スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ポンドは復活しているのか? 2・・・

一夜明けて昨日のチャートを1Hで見るとかなり熱い相場となっている
もしかすると、今週の上昇分は帳消しになるのではないかと言うくらいです

出遅れているのは対カナダであり、今後の注目ペアでもあり、
スイス・オージー・ドルも元気良く下落している最中ですネ

問題はここからということになるのですが、先日の考えに変更は無い
対ドルで全てにおいてドル売りと言う固定観念では参戦していない以上
ポンドはまだショートであり、売るべきペアである事を念頭に置く
ひとまずは、雲とやらに弾かれている以上心配はないのではないか・・・
20091023194028.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年10月23日 ポンド トラックバック:0 コメント:0

<< ドルよりユーロとポンドに注目・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ポンドは復活しているのか?・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。