スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

カナダロングそろそろ 4・・・

こんばんは

一つのペアを追いかていくという固執しているような記事ですが
全て現在進行形であり、当然嘘もつけないと言うのが自身のブログ・・・

カナダロングをそろそろ 2・・・での、面白い記事というのがかける時期かなぁ~なんて^^;

特に変わった事などはありませんが、フィボナッチを高値安値でアプライしてどうのこうの~
そんな決まりなどは、ランダム相場に意味が無いと言うことをあえて定義付けしたところで、
もし、思ったように価格が動いていると信仰心で使用していたとしても自身には関係ないのよネ

とりあえずぅ~昨日チェックした白ポイントを割れたと言う事実がある以上
こんなアプライもあるのよ~って感じでブレイクポイントで青フィボナッチを追加!
これは、既に自身の中では通常の作業ですが面白いのがそのポイントなのよネ
昨日提示したButterflyでのポイントから、黄色割れと提示したラインにアプライすると
なんと!1.382は10月からの上昇61.8戻しと合致!
ということは・・・一旦サポートされる事を加味した上でも、次回の期待値は1.0340付近
さぁ! 皆さんはこれをどのように考えるでしょうか?
フィボナッチの定義は存在しても、使用定義は存在していないと言う考えもあり?では?
20091125203701.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2009年11月25日 ドルカナダ トラックバック:0 コメント:0

<< 【相棒】を見る余裕が無いトレードはしないのよネ~亀山君・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | カナダロングそろそろ 3・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。