スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中間ポイント1.6734・・・

他のペアはそれなりの戦略での参戦をしている中
ポンドスイスだけ調子が出なく、先日のポジもイーブンで
結局朝の30pマイナスだけ残ってしまうと言う結果です

とは言っても、個人的にチャートは上昇への準備と解釈している
再び現在の50パーセントジャスト1.6734ロングで参戦!

赤・青・白と、段階を経て緩やかな上昇を期待しつつ最安値ストップで待機
20090922092313.png
このペア自体のこだわりは別に無いが、ポンドルショート利益があってこその^^;

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年09月22日 ポンドスイス トラックバック:0 コメント:0

<< ここまで来れば安心ストレート・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ポンド売りにポンド買い、最後はドル買い・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。