スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

何処がレジスタンスなのか明確・・・

ユーロドルでのレジスタンスは明確となっている。

15m/1h/4h/日足をみてみましょう。

20120229222646.png20120229222638.png
20120229222652.png20120229222658.png

ね^^

という事は、ブレイクロングと1.3420割れからも戦略の内。

ユーロの崩壊はまだまだ序章! なんて思っているのは自分だけでしょうか・・・

スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月29日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

戦略トレード結果・・・

オージードルドルはデッドクロスされずに上昇していったのでノートレード

ユーロドルドルはブレイククローズで約定は先日の23:30分1.3420。
1.3388まで一気に30分で落ちていき32Pの含み益も、
ストップをイーブンにする前に睡魔に襲われストップはそのまま1.3471執行で
残念ながらマイナス51Pとなってしまいました。

トレードスタイルは同じなのでこのトレードによるストップは仕方ないと思っています。
赤と青のクロスが短期であったというだけの事で、悩む必要も無く他のチャートを探します。

今月も最後という事もあり、明日は月足から戦略を考える事になるので、
良いトレード戦略が見つかったらアップしようと思っています。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月29日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

ユーロドル戦略・・・

ユーロドル戦略:売り

ピンクのトレンドライン割れクローズでスタート
ストップは直近高値1.3461の10p上
リミットは1.3367の今週のピボットで半分利食い、
利食いできたら残りの枚数をストップイーブンにして
800SMAタッチで利食いしようと考えています。
20120228210533.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月28日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

オージードルドル戦略・・・

新規アイデア オージードルドル売り

20120228205551.png

拡大図: 
赤と青がデッドクロスしてその下でプライスがクローズしたらスタートします。
本日約定されたら1.0720がターゲット数値です。
もし約定されなかったら日々利益幅が減少します。
20120228205918.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月28日 オージードル トラックバック:- コメント:-

ユーロドル利食いにポンドドル継続・・・

1.3460(2/24約定)

===================================
1Hでは一応PINバーが発生しているので、トレード参戦ルールに不都合は無い。
フィボナッチはBIG8を利用しているので目標値は1.3419、1.3378
===================================
途中経過の記事はこちら

嬉しい限りの戦略が今週は的中している。
1.3419タッチ後にしっかり1.3378の目標値到達!
その後の戻りはエントリーポイント1.3460と、感無量である。
20120228200913.png

ポンドドルの1.5860売りのストップ100Pで1.5709の160Pを狙いはまだ継続しています。
20120228201033.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月28日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

新規ポンドドル・・・

クロス円はトレードしていませんが、4Hで多々波乱のペアがあります。
ユーロ円・ドル円・ポンド円・オージー円・キウイ円などは、
本日オープン以降全て上ヒゲ発生となっています。
全てがロングの利食いと考えられるほど簡単な物ではないと思っています。
今週は週間ピボットやWS1などに到達するペアが多いのではないかと思っています。

ストレートペアもしっかり反応していますが、唯一対ポンドだけしっくりしていません。

ユーロドル以外に、ポンドドルの動きに今週は注目しようと思います。

チャートは今後大きくどちらかに放れていくと思われます。
その方向がどちらかという事はわかりませんが、個人的には下です。

1.5860のストップ100Pで1.5709の160Pを狙います。
ストップ幅を大きくしましたので、いつもの半分でトレードします。
201202272563954ikjh12400.png

もしこのトレードがうまくいけば、現在のユーロドルポジションは1.3378をブレイクして
1.3313を目指すかもしれませんので、そちらも期待しつつストップをイーブンにします。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月27日 ポンドドル トラックバック:- コメント:-

good trade・・

1.3460(2/24約定)

===================================
1Hでは一応PINバーが発生しているので、トレード参戦ルールに不都合は無い。
フィボナッチはBIG8を利用しているので目標値は1.3419、1.3378
===================================

月曜日にして綺麗に目標値1.3419まで到達して
プラス41Pでスタートした月曜日に狂いはなかった。
最大の戻りがエントリーポイント付近であるがゆえに
利食いは半分にしてもう少し様子を見てみよう。
20120227183247.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月27日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

最後の最後でシグナル点灯・・・

買い買い買いと、ユーロロングを出し続けてきたバックドラフトPROが、
最後の最後で売りのサインを出してきた。
これは、ユーロロングを保有してきたトレーダーは利食いというサイン。
新規参戦してきたトレーダーには逆バリ売りサインという事である。

朝方4時15分にアラートが鳴ったペアはユーロドルのみというのが気になるが、
とりあえずサイン忠実に従うバックドラフトPROでの1.3460売りで週末を終えた。

1Hでは一応PINバーが発生しているので、トレード参戦ルールに不都合は無い。
フィボナッチはBIG8を利用しているので目標値は1.3419、1.3378。

2月27日週のピボットを更新してあるのを上部に反映しているが、
BIG8とピボット数値が合致しているポイントが数点ある事に注目している。

先週ユーロドルとドルスイスは、窓を埋めずに一方的な相場となったが、結構貴重である。
連続でピボット到達しない確率は、ピボット到達確率の半分であるという数値から、
1.33後半までの戻りがあってもおかしくは無いというのが数字上の話である。
1Hチャート上では、1.33後半まで戻る間に62EMAが上昇してきてタッチするだろう。

先週ユーロの上昇で含み益で終えているデイトレーダー等が、月曜日から落ちてくれば
利食いに振り回されて、目先の利食いかイーブン、またはユーロロングの含み損に変身するものと考えている。
その先にあるのは損きりでのユーロ売りということになればあっという間に150P程度落ちても不思議は無い。

自身は既に朝方1.3460ユーロ売りが約定している。
1.3484最高値ブレイク1.35にストップを置いている。
20120225100701.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月25日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

バックドラフトのMoreMoreMore・・・

バックドラフトの連続サイン点灯は、トレンド継続の証となり、
初期のポジションを保有し続けても良し、追加しても良し。
製作者の説明に記載してあるとおりである事が、バックドラフトの凄い所。

今週は自己トレードではスランプだったが、バックドラフトで補っている。

サインが出たポイントと、今週のR1からR2に向かうのはピボットに向かう確率と同じ。
本日だけでも2回ロング点灯しているからには23:55前に1.3441は本日中に到達できるかもしれない。

負の連鎖がおこらないように、自己トレードは控えて、しばらくバックドラフトで雑念を払う^^
20120298750.png



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月24日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

あらら・・・

今週のんびり構えるつもりが既に高値安値更新という事でストップに刺さった。
結局今週自己トレードでは駄目駄目でした。

こんな時バックドラフトは安定しているなぁ~と感心しちゃいます^^;
20120223202040.jpg

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月23日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

織田信長戦略より豊臣秀吉で・・・

織田信長:泣かぬなら殺してしまえホトトギス
豊臣秀吉:泣かぬなら泣かしてしまえホトトギス
徳川家康:泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス

どちらかというと、自身はアクションを待っているので徳川家康派かも・・・

トレンド発生初期
トレンド発生
トレンド収束
レンジ相場

今週月曜日の窓明けスタートで埋めていないのはドルスイスとユーロドルである。
オージー円・オージードルドル・キウイ円・キウイドルドル等は既に窓は閉めている。

窓を閉めずに強力なトレンドが発する材料はギリシャ緩和以外何も無い。

今週はまったり小さいポジションでドルをロングすることにした。
0.9110/1.3240(1/22成り行き)

チャート上逆張りとなりリスクが高いのは承知だが、まだまだ若いチャートの
62線を超えてきた時は面白い事になると感じているので注目だ。
ストップをそれぞれ最安値高値においてのんびり構えて見る。
2012022223255656343212.png



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月22日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

笑っちゃうくらい残念・・・

1.3180(2/17約定)は、ストップ1.3240 マイナス60P
1.3220(2/20約定)は、ストップ1.3286 マイナス66P

20時30分時点で1.3220のエントリー付近まで戻ってきているが、
残念ながらユーロ売りエントリーはストップに刺さり終了した、

しかしトレード戦略としてのポイントは間違いではなかった
このトレードの失敗よりも週間W1からの反転と、
始点とした1.3284とのダブルトップに感動し、
自身のチャートトレードとアリゾナルール、そしてバックドラフトは
まだまだ継続できるトレード手法という事を実感している。

日足はまだ売られてなんぼのチャートトなっているので、
やはり何処かで再び参戦しようと思っている。

今週2連敗からスタートしているので、今夜はトレードせずに
明日以降バックドラフト以外のチャートトレードは控える事にする。

本日は18時からの点灯でNY時間まで落ちていけば最高のできとなっています
20120221204747.png

それ以外の戦略としては、波線クローズのラインタッチでトレードできれば嬉しい。
もし弾かれて再び上昇していったとしても、波線は有効ではないかと今現在思っている。
20120221205131.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月21日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

厳しい状況でも通用する物・・・

1.3180(2/17約定)は、ストップ1.3240 マイナス60P
1.3220(2/20約定)は、ストップ1.3286 継続中

今週は出だしから自己トレードは思わしくない動きとなっている・・・
しかし、FXバックドラフトPROは依然として絶好調!

毎度少し早いチャートトレードエントリーをしているので、
自分のエントリーと逆にシグナルが出てしまうと、ちょっとがっかりします^^;

本日も、窓明け後の戻しと思いきや再びユーロロングのサインが点灯してしまい、
1.3220の本日追加は、違う口座で買いという擬似的両建てとなってしまったのョ・・・
FXバックドラフトPROはやはり素晴らしいという一言で、是非利用していただきたい一品。

下記のユーロドル15Mで、見える部分だけでカウントしてるだけで、
15回シグナルが発生しています。
その内、本日のシグナルを含めて10勝5敗で勝率5割。
この5割は、非常にシビアに感じるかもしれませんが、
シグナル発生時から殆ど30P以内にストップポイントが置かれますし、
利益は第一ポイント到達で既にストップポイントを上回る場所にあるので
5割での損失と利益は7:3程となり、非常に有効なサインとなっています。

流石に週明けのオープン時のサインは安定していないのであてになりませんので、
その時は回避した方が良いのですが、それ以外はアリゾナルール等で補えます
20120220223626764535.png
5M/15M/30M/1H等、好み応じて利用できますが、
個人個人のトレード時間にあった時間軸で十分です。



さて・・・後は、ストップに刺さる事無くFXバックドラフトPROの売りサインが点灯すれば、
月曜日早々の60Pマイナスはあっという間に吹き飛ぶんですけどネ^^;
思うように動かないのもトレード、ストップだけは動かしてはいかんぜョ!

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月20日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

窓明けスタートも・・・

窓明けスタートの日本時間に1.3180(2/17約定)は、
ストップ1.3240まであと少しのところまで上昇している。

しかし、まだ個人的にはユーロは売りという選択は変わらない。
19時スタートで1.3220で追加した。

今週はスタートしたばかりである。

ストップは今週反映された1.3286として、
ピボットブレイクの再び月足ピボットを期待している。

すくなくても、窓を埋めないままユーロが上昇していく材料が無い限り継続
20120220190406.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月20日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

乖離から見るドル相関とは・・・

何処をどう見てトレードに役に立つのかさっぱりわからないが、
ドル円とユーロドルの逆相関が巷のFXブログではまだ存在している・・・

チャートは日足のドル円・ユーロドル・ドルスイスの3ペア
ユーロドルを反転しているので実際はドルユーロという事になる

反転したユーロドルとドル円を見ても相関とは言えないということがわかる。
つまり、元に戻しても逆相関にはほど遠い2ペアであるという事と同時に、
それを利用したデイトレやスキャルでの勝利記事には少々の疑問と矛盾が生じる。
視覚的に見ても、ドル円とドルスイスの相関を見るほうがわかりやすいと思うのだが・・・^^;
20120219102228.png

では、ドルスイスとドル円を見てみるとどうでしょうか?
2008年8月以降乖離はしているものの、一定の距離を保ちながら
2011年8月まで同調しながら下落している。
その3年間は常にドルを売って入れば儲かるという状況である
問題はそこからの円停滞と、スイス売りでのストレート上昇である
乖離幅を見てみると非常に興味深い物があるので下記のチャートを見てください

過去数回大きな乖離値幅を、直近のドルスイス/ドル円であわせてみた
すると、直近を入れて4回ほど合致しているポイントがあるのがわかる
更に、初回の下落トレンドラインを平行に引いて見ると、怖いほどに平行である

それを踏まえた上で過去の動きから推測すると、ここからドルスイスは下に向かい、
尚且つ0.7330を更新していくと綺麗な日足チャートが完成してくるという事だ
期間を探して見たが、100日程度がドルスイスのサイクルのように見える
すると、4月中旬には0.8900割れ、7月には0.78台までいく事になる
20120219104611.png

そうなった場合・・・今度はユーロドルは劇的なユーロ上昇となるのが予測される
全てがギリシャに関係してくると思われるが、フィボナッチで見ても興味津々
ドルスイスの下落からの戻し0.9650付近は1.191前半からの50%戻し、
ユーロドルは1.3180付近が23.6%戻しでペナント発生中ということである。
20120219105911.png

全ては長期的に見た個人的な見解なので、直近のトレードに左右される事は無いが、
上記を加味すると、ドルスイス下落にユーロ上昇というシナリオには、円ロングという付録が付いてくる
そうなると、現在一生懸命円安に向かおうとしている中、夏以降には何故か70円を割れているという事になる

週足・日足トレンドが継続ならば、最終的にはユーロ上昇・円ロングというのが実際のトレンドである
時間軸でのトレード戦略と異なるというのは当たり前の話であるという久々の能書きと分析である

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月19日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

来週の戦略を練る・・・

金曜日のユーロドル戦略はこちら

予約:1.3205/1.3180   ストップ1.3240は、
戻りが弱く61.8%まで戻る事は無かった。
50%戻しの1.3180(2/17約定)で終了している。
日足でのダイバージェンスはまだ継続中で、再度売られやすくなっている。

最近はユーロドルばかりでトレードしているが、わかりやすい動きなので
数日間プラスが継続している。
チャート上では、40P程の含み益で満足しなくてよさそうな雰囲気でもある。

尚且つ来週もピボットスタートという事は値が飛ぶという事だ。
戻れば売るという戦略は日足から成り立っているので、
1Hでの売られすぎでは一旦利食いするのが個人的なトレード。
20120218184309.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月18日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

ユーロドル新規戦略・・・

本日は、1.3005成り行きロングにストップ1.2970。

1.3079までの戻りを狙っている。

そしてそのまま1.3079売り予約でストップ1.3127と
全てフィボナッチ数値とした。
===========-=============

とりあえず、上昇1.3079は利食いできた。
しかし、13079は1.3127のストップに刺さった。
トータルはプラスで終了できたのでこれはこれで満足^^

1Hのダイバージェンスはユーロの急上昇を予測してくれたので、
もういっちょユーロドルで新規売りを予約して見る。

下落フィボナッチの61.8%は1.3200付近である。
半戻しを狙うのと同時に、ダイバージェンスタッチで売り。
つまり、1.3180~1.3205までの間で
サブウィンドウのシグナルに従いユーロを売って見る。
1.3205売り予約は個人的には無条件と考えている。

予約:1.3205/1.3180   ストップ1.3240
20120217191226.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月17日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

ユーロドル月足ピボット到達・・・

ユーロドル1.3000は月足ピボット。

ストップを移動してもう少し保有しようという考えと、
ダイバージェンスの反転戻り示唆との天秤をかけた。

結局本日19時に利食いして、1・3203売り(2/14約定)は
203Pのプラスとして終了した。

日足はまだ下の余裕があるので戻り売りで再び参戦することにした。

本日は、1.3005成り行きロングにストップ1.2970。

1.3079までの戻りを狙っている。

そしてそのまま1.3079売り予約でストップ1.3127と
全てフィボナッチ数値とした。
2012021522021234refd.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月16日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

価格はもっと下落したいと言っている?・・・

ユーロドル 1・3203売り(2/14約定)
ストップ1.3282とトリプルトップにおいて、1.3124リミットとしても1:1。

トレード戦略記事はこちら

先日一気に1.3079まで落ちていったユーロドルをおさらいしてみよう。

トップ1.3282から1.3126で弾かれたポイントは50%戻し
次、先日トップ1.3215から1.3079まで落ちていった戻しは本日76%
全体で見ると、1.3282から1.3079では、先日の1.3203売りは61.8%、
本日の1.3181付近までの戻りは50%となっている。
つまり、フィボナッチ自体1.3283から1.3079で成り立っているといえよう。
したがって本日から新しい展開が予測されると考え、フィボナッチを新しく書き換える事にする。

本日ストップをイーブンとして損失をゼロにしよう。

1Hでトレードに入っているが、日足はダイバージェンス発生中のユーロ売り中である。
もしかしたらユーロの安値はもっと先かもしれない。

もし、価格が最安値1.3079到達前にもう一度1.3180の50%まで戻れば売り増し。
素直に最安値1.3079を割れてしまうのであれば、ストップを1.3100まで
引き下げて103Pの利益を確実な物にしておこう。
2012021522021234refd.png



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月15日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

ドルスイス利食いにユーロドル約定・・・

ドルスイス 0.9165売り リミット0.9145 プラス20P

ドルスイスはユーロドル 1・3203売り(2/14約定)につき20Pで手仕舞いした。
先週168Pの利益があるので(過去記事参照)、ユーロドルトレードには余裕がある。

ストップ1.3282とトリプルトップにおいて、1.3124リミットとしても1:1。
もしストップに刺さってもトータルプラスとなる以上何も怖い物は無いので、
ユーロの行く末を今週はこのままのんびり見る事にする。
20120218795674204735.png




にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月14日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

ドルスイスのダブルトップ・・・

ドルスイス1Hが今週のピボット付近でダブルトップとなっている
更にダイバージェンス進行中となっている
全く昨日のユーロドルと同じ状況のチャートである

見比べると良くわかる状況で、ドルスイスが先日のユーロドルと
同じ動きとなるのであれば、ユーロドルは上昇する。
上昇すれば戻り売りと言う事になり、先ほどの戦略が成り立つ事になる。
現在ポジションが無い分、ドルスイスの動きには注目している。
0.9165でのストップ売りで待機しつつ、ユーロドルの戻りを待つ。
もし、ドルスイスの高値が更新されればユーロドルも安値更新と言う事は当然^^;
201202141815361234565564332.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月14日 ドルスイス トラックバック:- コメント:-

一旦待機のダイバージェンス・・・

1.3283クローズ買い
1.3154クローズ売り

1.3154クローズ時点が売られすぎの反転ダブルボトム(サブウィンドウ)
この状態で素直に売りを仕掛ける事は流石にできない。
一旦戻るのを待ってから、参戦する方がリスクが少ないと感じる。

先日のフィボナッチ1.618の1.3124に限りなく近い本日のユーロ安値は
今後ももう少しこのフィボナッチが利用できると個人的に考えている。
何処まで戻るかわからないが、丁度半分の1.3203で売りの予約をした。
ここまで戻ったときに今度は買われ過ぎとなれば、チャンス到来と言えるのではないか?
今回のエントリー回避と、次回のエントリーでの明らかな差が出ると個人的に嬉しい。
201202141756188567578.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月14日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

ユーロ円をこう見る・・・

ドル円は上昇フラッグ値幅30P、最高値77.79・最安値77.51
この範囲を上下ブレイクした時、最低等倍動くと考える。
すると、78円/77.20円という事となる。

ユーロドルは下落からの反発後、1.3283/1.3154でのダブルトップとなり、
このポイントは下落フィボナッチ76%戻しということで、61.8%を超えた。
つまり、ユーロが再び反転下落するには最低1.3257以下の水準で推移しなくてはいけない。
すると値幅120Pは、1.3403/1.3034という事になる。

ここでユーロドルの1.3034までは相当価格が飛ぶという事になり、
現時点では、明日以降ギリシャ問題が一旦落ち着く事を加味すると遠い価格となる。

ほんでもって、ここでユーロ円という事になる。
単純ドル買いでの78円と1.3034は101.66
単純ドル売りでの77.20円と1.3403は103.47

このポイントはユーロ円上昇起点101.66付近、
チャート上では白のラインをサポートされている限り上昇。
割れるとユーロは売られる事となるのでは無いかという勝手な分析。

つまり、ユーロ円単独戦略というより、クロス円を考える事自体難しい・・・
直接取引しているペアの方がやっぱりわかりやすいと考える。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月13日 ユーロ円 トラックバック:- コメント:-

バックドラフトは今も健在!・・・

2012年位なっても好成績の
FXバックドラフトPROの売買シグナル

2011年 12月1日~12月30日
100勝 10敗 ⇒ 90.91%
ターゲット2以上・・・73(ターゲット達成のうち73%)
シグナル画像①

2012年 1月2日~1月30日
127勝 8敗 ⇒ 勝率94.07%
ターゲット2以上・・・82(ターゲット達成のうち64.56%)
シグナル画像②

2月度 23年2月10日~2月10日
45勝 1敗 ⇒ 勝率97.8%
ターゲット2以上・・・37(ターゲット達成のうち82.22%)
シグナル画像③



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月13日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

ユーロの逆襲までカウントダウン・・・

ユーロドル売り
1.3277(2/8約定)
1.3249(2/10約定)

本日は上昇している。
先日記事にしたフィボナッチ丁度1.3283という綺麗なダブルトップとなった。
もしここを抜けた場合は、急激な上昇となる値幅120Pは1.3403となる。
これは極めてユーロ売り派には危険な状態である。

上記ポジションは1.3255で一旦クローズして-6Pと+22Pの
トータルプラス16Pで手仕舞いすることにする。

と言う事で、臨機応変に戦略を練る事にした。

1.3283クローズ買い
1.3154クローズ売り

おそらくユーロは必ず上下どちらか近々に大きく跳ねる前兆となっている危険なチャートだ!
しかし、波に乗れた時は今週大きな利益となると確信している。
個人的には6:4で上に放れると予測している、上下50Pの1:1で今週は挑む事となる。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月13日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

13日週・・・

ドルカナダ売り
0.9976(2/6約定)
ストップ 1.0030
リミット 0.9921
ドルカナダは残念ながらストップにささり、マイナス54P
次回のトレードチャンスを狙う事にする。



ユーロドル売り
1.3277(2/8約定)
1.3249(2/10約定)
ユーロドルは、最終金曜日のポジションも、戦略通りにうまくいったようだ。
チャートは丁度良い場所で9時間停滞してしまった。
週明けに、このフラッグをどちらに抜けるかによって面白くなる。
と言うのは、終値価格が13日週のピボット付近であるという事は、
1.3292/1.3068のどちらかに到達する事になるであろう。
一つ手前でも1.3236/1.3124タッチはほぼ100%であると確信している。
来週は、下落途中のフラッグの行方に注目していく。
2012021117551212345432423.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月11日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

上も下も価格は決まっている・・・・?

チャートはインフィニティスペースでユーロドル2時間チャートです。

トレンドラインとフィボナッチだけで、インジケーターは全く使用していません。

価格は上にブレイクしたがっているように見えて、実は思うように動いていません。
ペナントから折角上にブレイクしたのに、等倍も上に行く事が全く出来ないのが気になります。
気になると言うか、既に売りを構えているわけですけど^^;

ペナンと安値1.3026からの上昇フィボナッチ23.6~トレードスタートで
ストップ高値クローズで十分なトレードが実現できそうな感じがします。

ストップでの損失は既に利益の範囲内ですのでのんびりしています。

皆さんはどんな戦略を練る事ができるでしょうか?
今月はまだ上旬が終ろうとしていますが、月足ピボットまで
まだまだ先の話ですが、今月どんなトレードが出来るか楽しみです
20120210192051uuu.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月10日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

オージードルドル利食い・・・

ストップ1.09の60Pとして、1.07付近の
ピボットまでの回帰を狙ったトレードは成功した。
元の記事はこちら
1.0694の今週ピボットでリミット。 プラス146P
2012021018072398ui.png

残るユーロドルとドルカナダの2ペアも利益に中で運用でき、
尚且つストップに刺さってもトータル損失はなくなる事となった。

ユーロドル1.3277売り
ドルカナダ0.9976売り
20120210180939.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月10日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

バレンタインキャッシュバック・・・


・全顧客様対象のご入金キャッシュバック!!

  既に口座開設されている方々にも,2月中に:
                   30,000円以上のご入金 → 3,000円キャッシュバック
                   50,000円以上のご入金 → 5,000円キャッシュバック
                   100,000円以上のご入金 → 10,000円キャッシュバック

  ご入金キャッシュバックの期間 : 2月中のご入金(※1)
  キャッシュバック時期     : ご入金を確認次第、FX TROLL口座に反映
  キャッシュバック出金条件   : 300lots以上のお取引(※2)

  ※1.ご入金キャッシュバックは初回入金のみに限ります。
  ※2.Close Position で1lotとカウントします。Open Positionはカウントしません。

・プラス・・・
          2月中のお取引数量に応じて100lots毎に
          プラスαキャッシュバックをプレゼント!



総計 500lots 以上のお取引
総計 600lots 以上のお取引
総計 700lots 以上のお取引
総計 800lots 以上のお取引
総計 900lots 以上のお取引
総計 1000lots 以上のお取引
→  ご入金キャッシュバック、プラス 1,000円
→  ご入金キャッシュバック、プラス 2,000円
→  ご入金キャッシュバック、プラス 3,000円
→  ご入金キャッシュバック、プラス 4,000円
→  ご入金キャッシュバック、プラス 5,000円
→  ご入金キャッシュバック、プラス 6,000円


総計500,000lots以上のお取引
→  ご入金キャッシュバック、プラス 496,000円



キャッシュバックの期間
キャッシュバック時期
キャッシュバック出金条件


 : 2月中のお取引
 : お取引数量を確認後、2ヶ月以内にFX TROLL口座に反映
 : なし

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月09日 証券会社 トラックバック:- コメント:-

トゥーソンフェーズ・・・

価格は一時的な反発にしろ転換にしろ、価格自体が居心地が良い場所に800SMAがある。

2011年11月以来の800SMAタッチは何を意味するのか?

ここからの動向は、ユーロドルにも左右される事になるでしょう。

20120208204910.png

今週ピボット付近でスタートして、丁度R2付近がR2であると言う事は、
1.2150/1.2100到達確率は五分五分。
最大の戻りでも白ライン程度までが限界では無いか・・・
このラインを割れる事になれば、ユーロ売りの継続が成り立つ。
20120208205355.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月08日 ユーロスイス トラックバック:- コメント:-

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。