スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ポンドは復活しているのか?・・・

めったにテクニカルインジケーターは見ないんですけど・・・

ポンドが元気な週である事は決定的であるのは事実・・・

しかし、ここ最近という話になるとやはり日足で見るとこうなる・・・

ポンドオージー 600p上昇といえど既に3ヶ月間の下落調整とも見れる
ポンドスイス やはり600弱の上昇だが、高値から38.2も戻ってはいない
ポンドカナダ 1100pほど上昇しているが、それでも高値からやっと38.2である
ポンドドル やはり対ドルが一番厄介なペアなんだろうか・・・上下入り乱れながら
高値を超えそうで超えない、トレンドラインが引けそうで引けない
上昇は100戻して下落も100戻す・・・本当に問題児である

復活の兆しと考え仕込む事も戦略の内と考える事もできるし、
戻り売りチャンスを伺うということも考える事はできる

何がきっかけで変化が起こるかわからないが、一応まだ日足では下落中である
20091022224015.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年10月22日 ポンド トラックバック:0 コメント:0

<< ポンドは復活しているのか? 2・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ユーロポンド 2 もうチョイ・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。