スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

とある書籍に、相場にはサイクルがあり、80%以上の確率で、その周期の6分の1の誤差の範囲で動く。とあります。

例えば、
20週サイクルなら、17~23週の間に転換点し、8週サイクルなら、7~9週の間に転換する。20日サイクルなら、17~23の間に転換する。

なぁ~んて書籍がありふむふむと見ているわけですが、一番手っ取り早いのはフォーキャストを毎年購入するのが一番早いです。

お手元にない方は、最低でも上記のサイクルを検証してみたらいかがでしょうか?後にバックテストをして見ると興味深いものがあり、巷の噂話に左右されることもないし、チャート分析と相違がある時に見直す事が出来ると思います。

例えば、なんとなく日足チャートで転換した部分を計算してみたユーロドルです。あくまでもなんとなくですが、ZIGZAGインジケーターなどを表示して見るともっと簡単に分かります。ぱっと見ドル円日足の平均サイクルは28日で、その前後1/6は25日~31日の範囲で動くといこととなりますがいかがでしょうか?
20150125215345.png

時間足でも表示でも解釈は同じで、今度はドル円1時間チャートに日本時間に囲いを入れました。ドル円1時間での平均は20時間となり、前後17時間から~23時間という事になり解釈として一番わかりやすいのは、日本ベースで見た場合日本時間の動きを加味したトレードは、オセアニア・欧州・米国時間に殆ど関係なく転換サイクルは上記の通りやってくるという事。つまり、日本時間で動いた方向を欧州時間も引き継いだ場合、0:00基準で見ると13時間後の日本時間17:00~23:00に転換サイクルがあるという事。そうすると指標時間と重なりませんか?日本時間と反対に動いたり、逆にそのまま欧州時間を引き継いで米国が始まろうと、サイクル平均値に誤差はあれど必ず転換はやってきますから、本業がある方でスマホ片手に仕事中にチャートを見たり、帰宅途中や帰宅後すぐにポジションを保有する必要など全くないという事です。ましてや、オープン時間から日本時間が開始するまでの無意味な動きにも参戦する必要もないですね。
20150125222509.png

スポンサーサイト

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月25日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

どのペアも戻り待ち・・・

戻り待ちというのは他のペアでは押し目待ちという事なのですが、どのペアでも問題は無いように思います。自身の戦略はトレードしたいチャートが戻り売りという事で来週の戦略とします。

オージードルドル
週足2008年底値0.6008から0.9407高値は3回目の正直で上方ブレイクした0.9390場所、これはシュワッガーの本にも記載してある代表的なブレイクポイントで買い。そこから上昇後の1.1079最高値からの押しは綺麗に前回の0.9390ブレイクポイントまでという事でサポートレジスタンスとなりました。したがって、フィボナッチチャンネルも引けるという事になりました。その後はフィボナッチ数値の範囲で右往左往しながら下値を切り下げてきたわけですが、実際はこの範囲でデイトレ以外トレードするのは難しかったかと思います。
20150124112652.png

日足での0.9200割れ後フィボナッチチャンネル23.6%割れまで日々安値を更新して結局サポートライン割れ0.8450付近も割れてきました。青のラインが綺麗にはまっている77営業日を終えました。
20150124115331.png

4時間まで来ると直近の戻りがわかりやすく見えます。0.8040までの140P程度の戻り売りが短期トレードで、中期戻しが日足青ラインで、最大の戻しでも0.8400までという事になります。
20150124115900.png



ユーロ円
フィボナッチでの38.2%戻し(押し)で死守できなければ61.8%迄戻す(押し)という話があり、その範囲でトレードするのが一般的となっています。2012年7月の安値94円から高値149.76までの38.2%は128.50という数値なので、ユーロ円が売られる時間はわかりませんが、現時点から350P程度は下値余地が残されています。
20150124120847.png
日足になると下落が大きすぎてわからなくなりそうですが、前項と同じで青のレジスタンスが効いていると思い、赤の範囲がレンジと解釈できます。
20150124121335.png
4時間にして見るとやはり134.70付近がレジスタンスとなり、現時点から200P程度の戻りで再下落か、再びレンジに戻り23.6%戻し136.63付近の攻防に備えるという形になります。
20150124121715.png


来週は、ユーロドル4時間足のPINバー下ひげに注目して、1.1137安値を割れるとPINバー上昇が失敗してユーロドルの安値を更に継続していくこととなり、同時にユーロ円も下落という事になります。ユーロを売るのは当たり前となった以上、何処で売るのかを日々見るだけで、ユーロの戻りを買おうなんていうのは、デイトレ以外で考える必要は全くないという事ですネ。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月24日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

素晴らしきXM・・・

重要なお知らせ: CHFに関する最新情報
大切なお客様、

スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃の決定したことよって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けての暴落の影響は受けていないことをお客様に保証致しますXMは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。当社は、この度のEURCHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の現れとして、こちらのマイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社の評判と強みへのお約束を果たす為に、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、それらのマイナス残高は既にリセットされています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この機会に、FinalCashBack経由でXM口座を開設するのはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月21日 証券会社 トラックバック:- コメント:-

各ペア戦略・・・

相場は混乱状態と言えるのではないでしょうか?
スイスショックから立ち直れないチャートが多々あります。
ドルスイスで言うのであれば、5Mチャートでもちょっと動くと
あっという間に100P程の損益となりますので非常に危険です。


どんな時も冷静な考えでトレードスタイルは乱さないように。
色々考えるよりも、毎度おなじみサポートレジスタンスと
フィボナッチ&ピボットでチャートを見ています。

ドル円
ベースラインは青、短期ラインはレジスタンスピンク、サポートライン赤。
115.84から117.75までの丁度38.2%は中心値でした。
20150119211303.png

ユーロドル
短期で攻める個所が見つからないというのが個人的見解。
基本ベースラインを抜けたら買い、抜けなければ売りでしょ。
20150119211713.png

オージー円
短期トリプルトップを超えるには96.88以上で、
尚且つ、すぐ上にはベースラインが控えています。
20150119212051.png

ドルスイス
直近の0.9129から0.8209でも920Pもありますので、なかなかトレードに参戦できる状態ではありませんが、高値1.0217から安値0.8209までのフィボナッチと短期0.9129から安値0.8209までのフィボナッチは今後有効であると個人的に思っています。急落後からフィボナッチ8分割ではゆっくりラインを切り上げてきているのがわかります。次に急落からのフィボナッチでは本日23.6%まで戻してきています。相場が落ち着いたらやはりドルは買われていくのではないかと思っているので、ユーロドルが落ちている限り上昇の余地は十分すぎるあるのではないかと思っています。
20150119213610.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月19日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

スイスに殺された方多数・・・

皆さん生きていますか?
スイスショックは凄かったですね。

爆死して退場以上に借金を抱えている方がたくさんいて、
その画像まで添付されている方の悲痛な叫びが沢山あります。
数年かけて動く値幅が5分程度で動けば一大事ですね^^;

スイスに手を染めていなかったので自身は無傷です。
逆に、ニュース発表後の急落後の停滞時間に手を出しました。
5Mチャートでも一目盛り100Pもあるので驚きましたが、
ちょこちょこトレードしてみました。

再度急落して値が飛んでしまうのは怖いので、一回だけ4枚^^;
それ以外は1000通貨でトレードしましたが、100P動くのが速い!
さっさと利食いを繰り返してなんだかんだ24トレード。
そのうち5トレードは14日なので実際は19トレード。
馬鹿みたいに連勝が続いて、初めての損失-5779円で終了。
20150116223400.png

自身はまだ生きていますョ^^

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月16日 FX日記 トラックバック:- コメント:-

日足50MAとの不思議なお話し・・

毎月のイベントが終了しましたが、前半上昇・後半下降と乱高下して振り落とされた方や利食いできた方など色々でしょうが、大半は前項の初回の発表上昇で、やはりドルが強い事は間違いないと思い、ドル円ならば120円タッチを本日できると思って再び買いを保有した個人投資家達が沢山いて、その後の118円ミドルまでの急落に追いつく事が出来ずにロスカットや含み損で週を終えているといったオーダー状況が確認できました。

===============
非農業部門雇用者数(NFP)が拡大
失業率は2008年6月以来の低水準
平均時給の伸びが前月比でマイナス
NFPの拡大ペースプラス
===============

自身の先日のトレードは下記の通りでコツコツトレードしていました。
最下部balance/cw-sc-ccの-70000円は出金依頼です。
20150110085522.png

さて、本日は2005年にオンライン講習を受けた時の
【日足と50MAの不思議な関係】のお話し。
超~簡単に言うと、日足に50MAを表示したトレード
20150110091455.png20150110091550.png
まぁ、当然色んな講習を受けている自身にとっては参考にしてくださいという程度で、別に画期的な事でも何でもなくて、トレンドを見るという視点で見ればあてはまっているようにみえるでしょう?っていう感じ。

結局トレード自体、トレンドについていくのが一番楽で簡単であるということでしょうね。上昇なら押し目買い、下降なら戻り売り、ドル円で言うなら押し目買いというスタイルでしょう。

週足・日足は上昇トレンド、4時間では127.84と115.56のペナントの値幅縮小中、1時間では戻っては売り戻っては売りのレジスタンスが切り下がっている状態。大きな流れは上で短期は下という事は押し目買いが確率的に高いのは言うまでもないでしょう。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月10日 FX日記 トラックバック:- コメント:-

のびたのインジケーターとシグナル・・・

のびたのインジケーターはピボットとフィボナッチをMIXした感じです。
FnobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF

* 標準パラメーターは3日間の平均設定です。
* 自身は使用時には当日分として、パラメーター1に変更しています。
* 上記設定ですと、黄色は当日のピボット表示となります。

ピボットスタートの日は上下どちらかに放たれるというのは
ピボットトレーダーなら誰でも知っている事でしょう。
そこで、表示される放れ最大値をフィボナッチで表示してあります。
価格は常に中心値に戻ろうとする性質があります。
この確率はピボット到達確率とほぼ同じです。
したがって、標準パラメーターでの数値でも同じです。

自身は、バックドラフトPROと併用して使用していますが。
したがって、中心値スタート日に発生したシグナルの通りに
トレードをして、利食いをインジケーターにするという感じです。
バックドラフトPROでの利食いポイントでもかまいませんが、
第3ターゲットより、第2ターゲット利食いの方が良いかもしれません。
自身は15Mで使用していますが、5Mでもかまいません。
個人的にはスキャル的な5Mでは早すぎてやりにくいので、
15Mだと余裕を持ってトレードできると思っています。

今年の各ペアを参照してみましょう。

ユーロドル:年末から売れ売れとシグナルが発生しています。
20150106215835.png

オージー円:一発売りのシグナルが点灯してから
次のシグナルまで120Pの利益
20150106220316.png

ユーロ円:怒涛の5連続売りシグナルで、全て第3ターゲットクリア
20150106220604.png

ドル円:年末の買いシグナル持ち越しは、2015年スタート・・・記事の通り、
その後120.70売り予約も記事通りヒットして4連続売りシグナル。
20150106221108.png

色々考えるのは苦手なので、チャートだけみて判断するスタイルは
ブログ開設時から今でも変わっていないのがいいのか悪いのか^^;

さて、人気のあるドル円なんかは上昇トレンドラインとフィボナッチの日足サポート118.69を本日タッチしましたが、NY時間に反発があるでしょうか?119.35まで戻れば叩かれるでしょうか?それとも足をのばして次の目標値117.95まで?はたまた、ここぞとばかりに落ちてくれたと海外勢は思いっきり買ってくるでしょうか?色々考えてもさっぱりわかりません^^; やっぱり自身はシグナル通りと、サポートレジスタンス、フィボナッチでいいや・・・

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月06日 インジケーター トラックバック:- コメント:-

年始から売りシグナル連発・・・

久しぶりにFXバックドラフトPRO記事です。

1/2 1/5 1/6と、年始から3日連続で売りシグナルが点灯しっぱなし。
じゃぁ、売りましょうか^^って感じでラクラクトレード。
20150106184216.png
20150106185610.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月06日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

FinalCashBackでリベートを貰おう・・・

FinalCashBack経由で海外口座を開設し、取引毎リベートを受け取るのは今では当たり前のことです。

自身は、総合部門で第一位に陣取っているXMを利用しています。
XMは、サポート部門第1位を獲得していて非常に充実しています。
海外FX会社格付け部門2位と上位に常にいる優良会社で、
肝心のリベート率第3位と、問題ないでしょう。


新規口座開設方法は、FinalCashBack経由で普通に申請して、
口座認証受付欄にて、申請すれば即リベート対象口座となります。

既に既存の口座を持っていたとしても、追加口座を開設申請で◎


自身実際のリベートは下記のように順当に蓄えていて、既に25万円以上のリベートを受け取って、いつでも受け取れるリベートが11万超あります。トレードに応じてリベートが受け取れるシステムは非常に嬉しいじゃないですか?口座開設1回のキャッシュバックと、毎回のリベートとどちらを選ぶかと言われれば後者ではないでしょうか?
リベート

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月04日 証券会社 トラックバック:- コメント:-

デジャヴから目覚めた時はもう遅い・・・

1/2の動きは殆どあてにならないとはいえ、チャート的には綺麗になった。
時間足で見ると、サポートとレジスタンスが更に明確になっているので、
1/5からの日本時間からの動きが非常に注目されるところでしょう。
チャートパターン的には、ペナント上昇ブレイクで買いという定義。
つまり、121円に乗れば押し目買いからスタートする1月という事になる。
20150103083917.png

もう少し時間を延ばしてみると、レジスタンス突破ができない場合で、
サポートを割れてしまった場合は、121.84-115.55=6.29という数字。
つまり、サポート割れから6円超の下押しが値幅測定上の数値で
例えば、もみ合いが継続すると上昇トレンドラインが迫ってくるので、
120円を割れた場合、113.70円までの押しも決して不思議ではない。
20150103084729.png

113.75? 馬鹿じゃないの!なんて考えもあるかもしれませんが、
サポート割れが120円の場合の113.75からのレジスタンスは115.55。
値幅は1.8円という事ですが、この値幅は高値121.84-1.8=120.04。
つまり、120円割れという数字は心理的節目となる可能性があるという事。

逆に、上昇トレンド中の現時点レジスタンスは121円乗せで、直近121.84。
121円に乗せてから1円程の間で再びレジスタンスがやってくる。
ここを突破できて再び上昇の道を歩むことになるのでしょうが、
上記値幅測定で考えると、121.84ブレイク後の6.29は128円。
その下は、121.84+1.8=123.64で、巷の124円という数字が出てくる。

年末年始と米指標結果良いものは無かったのに短期ドル売りで
値を戻す形がしっかりできているのが非常に危険と解釈しています。
明らかに円を売る行為が偏りすぎというパターンは、歴史を繰り返す。
円を捨て過ぎたときの買い戻しは尋常ではないでしょうね。
130円という予想が蔓延している中、素直に到達する前の押しを
ゲットしなければFXの醍醐味を味わえることはできないでしょう。
株とは違うので、押し目ばかり狙うトレードでは生きてはいけないでしょう。
何処で円売り人種が投げてくるのか日々見ていく2015年が始まります。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月03日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

2015年スタート・・・

本格的には1/5でしょうが、本日1/2から2015年はスタートです。

119.65付近で終値を迎えたドル円は、12:00現在120.30まで上昇
しています。自身はFinalCashBack経由で口座開設しているXM
ですので、本日オープンは現地時間8:00=日本時間15:00迄
何もすることができません。

参照しているチャートはサクソバンクFXですが、XMでの年末クローズが
縦ライン付近で、サクソバンクFXでは下押し119.60付近でクローズです。
通常日でもオープン時間がAM3:00ですから、必要かもしれません。
20150102123050.png

こちらは、15:00迄使えないので、クローズ値は119.85のままです。
サクソバンクFXを参考にすると、赤のラインのような動きで推移し、
120.30付近で12:00を迎えているようですが、年末クローズ前に
119.60付近までの押しがあってサポートされたようです。
この119.60付近でのサポートは、FXバックドラフトPROで、
年末最後の買いシグナルが点灯した場所でした。
下記画像内でエントリーラインがひかれているのがその場所です。
スケベ心で持ち越したシグナル通りの買いが約定されている状態です。
20150102123731.png

年初めの口座は下記で、XMではドル円ロングはマイナススワップです。
マイクロ口座ですから、100買いは10万ドルで、100万ドルではないです。
このまま15:00スタートで120.30付近でスタートした場合、多分含み益が
45P程加算されて120.30×45P=64962円となり、トータル87000円程の
含み益という計算になります。
20150102124500.png

とりあえず、
120.20を割れない限り120.80付近迄の上昇は見込めると解釈
その後はどうなるかわかりませんが、120.70で売り予約中です。
こちらを、利益確定にするかドテンにするかはまだ検討中です。

15:00に120.20以上であれば120.80まで見込める。
上記がクリアできなければ利益確定して119.60で再び予約。
2015年スタートはこんなかんじでしょうか。
20150102130415.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月02日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

| FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。