スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

11月のポイントは第一週から始まる・・・

チャートとボイドタイム、そして経済指標というセットで各ペアを見ると
大変興味深いのではないでしょうか?

【ボイドタイムとは?】
新しく戦略、計画、予想をたてない。
ボイド時間帯になると普段と変わったことをしたくなるので特に自重する


11月1日 22時29分 ~ 2009年11月2日 09時45 分

11月3日

豪AiG製造業指数 2009年10月  ( AiG 8:30 )
香港小売売上高 2009年9月  ( 香港当局 17:30 )
米ISM景況指数-製造業2009年10月  ( 米ISM 24:00 )
米建設支出(建設着工件数) 2009年9月  ( 米商務省 24:00 )

11月4日
11月4日 03時04分 ~   13時54 分

★この日のボイドタイムは、オーストラリア関連の情報で価格が動きそうです

豪AiGサービス業指数 2009年10月  ( AiG 7:30 )
豪住宅建設許可件数 2009年9月  ( 豪連邦統計局 9:30 )
豪小売売上高 2009年9月  ( 豪連邦統計局 9:30 )
 

英中銀金融政策委員会  ( BOE 17:30 )
ユーロ圏生産者物価指数 2009年9月  ( EU統計局 19:00 )
米MBA住宅ローン申請指数  ( MBA 21:00 )
米ADP雇用統計 2009年10月分  ( ADP 21:15 )
米ISM景況指数-非製造業2009年10月  ( 米ISM 24:00 )
米FOMC-連邦公開市場委員会  ( FRB 28:15 )

11月5日

★この日に大きく価格が動く事は避けられない状況となっています
ボイドタイム的には、この日に動いた方向が翌日のボイドタイムで
更に加速するか、戻ると言う動きになると考えられています
その時間は4時間程度となっていますが、良いポジションを保有して
もし反転すると言う事になっても触らないと言う事と、その逆で
同じ方向に加速していくのであればそれはそれで嬉しいと言う事になります

NZ雇用統計 2009年7-9月  ( NZ統計局 6:45 )
豪貿易収支 2009年9月  ( 豪連邦統計局 9:30 )
スイス消費者物価指数 2009年10月  ( 連邦統計局 16:15 )
ECB-欧州中央銀行理事会  ( ECB 17:00 )
英中銀金融政策委員会  ( BOE 17:30 )
英鉱工業生産指数 2009年9月  ( 英国立統計局 18:30 )
英製造業生産指数 2009年9月  ( 英国立統計局 18:30 )
ユーロ圏小売売上高指数 2009年9月  ( EU統計局 19:00 )
英政策金利発表  ( BOE 21:00 )
ECB政策金利発表  ( ECB 21:45 )
米新規失業保険申請件数  ( 米労働省 22:30 )
米労働生産性2009年7-9月期速報  ( 米労働省 22:30 )
カナダIvey購買部協会指数 2009年10月  ( PMAC・RISB 24:00 )
米マネーサプライ  ( FRB 30:30 )
米マネタリーベース  ( FRB 30:30 )
 


11月6日 12時47分 ~   16時43 分
=============================

そのほかの11月分
11月8日 07時26分 ~   19時24 分
11月10日 11時43分 ~   22時31 分
11月12日 16時12分 ~ 2009年11月13日 02時24 分
11月14日 20時10分 ~ 2009年11月15日 07時25 分
11月17日 04時14分 ~   14時22 分
11月19日 11時45分 ~ 2009年11月20日 00時02 分
11月22日 12時04分 ~   12時12 分
11月24日 12時36分 ~ 2009年11月25日 01時08 分
11月26日 23時17分 ~ 2009年11月27日 12時11 分
11月29日 08時32分 ~   19時35 分


週足のひげにベースラインを引いて日足で見てみました

今年の3月から上昇局面になっているユーロドルの押し目は4月におこっている
しかし、4月からの局面にはまだ一回も押し目は発生していないのは事実です
20091031171530.png

ドル円に関しては、前回値幅観測的ドルの最後・・・の記事通りで
チャートは前回の進行形でもあり何も手を加えているわけでもないです
妥当な下落で当たり前の下落、そして当然の下落で値幅観測的にも妥当

20091031172311.png

・・・そういえば、ユーロドルとドル円は逆相関なんていう話まだあるんですネ・・・^^;
時々同調して動くドル円と、限りなく逆相関のドルスイスを見て、ユーロドルの損益を
ドル円でカバーするような話は神の域にいる素晴らしい裁量トレーダーでしょう・・・
20091031173858.png

今回スワップランキングトップの
フォーランドフォレックスで利用しても
特にドル円との併用でメリットを発見する事もできませんでした
ユーロドルで利用するにはドル円ではなくドルスイスですネ

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年10月31日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

<< チャート分析に迫るDRV分析・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 実体を探せ・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。