スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日足ドル円記事も継続・・・

値幅観測的ドルの最後・・・の記事から約一ヶ月過ぎようとしています

9月頃から記事をコンスタントに書いている初回はこちら

ほぼ、どのカテゴリも記事の続きと言うスタイルをとっていると

過去を振り返るのにとても便利であり、矛盾のかけらも一切無いこと・・・

2番底騒ぎが更に加熱する前に売りに拘り、値幅測定での価格はもっと下である

本日までの動きは6月の下落幅とほぼ似ていることから

更に下を目指すと86円程度は普通の出来事となる

チャートもずっと同じで前回の続きどぇす!

94.35と言う数値ものんびりしているともう少しで600pとなるのか・・・^^

直近88円割れが確定するとギアチェンジも視野に入れなくてはいけない

嬉しい悲鳴と変化するのか、それとも復活の狼煙を上げるのか?

前者と考えているのは自身だけでしょうか?
20091120065706.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年11月20日 ドル円 トラックバック:0 コメント:0

<< ODL Japanアナリスト 水谷文雄・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ユーロスイスその後 終了・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。