイ円のNR7をどのように料理するのか?
朝の戦略は時間の無い中1通貨オンリーですのでとても簡単です。
NR7時の指し値ですが、1通貨のクロス円に対してもう一つトレード通貨がないとリスクが大きいですので、キウイドルかオージードルとなります。
この2通貨だけではないかもしれませんが、デイトレでの対象通貨はストレート通貨にしています。
すると、必然的にキウイ円に対してキウイドルは自然な形
オープン85.87に対してアラートインジケーターはロングを示していましたが、目先に20線があり、直ぐピボットラインも控えています。
ここをNR7の力で上に抜けることができるのなら確実にS1(86.32)到達する事になり、前日高値ブレイク後1.382付近にあるS2に到達するであろう・・・
この考えの指し値は最初のポイントを抜けることが条件ですので、S1順張り。
ではショートはどうか?オープン85.87に対しての下ブレイク1.382ポイントの前にB1が控えていますのいで、一気に1.382まで行く前にB1で一度弾かれてもおかしくは無い
ならば下の指し値は安値ショートでリミットB1となる・・・が、8pではスプレッド貧乏になってしまいます・・・
『なんだよ! これじゃロングしか指せないジャン! 今日のNR7は回避か?』
いやいや^^ そこでストレート通貨のオープンを見るわけです!
項目式に上げていきますとと・・・
① 朝の時点でアラートインジケーターはショート示唆のまま
② ピボットスタート。
③ ②の場合S1 B1到達100%持論
④ 20線下での推移
⑤ 本日上昇のピボットターゲットは前日の高値より低い
⑥ 本日下落のピボットターゲットはB1とほぼ同じ値である
上記のほかにもいろいろありますが、キウイ円のNR7に対してピボットスタートでのキウイドルは上昇反発か、下落継続となり指し値はいつもの通り2つラインでの順張りとなります。
すると、①ロング高値リミット ②ショートB1リミット  ストップはエントリーと逆の場所となります
結果こんな感じ~ ロングは刺さる事無くショートのみ執行され、29pゲット!
・・・と言う事は・・・そうです! オージー含み益は大幅に減り、20000円でのストップ決済となっていました。
結果:29p×3枚=8700円 プラスオージー円の20000円で
トータル28700円也~~・・・微妙・・・っていうか普通にピボットトレードで通用したのネ・・・

結論! NR7が頻繁に発生はしているが、ピボットトレードが通用している事は、
大きなトレンド転換まで行っていない。
全体的に円相場はもみ合っている状態で無理してポジを持つと振り落とされるかも・・・
20080220191821.png









にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月20日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

戦略・戦法・出撃

おはようございます

本日もNR7か? 波乱の一週間は続いているようです
ちょっとした知恵・・・こんな風に見ると朝の指し値はとても楽 パート1
NR7の2通貨を逆に指し値
ドル円ロングならユーロドルロングまたはその逆などなど・・・
一方向ばかりで利益を狙い、全てリミットしたい欲望を抑えると、
そんなに負けることはないです
ドルを買いたいならば、何処かでドルを売る
どちらか利益が乗れば比率を2:1にすればマイナスは暗殺できる
20080220071036.png20080220071055.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月20日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

30万からの意地でもスワップ・・・

2008年02月18日月曜日記事:

4時間チャートのブル転換は3本ですので、12時間前からロングスタート開始、
つまり記事アップ時間が日本時間18時50分ですので本日朝6時50分にはロング示唆だった事がわかります。


資金30万でスワップ生活をスタート企画から2日目となっています。
金曜終値98円での月曜オープン2枚買いから一ヶ月1万円生活ができるのか?
出足好調で、一日で120pの上昇となりこのまま週末まで上昇を続ける事ができるのか?
何故心配するのかは、資金数百万スタートでの企画ではない事から、リスク管理をしながらスワップを取らなければいけないことになります。
当日のみで含み益のマイナスを補うのならオージードルやキウイ円でも大丈夫。
しかしそれで大きく下落した時のスワップはマイナスになってしまうので、
当日のみのリスク回避にしかなりません・・・
ならばキウイ円も同時にロングしスイス円を2倍ショートするとどうなるのか?
同時にドル円ロングでドルスイスショートではどうか? 
そうするとスワップは2枚で100円程もらえます・・・
20080219220816.png   今年は新しいものを勉強しようと思います。
いままで通りいろいろ情報収集して、今年は少し手広く視野を広げようと思います

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年02月19日 オージー円 トラックバック:0 コメント:0

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。