スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

カナダロングそろそろ 3・・・

その時が来れば次回面白い記事を書こうと考えていますが・・・果たして^^;
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その時が来る前に、超~目先の61.8%というのは黄色付近で1.0535付近である
この数値の実際は1.0539付近と言う事で、ほぼ想定内だった事に満足しているのよネ

久々にテクニカル風なインジケーターなどを加えて見ました
こんな物を信頼するかしないかは別として、Butterflyですぅ
事後に繁栄されるものとしては固定なのでちょいと好きなんですが
昨日の記事での61.8%ポイントでは既に売りサインは点灯しっぱなしです
見ているチャートが4Hですので、他の時間軸では少し異なる場所で発生しています
本日の戻りも、なんとなく価格範囲で記していたゾーンで収まっています
何もすることがありませんので、適当な記事を書いていますけどネ~
とりあえずカナダロング派には白をチェックして、カナダショート派には赤チェックでしょうか?
20091124220803.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年11月24日 ドルカナダ トラックバック:0 コメント:0

<< カナダロングそろそろ 4・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | キウイドルドル 2・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。