スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

実体を探せ・・・

下記はユーロドル日足で、実体部分だけを表示しているMT4である
フィボナッチは月足ベースで引いている物であり、十分参考になるラインでもある

散々上昇してきて23日以降から調整になっていると結果的にわかるチャートです
偶然を偶然と終わらせる事はできない見事な38.2~61.8範囲内での推移です
1.4840~1.4700の140pをどちらかにブレイクしていく事でこのチャートは
新しい展開となるであろう。
実体部分がインサイドバーであると同時に上下ヒゲを加えても
同じ状況であると言う事は、年末にかけて大きな動きが期待できる
目先は11月第一週のイベントで波乱が起きるという危険でもあり
期待でもあるブレイク待ちの典型的もフラッグであると言う事は念頭に入れよう
20091031123850.png
個人的には1.47ブレイクでの大きな期待1.32として次は1.42
目先は1.46割れからの1.618倍1.41~1.42と考えている
上は1.50ミドル定着以降から考えても全然遅くないと考えています

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年10月31日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

<< 11月のポイントは第一週から始まる・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 欲はあるけどなかなかねぇ・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。