スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

前日の戻しはやってきた・・・

こんばんは

やはり急激に上下すると翌日調整に入る確率は高いようです。前日の何パーセント戻しを狙うか?それとも何パーセント戻しを取りに行くか?どちらにしても深追いは禁物という言葉は相場には存在するようです。参考程度にオージードル・キウイドルで見てみましょう。価格は詳細提示というよりなんとなく数値でフィボナッチをアプライしてみると、キウイドルは38.2まで戻し21MAも上抜いています。オージードルは61.8まで戻していますし両通貨とも短期の上昇トレンドラインは確定していますので、ショート戦略はこのラインを下に抜けることが最低条件ですね。イベントも控えているようですので、ポジは小さいか無いほうが次のエントリーを探しやすいかも知れませんね^^
20080430201401.png

スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月30日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

追いかけすぎるな・・・

どんどん下落しています! 一直線下落ほど危険なものはないと思っていますので、急激な下落は急激な戻し、たとえNR7だとしてもウィークリーピボット数値を無視しないほうが・・・ましてや月足ピボット数値なんかも・・・特にどの通貨がなんてのはわかりませんが、自分はオセアニア通貨中心ですが、ユーロドルの動き次第でクロス円は左右されます。ドル円が本格始動しますとなお更・・・自身の考えでは最終的に利益がでれば満足ですので、相場に出遅れたと思うことはしないようにしています。ですが、この時間からトレンド方向に仕掛けることは絶対しません。こんな時こそ戻りを叩くかデイトレなら戻りをロング・・・前者の方が有効と見ていますが、本日の下落61.8%戻しまでは明日のトレードの許容範囲で、その近辺に21MAが存在するのであれば叩く。もしくはクロス円のオープンロングでピボットまで到達しない手前の数値でリミットか・・・どちらにせよ深追いは危険と見て適当に本日のポジは利食いします。朝からお付き合いしてくださいましたマニアックなのびたファンの方々はおやすみなさい^^ 数通メールをいただきましたが、本日300pオーバーの利益と損きりは無し!上出来のデイトレでしたぁ~~明日は早いので更新は夜ですぅ~~。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月29日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

NR7を食うのは簡単・・・?

NR7時のトレードは回避するのが最高の勝ちトレードでしょうが、毎度毎度NR7が発生するとトレードしているのは私です^^; 何故なら価格が一方的に大きく動くので最高の順張りデイだと思っているからです。戦略はとても簡単でNR7発生通貨の中で単に値幅が少ない通貨を狙うよりレンジ構成になっている通貨が大好物です。本日はポン円が好ましいと思いまして記事にも書きましたがとてもわかりやすいレンジの中で価格は推移していましたので、指値もとても簡単で上下ブレイク1.618・2.618・4.236・・・好きなところで利食いすればいいのですが、本日のようにチャートに張り付いている時はどんどん追いかけますが、通常の日ならば1.618で十分だと思います。本日はチャートを見る時間が一日ありましたので、上下ブレイク順張りエントリーで刺さったのはショートと言うことになり206.74ショートということとなり現在4.236まで下落していて既に140pの含み益があることになります。ここで疑問が出てきますが朝のオープン時にはこのレンジ構成になることなんかわかりませんから当然本日仕事をしている方には決して指せない注文です。もし本日オープン価格しか見れないでNR7発生表示を見たらどんな指値をするのだろうか?
20080429203937.png
では本日が通常の日でオープン価格であったならばこんな風になります。本日のオープンがピボット付近でNR7発生となればブレイクは必死ですので、指値はピボット数値の順張りでR1買いR2リミット・S1売りS2リミット単純にこれだけでも十分値幅は取れています。すごい簡単なんですがどうでしょうか?
20080429204517.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月29日 ポンド円 トラックバック:0 コメント:0

デイトレ~スィングへ・・・

世の中がGW中の時でも通常の日と変わらない私は、本日保持したポジションで決済していないオージードルドル・キウイドルドル・ユーロドル・ポン円をスィングに移行しようか考えています。利益が出てきたら早々にリミットするのもいいですが、欲を書くのもたまにはいいかなぁ~なんて・・・使用チャートは4時間で十分で、インジケーターはピボットインジケーター以外全て製作依頼したもので所有している方は自身と製作者だけですが、さらにもう少し加えてから皆さんに提供するか考えて見ます。





キウイドルドルは、本日0.7807という安値ブレイクというタブー視されているであろう場所での順張りショートですが、自身は安値売り・高値買いの負けパターンは目的の無いエントリーだからであると考えています。0.7725は目先の利食いで、最終目標値0.7628とする
20080429181721.png
オージードルはキウイドルと同じような動きをする割には今回ブレイクがとても遅く感じます。しかしサブウィンドウは確実にデッドクロスしていますので、0.9350の本日立てたポジに期待をすると赤のラインはブレイクしてほしいところだが、やはり目先は0.9234としてみようと思います。
20080429181750.png 
 

ユーロドルは何回も記事にしていますのでしつこく書いても仕方ありませんのでチャートで判断します。が、一番期待している通貨の一つですので今回は何処までも利益を追求していこうと考えていますが、リミットストップの位置は少しづつ切り下げていきますので引っかかったら仕方ありませんネ
20080429182500.png

ポン円は久しぶりのトレードですが、考え方は根本的に変わりは無いのですが、何せ値幅がでかいので、自身は少々びびっていますがやはりウィークリーピボット数値までは行ってほしいものです。
20080429183135.png 


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月29日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

本日のデイトレ途中結果・・・

本日ぽかぽか陽気でGW中の方は何処かに旅行でも行っているのでしょうが、自身のくそったれ本業は明日からまた普通に仕事ですので、本日の休日NR7オンパレードは絶好の指値日和なんです。したがって朝から指値をして、ママの言われるがまま庭の草むしりや剪定、粗大ごみ廃棄や犬の散歩、布団干しに炊事洗濯・・・ぜぇぜぇ^^; 久々に思いっきり使われていましたが、結構嫌いじゃないんですよねこれが^^そろそろ夕方も近づいてきましたので開放された私はやっとパソコンに向かうことができましたが本日の指値はどうなっているでしょうか?とりあえず朝の記事で久々に公開しましたがおさらいからいきます。

0.9350ショート0.9315リミット0.9387ストップ
0.9416ロング0.9485リミット0.9376ストップ
0.7807ショート刺されば保有・ストップ0.7879
クロス円は成り行きオープンショート中・リミットは最寄のウィークリーピボット数値が最終ポイントですが、目先は全て25p抜きで何も考えずポジを小さくして行きます。
そしてポン円だけは怖いので記事を書いたとおりブレイク指値順張りです。


===詳細結果報告===

朝の戦略:
オセアニア・ドルは指値順張り・クロス円オープンショート・ポン円指値ブレイク順張り
基本的にオセアニアに対してはドル買い・クロス円は円買いをベースに考えていたことは明確ですネ。
対象通貨:
オージー円・キウイ円・ユーロドル・ドルスイス・オージードル・キウイドルドルそして、久々に違う通貨ポン円となっています。

・・・?ユーロ円やドル円とか無いの?って?最近その通貨の記事書いたことあったっけ?
自身はすぐに固執してしまう傾向がありますので、記事にしていない通貨は基本的にトレードしていませんので、ドル円やユーロ円などはチャートすら見ていません^^;

結果報告:
オージー円:オープンショート25pリミット
キウイ円:オープンショート25pリミット
オージードル:0.9350ショート約定中
キウイドルドル:0.7807ショート約定中
ドルスイス:オープンロング25pリミット
ユーロドルはスィングショート継続中ですので、ポジションも変わらず前回と同じで、チャートは下記参照
00000.png
最後はポン円ですが、207ショート約定後206.74リミットに少し足りない状態で戻してしまいましたのでちょっとどきどきしている最中です・・・こちらの撤退はきちんと決めようと思います。
edfweethtf.png
現在既に75p確定していますので、今夜の対象通貨はオージードル・キウイドルの2通貨に絞られましたのでこちらを追いかけていこうと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月29日 スキャルピング トラックバック:0 コメント:0

マグマは噴火に備えガスが充満・・・

やはりデイトレするのに値幅が小さい通貨はつまらない・・・
ならばポン円あたりのNR7を利用してみようか・・・な^^;
往復びんたに注意しながらいたって簡単に順張り~
errtyjyh.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月29日 ポンド円 トラックバック:0 コメント:0

NR7のオンパレード・・・

おはようございます

ゴールデンウィークスタート! と言いたいのですが、実は私の休みは本日と日曜日のみ・・・
うぉぉぉ~~~~~~~~~  
と、大きく叫んだところで何も変わりはしませんのでチャートを見よぉ~~っと・・・ん?
nobitaNR7が頻繁に表示されていますがバグでしょうか???
そういえば昨日はだいぶ小動きだったようですが・・・何処のチャートもNR7NR7NR7NR7って・・・
ほんでもって本日日本市場は休日でしょ・・・危険かも・・・値が飛ぶのかな?
まぁ、こんな考えでポジションを控えるだけでもトレード成功と言えるでしょう。
無理やりポジションを保有する必要も無いことは何年かトレードしていればわかることですが、
NR7大好きな自分としては本日順張りでの注文を公開しますが、くれぐれも投資は自己責任で!

0.9350ショート0.9315リミット0.9387ストップ
0.9416ロング0.9485リミット0.9376ストップ

0.7807ショート刺されば保有・ストップ0.7879

クロス円は成り行きオープンショート中・リミットは最寄のウィークリーピボット数値が最終ポイントですが、目先は全て25p抜きで何も考えずポジを小さくして行きます。

・・・・・・・以上、全てポジションは小さく個人的な戦略です^^;一切の恨みは買いません^^
個人的にはオージードルとユーロドルに期待していますが・・・果たして下ブレイクするでしょうか??

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月29日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ユーロドルのその後・・・

オセアニア関係は全てポジがなくなっちゃいましたが、唯一残っている前週の記事ユーロドル1.5827ショートは現在どうなっているのか? 本日の指値は記事の通りピンクの50%ショートだったんですが、全く本日届くことなく本業帰宅時間には21MAの下で推移している場所が38.2%も届いていませんでしたので、正解かどうかは別として、1.5664・23.6%ショートを先ほど追加しました。こんな私の情報なんかどうでも良いでしょうが、一応前週のお話の続きはしておかないと嘘つきになってしまいますので^^; 下記は前週から何も変わっていませんが、チャートは常に最新に変更しませんと目標値がわかりませんので、青のラインは必要ないのと新しく月・週ピボットは追加します。
xswereg.png
こちらが今週使用のチャートに新しくしたものですが、特に変化はありませんネ^^;いや!変化はありますョ~~ 私は面倒臭がりなので、フィボナッチのラインをエントリー方向にアプライしなおしています。そうすると、なんとなく目標値が見えてきますので一応ウィークリーS1付近が1.236と1.382の間ですのでここら辺がいいかなぁ?なんて・・・ストップは21MAを基準に考えている以上この付近を実線でこえたら終了ですネ。と、言うことは売りまししたポイント以下まで21MAのラインが下がれば負けはなくなることになりますので、もう少し時間はかかりそうですネ~。
srtgthy.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月28日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

月曜からそんな・・・

こんばんは

今月最終週となりましたが、前週持ち越したオセアニア・ドルとオセアニア・円もショートはだいぶ利益が出ていますので・・・・・・・ん!?
あっ~~~~! ポジが無い!  
エントリー価格でストップにしておきましたが、全てマイナス決済となっていました^^;
したがって月曜日にしてマイナススタートということですが損害は、どんだけ休日にマイナススワップ付けるんじゃ!というくらい通常日より多い支払いで今週スタートしました。
ストップをしっかりしていれば損害も少なく済む・・・と気を取り直して行きたいと思いますが、ここからどのように今週トレードしようか今のところ考え中ですが、ゴールデンウィークと重要指標前ということで今週はスィングというよりデイトレで小さくトレードしようと考えていますが、どうしてもオセアニア通貨が自身大好きなものですから下記4通貨を中心にトレードしますが、既に今週ウィークリーピボットを達成してしまった3通貨ですが出遅れている通貨に重点を置いてトレードしていこうと思います。チャートは15分・TEMA・21MA・34MAのみ!極めてシンプルに価格を追いかけていこうと思います。
swertygbn.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月28日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

ユーロドルが面白い・・・?

こんにちは

1.6000を天井と見極めてショート戦略に移行できた人は素晴らしい~~~パチパチ^^
自身はなかなか慎重でもあり出遅れることも多々ありますが、単純に下記図のように1・2のトレンドラインブレイク後、青のフィボナッチライン61.8%を下にブレイク、つまり前週のキーポイントは1.5827ブレイクで初めてショートエントリーを考えるということになりますが、チャートを見ると上記重要ポイント61.8ブレイクからは一気に価格は落ちています。それ程フィボナッチ数値は重要な数字といえると思います。では、同じ考えで明日からの戦略をスィングベースで考えると、既にピンクの61.8%より上でのショートポジ保有ならば黄色の21MAを追いかけていけばマイナスはなくなりますし、ノーポジならば、月足ピボットで綺麗にサポートされていることから戻りはあると考え、ピンクの50%付近のショート指値を入れているかもしれません^^(仮定)。ピンクは今週一週間が終了してからのフィボナッチラインですので、ポジションを保有したフィボナッチラインは青のラインとなりますから当時の61.8%割れエントリーは、前週に書いた一般的にタブーであると書かれていた本の、その日の最安値での順張りエントリーとなりますが、本当にタブーだったのか?目的があっての妥当な確信のある場所での順張りエントリーではないか??なんでもかんでも本や他人の意見を耳に入れることが全て投資の世界で通用するとは自身は決して思っていませんが、年間プラスで終わるトレードをされている人のお話は耳に入れるようにしています。しかし実際は他人の懐事情を知ることなど無いですから、どの方のどのトレードが実際に使用できるかの判断は、やはり自己判断となるわけです・・・
njuygde.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月27日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

戯言をトレードに生かす・・・

こんばんは

しかし週休1日という不合理の中での労働をよくもまぁ何年も肉体労働を続けているよ!
と、自分を褒めつつこんな生活では楽しい余生は絶対送れないと心から思っています^^;

ならば、週休二日で年間休日120日の仕事でもすればいいじゃん!!・・・って言った?

・・・・・・・そんな脳みそあったらスーツ着てとっくに仕事してるんじゃ! 

学が無くても自分でできるものは何か? 裕福までとはいかなくとも生活が楽しいものは何か?

3歩進んで2歩下がる日々を5日サイクルで500日続けるとどうなるのでしょうか?
つまり3勝して2敗する日を500日続けることができた場合、500戦中300勝200敗。
もう少し短い時間で勘定してみると、5戦中3勝2敗で、1:1の比率で利益は1勝だけだが、これでは必ず3勝2敗じゃないと利益は上がらない・・・したがってリミットとストップが比例してはならないことくらいは、単細胞の自分でも簡単にわかることである。利益が乗ればリミットストップで使用するときは時々あるが自身が絶対しない最初の注文はIFDである。~でエントリーし、~でストップ、~でリミット普通に考えると簡単なことだが最初はどうしてもこの単純なルールさえ守ることができなく、5万円程度でスタートしているからまた追加入金すれば何とかなる!この繰り返しは、パチンコをすることとあまり変わらない行動であり、一攫千金を夢見るさすらいのギャンブラーである。

偉そうな御託を並べているが、軍資金の量に関係なく上記トレードを遂行し続けている人は少なからず大勢いると思います。なんといっても自身が以前はそうでしたから^^;

最近は、なんだかんだ本業優先は変わることはありませんので本日の相場がどうなるのかより、本日から数日間どうなるのか? そんなこと考えながら結局今週もポジションを持ち越してしまった・・・結局オセアニア・ドルはショートし、オセアニア・円もショートは継続中少々の戻しがあったようですが、動きが遅かったオージー円の98円ショートの利益が乗っている限りその前からポジを持っている他の通貨は安泰と見ています。上記ポジに対してマイナスは無く・リミット166pで上出来かな・・・?って^^
iuythf.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月26日 FX日記 トラックバック:0 コメント:0

ドルが強いか・円が強いか・・・

こんばんは

昨日の記事の通り、オセアニア・ドルはショートし、オセアニア・円もショートしています・・・
先日のオージー円98ショートもやっと利益がでてきましたが、単純に1時間チャートで21MAを追いかけています。あまりポジを増やすとドルスイス以外マイナススワップが発生しますので調子に乗りたくは無いのですが、そういえば本日最終金曜日なんですよね~~・・・どうしようか悩んでいるんですが、自身のシナリオではユーロドルを基準に考えていますが現在推移している場所1.5611は月足ピボットですので、今週ウィークリーR1達成後ピボットを通過しS1まで到達していますので、ここからピボットまで戻る確率よりウィークリーS2までの到達確率のほうが若干高いです^^;希望としては1.5500付近までは足を伸ばしてほしいものですが、1.5656付近までの戻りは個人的には叩きたいところなんですが、果たしてどうなるでしょうか?しっかりしたトレンドを1時間チャートでは確認できていますので、少々のヒゲは不可抗力と判断し来週にかけてもトレンドは持続するものと考えると、ニューヨーク前に何処でポジを持っても利益が乗るかな?? これは冗談です^^;
wertyii7y.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月25日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:2

高値安値エントリーは本当に駄目なのか?

利益が出ないときに相場を振り返ると、高値ロング・安値ショートで相場が反転してしまう・・・このような行動ではいつになっても利益は出ないであろう!相場の反転を視野に入れながら押し目・戻りを待ってエントリーをするのがベストである

自身身の回りにfx投資をしている人がいないので、数冊本を買いましたがその中の一冊で冒頭に書いてある言葉です。

誰の言葉が真実で確信が持てる信用できるお話なんでしょうか?確かに高値ロング・安値ショートで相場は反転することもあるでしょう。押し目・戻りを待ってロングを仕込むことは正解かもしれませんが、この本には何処までの押し目・戻りをポイントとして再度エントリーするのかは記載されていません、そして、その項最後の記述にこう書いてあります。

押し目買いでのエントリーで、1円下落後のロングか3円下落後のロングかは自己判断で、1円下落したのならば下落スタートを念頭におく必要がある。その反対もしかり!

自身が購入した本の中で最低の本だと思います。

それは、問題は自身がどのくらいの利益で満足できるのか?初期投資金の10分の利益で満足できるところからスタートできるのか?例えば5万円スタートで1回5000円の利益・損失も5000円の1:1トレードは決して小さいものではないということを自身は以前常に念頭においてありましたが、一回5000円の負けは2倍の労力と2倍の利益が必要となり、50000円の投資金で10回トレードできて、7勝3敗で資産は増え続けると考えるのは間違いであることに気づくはずである。

本に書いてあることが全て正しいとは限らず、かといって間違いでもないことに気づくのはこの本自体の時間軸が日足~週足での説明で、尚且つデイトレードは一日の値動きで一喜一憂する本来の相場動向を無視した企業関係者の一番の敵である。と記されています・・・^^;

自身はこの本に記されていることを全て批判するわけではありませんが、確固たるトレンドが発生したときは順張りが最適である。 ・・・という事くらい書かれていると共感もてるんですけど・・・^^;

現在のクロス円をどの時間で見るかによって考え方は多種多様ですので、長い目で見てまだまだクロス円の下落は始まったばかりと解釈している人も、底打ちしてこれからしばらく円安は続くと解釈している人もどちらの意見も耳に入れながら、自身は自身のトレード時間でのトレンドのみに従事することが一番のトレードスタイルと感じています。

・・・と、いいながらオセアニア・ドルはショートし、オセアニア・円もショートしていますが^^;
ともにマイナススワップごときに負けないくらいの怒涛の下落はこれからが本番と思っている・・・?
これも、一人の人間の戯言と聞き流してください。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月24日 スキャルピング トラックバック:0 コメント:0

フィボナッチターゲットが・・・

自身がメインで使用しているTEMAは、通常のMAよりシグナルが早めにでます。しかし、時間軸によっては騙しが頻繁にありますので21MAと併用することによって補っているんですが、日足まで時間を延ばすとさらに効果が出るように感じていますがいかがでしょうか?ここで面白いものを下記のチャートで説明したいと思いますが、レンジ形成期間80日後上昇ブレイクしていますが、単純にフィボナッチターゲットをアプライしてみると驚くことに1.6000ローは2.618倍ジャストリミットターゲットとなっています。そして、ターゲットクリア近辺からターゲット到達後までの間本日まで21日間TEMAの下で価格は推移していますそして本日今までの上昇に対する21MAの下で終値を迎えるかどうか?の瀬戸際まで下落していることになります。こんなウェッジが本物だとすると、計算上1.618までの戻りは否めない状況ですが、その場所でサポートされて復活するのか?と考えると首をかしげる事がその時には多々出てくると思います。何故ならそこまで下落したときは下記インジケーター全て下落トレンドのレジスタンス機能として変身するからである。ユーロドルが下落した場合、ドル買いなのかユーロ売りかの判断で他の通貨も同時にポジションをもてますので、上記の仮説が正解と出たときは今年を3分割した場合お盆くらいまでは大きな利益が発生するのではないかなぁ・・・?なんて勝手に思っています^^; いつもながら勝手に思っていることですが、ドルスイスが底打ちチャートに見えてきた以上まんざらではないような気が・・・
sadehyjukuj,
hwetryhg.png
それでも長期下落トレンドに変化はありませんから何処で叩くか検討中です。
追伸:
上記仮説は何も保障はありませんが、当然ながらユーロドルの反転は主要通貨でスィングトレードするときは全てのポジションにマイナススワップが発生しますので、かなりの勇気が必要となります。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月24日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

今晩のトレード・・・

こんばんは

少し遅くなりましたが、本日は朝の記事の通りオージー円に注目です。
下落トレンドは前日に開始していると個人的に感じた自身は、本日普通に成り行きオープン98円ショート中。大して利益も出ていませんが、損切りポイントさえしっかりしていればいいかなぁ?って・・・
rtyhgfh.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月24日 オージー円 トラックバック:0 コメント:0

24日・今週の注目日

おはようございます

先日の通り、オセアニアに本日も注目してみますがトレンドラインを割ってきました。トレンドライン事態誰でも簡単に引ける簡単な売買シグナルとして使用できますので、引き方がどうであれ上下ラインをブレイクしたら単純にトレンド転換の兆しと考えていますが、騙しなのかを判断するには何が必要不可欠なのか?ストップさえ入れておけば騙しの損害は少なく済みますので、自身はそれを探すことには専念した事ありませんのでわかりません^^;本日オセアニア通貨の中で唯一トレンドラインを割っていないのはオージー円です。出遅れ通貨と解釈するのか、ほかの3通貨が足が速すぎるのか個人の判断ですが、お友達に作成してもらったカクカクインジケーターは何を物語っているのでしょうか?最後の赤のラインの下に価格が到達したら下落トレンド確実視できるんですが、自身は既に下落は昨日の最後の記事アップで開始していると思いますが・・・^^;トレンドラインまでの戻りがあるとは思いますので、そこまで戻れば・・・ではでは、土砂降りの中本業に行ってきます~~~
wfghyjyku.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月24日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

キウイ円とともに去りぬ・・・?

今週やっとレンジを抜けたように思えたキウイ円ですが、既にトレンドラインは確定していますのでこのままレンジに戻ることになると、トレンドラインを割ることになります。ウィークリーピボット到達確立も70%以上ありますが、果たして今週ピボット到達できるでしょうか?ちょっと楽しみな価格の推移場所ですので、長期下落トレンド中のキウイ円のど短期正念場と思っていますが・・・
dsgrhjjp.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月23日 キウイ円 トラックバック:0 コメント:0

オセアニアが安心・・・?

こんばんは

なんか今週はなかなか利益が出ない駄目駄目トレードです・・・^^;
週も後半になってきましたので、マイナスの週にならないように慎重にいきたいと思いますが、サブプライムという大きな問題を抱えながらも時々ゾンビのように這い上がってくるドルを見ていると不気味で仕方ありませんが、そのような事情を考慮しすぎて自身のトレードに支障をきたしていることは確実のようです。シンプルに以前のようにチャートだけを見ることに専念することを忘れている今日この頃・・・もう少し以前のようにシンプルチャート分析オンリーに励もうと思います。そうしますとどの通貨がはっきりわかりやすいのかチャート探しをしないといけませんが、何も考えずにはっきりわかるチャート構成はやはり、オセアニア対ドルの通貨でしょうか?オージードルが堅調に推移している以上キウイドルを見逃す手は無いと思いますが、今からトレード参戦しても遅くない通貨はどちらでしょう・・・ここでオージードルと答えることは決してない自分は当然キウイドルです^^
qwertgfdf.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月23日 キウイドル トラックバック:0 コメント:0

昨日の結果・・・

おはようございます

なんだかんだ言っても、チャートの長期トレンドに逆らうトレードはデイトレでも昨日は通用しなかったようですネ。ユーロドルが1.600をタッチと同時にストップ・ドルスイスは月足50%ストップ。それと同時に今度はユーロドルウィークリーR1順張り・ドルスイス月足50%順張り指値も執行され、またしてもドル売りポジションに変化してしまいました・・・ユーロドル月足フィボナッチの高値を100%クリアして実線を迎えることができたと同時に、ドルスイスの同じ平均線がデッドクロスをしています・・・不思議な関係ですネ・・・結果的に昨日デイトレをしようと試みて前週金曜日のドルショートをクローズしたのは失敗で、依然トレンドは変化していないことが鮮明になりあまり余計にポジションを触ると自身のようなもったいないトレードとなってしまうことの勉強になったと思います。昨日クローズした2通貨の利益が昨晩で半分に減ってしまいましたので、駄目駄目トレードを払拭しないことにはスィングトレードも板につきませんネ^^;予断なんですがユーロドル100に対してドルスイスが50でこのままトレンドが持続するのならば、ドルスイス前回の安値100に対してユーロドル150または1・618となりますと、ユーロドルは1.6400~1.6600付近までの上昇ターゲット数値が存在しますが・・・本日のユーロドルは新たに上昇日足カウント1となっています・・・前日の1.618以下に実線がいかなければ明日はカウント2となります。これはドルスイスにも当てはまるのですが、果たしてユーロドル1.65以上、これはまだまだにしても、ドルスイスのもう一度1.00割れとなるのかが、ポイントとなりそうです。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月23日 ドルストレート トラックバック:0 コメント:0

ど短期にもポイントは存在する・・・

どこでどのようにエントリーするかは自己判断ですが、ロングにしろショートにしろどのチャートにもポイントは存在しています。デイトレでは、目的地を探す前に損きりの場所を最初に決めておくと損も少なくその後ドテンも視野に入りますよネ~~。負けることに躊躇するのではなく、負けを認めた後その後反対に動いた相場についていくことができるかどうかで、前項の損きりを取り返すことは可能だと自身は考えます。その踏ん切りをつけるまでに自身もずいぶん時間がかかりましたが^^;しかし徹底した損きりは後々効果絶大になることを実感しますと殆ど含み損を抱えることはなくなりました。本日は先ほどの記事の通りドルショートからドルロングに切り替え、ショートスィングからロングデイトレ、またはロングスィングに移行している最中ですが、上昇を視野に入れたとしても短期ではポイントが多々あるのがわかると思います。クローズの場所を決めた上で、30分チャートで5つのポイントを挙げてみましたが、有効期限は最高で金曜日までのポイントと自身は思っています。下記は21時30分時点のドルスイス30分チャートです。
qwerhg.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月22日 ドルスイス トラックバック:0 コメント:0

今晩のドル・・・

こんばんは

シナリオが少々崩れてきている感じがする2通貨なんですが、危険回避のため有無を言わずに前週のショートは早々利食いしました。理由は簡単で、バタフリーサインが点灯したと同時に2通貨とも前週の高値安値を越える前に144線が切り上がってきている事による含み益減少を控えるための決済です。ユーロドルを基準にドルスイスを見ていますので、1時間チャートでは下記のような感じです。つまり、サインに忠実に売買を試みているだけで特に何も気にしていません^^;したがって、先日までのドルショート記事は時間軸によってはいつでも変わるのが当たり前で、まだドルショートを保持しているの?と聞かれると即答で、いいえ!ドルブルです!と本日は答えるでしょう^^ユーロドル1.5966ショート・ドルスイス1.0067ロングですが何か問題でも??早急に決済するかもしれませんが気になるポイントはドルスイスにあると感じます。簡単なことですが、下記のチャートで自己判断が面白いと思います。
jhgfd.png
asdfrghyj.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月22日 ドルスイス トラックバック:0 コメント:0

チャートが語る・・・?

少しドルが上昇するとドルブルだ! 下落すれば絶好の押し目買いだ!
許容範囲とテクニカル数値、資産管理と時間軸、すべてにおいて人それぞれですが、個人的で自己中心的な全くの主観としては、まだまだドル復活には至っていないと感じます。デイトレではこのような意見は通用しませんので言いませんが、最近は時間軸を長く見ていますので、ひたすらドル売りポジション作りのポイント探しをしています、今週最初から決して前週金曜日新規にたてたドルショートのポジションはマイナスになっていくどころか、どんどん含み益は増えていっています。ドル円でいうと100円突入の期間が長いため相場転換意見が多い中、もしかして自分だけ?というくらいドルブル意見に反発しています。数ヶ月して結果、ドルが上昇していれば怒涛の批判を買うのでしょう・・・^^;しかし、どこのラインを底と判断しているのかが自身には全くわかりませんので天井・底の確認は~~~の~~ポイントを実線で最低3日抜けるのが最低条件としています。それに対しての出遅れ間で悲観的になることはなく、それを確認してから相場に参戦するのが実は基本である順張りを推進していく中で重要なトレードだと思っています。実際のところドル円に関していえば、金曜日高値から160p以上下落し今週のウィークリーピボットでサポートされているように見えますが、すごく単純にMA21だけを見ても実線はMA以下での推移で価格は動いています。これを打開するには最低104円より上で価格は動かなくてはいけません。それでも押し目買いは有効なのでしょうか? 自身には耐えるという言葉は存在していませんので成り行きで物を言ってしまいますが、下落で売り・上昇で買いをベースに、その中での逆張りポイントでピボット数値を利用するだで基本を逆張りで考えるほど危険なトレードは無いと感じます。またしても嫌われるような記事を書いていますが、個性と主観・資金と時間は比例していることを念頭に記事を閲覧していただけると幸いです。こちらはドルスイスとユーロドルのオーバーレイチャートですが、久々にクロスしちゃいましたので相場は今週大きく動く気満々です。決して今からでもドル売りしろとは言っていませんから誤解のないようにお願いいたします。短期には短期のトレードがあることは自身の以前のスタイルで十分承知の上で、少し長い目での分析検証意見ですので・・・
ghyjujp.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月21日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

先輩から学ぶ・・・

こんばんは

ブログを続けていると、先輩の方々の記事の中にはトレードのキーポイントとなるフレーズなどが多々含まれていて、なるほど~~なんて思いながらチャートと睨めっこし過去チャートを振り返ったりしています。今回記事中に何回も書かれているフレーズを先輩の中から抜粋して見ますと、【多通貨が動いている中で一番動いていない通貨に注目】これはいわずと知れたプチ様のよくお使いになられている言葉です。このような言葉は決して聞き流していけない灯台下暗しだということを口をすっぱくして申し上げます。単にブログという日記を更新していく中で年間利益で終了しているトレーダーを探すのは実は簡単なことではないと思います。ブログを持続していく中で相互リンクというものは単に同じ仲間の集いだけではなく、情報交換をしながら記事を参考にして自分のスタイルを試行錯誤していくものと考えます。肝心な中心部分はブログに公開していないことは当然承知の上、時々ポロッとでる言葉のフレーズは見逃してはいけない部分だと思います。ランダムに下記のチャートのように月足ベースのフィボナッチ達成率だけで判断しても、どの通貨が一番動いていないか一目瞭然ですネ。6通貨中5通貨は50%以上の値動きをしていますし、中には100%を超えているものもありますが、その中でキウイドルだけはまだ20%少々の値動きしかありません。相関関係が強いオージードルと比較しますと19時30時点では9:2の格差がありますので当然比率を合わせる動きをするならば、これから大きく価格は動くことになります。どちらに動くにせよこれからブレイク必死である以上、上下に指値を置くのは普通の行為であると思います。
11111111111111.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月21日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

時間軸での戦略相違・・・

こんにちは

メインパソコンが故障の為、普段使用していないパソコンを引っ張りだしてきています^^;
いつもながら月曜日の動向から注目していますが、なんと言っても週末に刺さった3通貨のドルショートの行方に重点を置かなくてはいけませんので、やはりドルスイス・ユーロドル・ドル円ということになりますが、執行されているのでどちらにせよリミット・ストップさえ変更しなければ損益も確定していますのでこちらは放置しておき、いつもながらキウイ円を見てみます。毎度毎度同じように分析して、相場が分析と反対に動けば損きりするだけですので、2~3日くらいのトレードならば1時間足で、もう少し長いスパンで見るなら4時間以降のチャートを見ればいいですネ~。
月足R1で叩かれている
バタフリーも売りサイン点灯
temeを割り込み、次は21maだが、ここは23.6%戻しと合致
上記割れは普通に考えると月足61.8、同時に38.2戻しとも合致
144線は61.8%戻しと合致
上記を踏まえて指値は基本的に順張りで、一つ一つ順番にクリアしていけば個人的には満足ですが、欲を書くといけませんので、ライン値幅は40p以上ありますのでデイトレ程度ならばこのライン間の値幅で十分と考えます。
 border=
珍しく週足で見てみますと・・・綺麗な蝶蝶^^完成ですね。だから何?・・・っていうか、赤の200線でサポートされて上昇に転じていると考えるか、今回の下落からほぼ11周期で上下動を繰り返していると考えるか?個人的には86.27までの上昇は下落トレンドの許容範囲ですが、現在値から5円もありますので、ロング保持者は買い増しなどの機会と感じるかもしれませんが、忘れてはいけないのが前回上昇終了時から一気に76.4%戻しまで落ちたことを考えると、目先5円程度の上昇から一気に前回の上昇スタートまで落ちても不思議ではないことは頭に入れておいたほうが良いと感じるんですが・・・
000001
自分の時間と資金を考えてトレードするのが一番いいですので、時間軸によって分析が変わることは今更いうまでもないですけどネ

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月20日 キウイ円 トラックバック:0 コメント:0

来週早々のびたは撃沈か・・・?

おはようございます

本日も本業がありますが、少しゆっくりです^^ まずはドルスイスの1.0143ロングは1.0263リミットで怒涛の短期120pゲット!そして最後の記事タイトルの通りドルスイスはリミットショート1.0263同時にユーロドル1.5725ロング。両方同じ場所での月足フィボナッチ76.4%エントリーとなり、最後はドル円の月足高値ショート。全てにおいて有言実行理由有のドルショートで青く囲ったHarmonicですがこちらも自動で表示されるようですので、パターンの勉強になりますね。終値を見た限りではbutterfly・Harmonic共にシグナル・フィボナッチ数値は全て的数値だと思いました。またしてもドルショート新規持ち越しましたが果たして来週はどうなる事やら・・・? では良い週末をお過ごしください~~~はぁ~今から仕事か・・・^^;
20080419071904.png20080419071907.png
20080419071910.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月19日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:1

本当にロングの出遅れなのか?

久々にドル円・・・出遅れ感いっぱいに感じている人は大勢いると思いますが・・・
分析の仕方はドルスイスと全く同じなんですが・・・
明日の終値を見て週末の分析に励みます~
余談ですが、個人的には最高の売り時に感じていますが^^;
個人的個人的個人的個人的
日足:::
20080418224032.png
4時間:::
20080418224204.png
1時間:::
20080418224317.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月18日 ドル円 トラックバック:0 コメント:0

ユーロドル 4 訂正

そうそうすっかり忘れていましたが、今朝自分でユーロドル天井説を唱えたではないですか!
15分チャートしか見ていませんでしたので、すっかり忘れていました^^;
先ほどのロングは早々に損切りしてしばらく様子を見ようと思います。
4時間チャートでは89線までもう少しでタッチしそうです・・・
20080418205504.png

ここでロングは躊躇していますので日足でもう一度見てみますと・・・
ユーロドルの下落はクロス円に多大な影響を与えますが今週は終値を見た方がよさそうですね
20080418205546.png
ちなみに先日ドルスイスの記事を書きましたが、レンジブレイク指し値61.8%:1.0143ロングが執行されています・・・

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月18日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:2

ユーロドル 3

自身個性が強すぎて閲覧者は大して多くありませんが、全く気にせず日記風に記録を残していますが、先ほどの続きで再びユーロドルです。目下自身が勉強中なのはbutterflyHarmonicなんですが、こちらはフィボナッチに通ずるとても面白い売買方法だと思いますが、現在どのパターンを形成中なのかを探すのが凄く面白いです。本日はユーロドル15分足でデイトレ中ですが、時間軸によって見方は当然違います。そして、butterflyインジケーターそのものは価格の変動によってどんどんずれていきますが、一度出したシグナルは消える事はありません。したがって先ほどのシグナルから更に下落していますのでシグナルはどんどん下のほうにずれていっているのがわかると思いますが、これ事態でトレードしますとポジションからドンドンマイナスになっても最終ポイントまで含み損は増えていくばかりとなってしまいます。その打開策としてはもう一つ自動Harmonic計算が必要となりますが、実はこれも存在していますので、こちらで目安を見極めるのもシグナル依存症を防ぐ一つの手段となります。現在20時時点でユーロドルは下落の真っ只中ですが、自動Harmonicを見ますと、先ほどのウィークリーR1検討中と記事に書いたのはどの数字もフィボナッチ数に当てはまる事が無かったので、本日のS1まで様子を見たところ一応のところフィボナッチ数に当てはまるポイントが1.5821となりましたが、勿論まだまだ下落する事があれば次なる数値は1.272から1.618となるわけですのでもう一段階の下落のリスクは伴う事になります。が! 自身は最初のシグナル数値からの少々の戻り(1.5829)で小さくロングしてみました。正しいかどうかは別として、この2つのインジケーターでの自動計算はとても素晴らしいと感じましたので、紹介記事として自分の資金で実験台としてみました。
20080418201247.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月18日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

ユーロドル 2

もう少し足が伸びるのかと思ったら 15butterflyインジケーターが今度は反転のシグナルを出したのでリミット。所要時間1時間:プラス74p
今度はウィークリーR1ロングを検討中です
ちなみにカクカクしたラインは知り合いに作成してもらったインジケーターです。
20080418190719.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月18日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:1

本日のデイトレ・・・

こんばんは

なんか今週はトレードらしいトレードは殆んどできなかった一週間でしたが、クロス円は上昇の週だったのかな?まぁ、ショート狙いの私は目的値まで下落しないと指し値も執行されませんので仕方ないですネ^^;ならばロングすればよかったジャン!っていう話なんですが、頭の中にロングが無かったのがいけなかったですネ~・・・まだまだ自身は初心者の域を抜けたくらいのレベルのようです・・・でも負けトレードが無いだけいいかな^^

さてぇ~本日最終金曜日無理はできませんが、昨日・今朝に引き続きユーロドルのデイトレでもしようと思うのですが、毎日帰宅時の日課は当然チャートを見ることですが取り急ぎ15butterflyインジケーターに従い成り行きショート中で、目標値は本日のピボットのつもりが15分以内で目標値達成してしまいましたのでもう少し足を伸ばしてみようと思います
20080418182553.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2008年04月18日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。