スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

殺意を持って米国売り・・・

昨日がどうであれ、終始ドルを売る事を念頭に置き

何処で入ってもいいかなぁなんてのんきに構える

トレンドラインなどは固定ではないからこそ面白い

前回中途半端で戻ったように見えても38.2は戻した

今回も最低38.2戻しの価格は月足R1と同値1.4344

またしてもユーロに軍配が上がらないのであれば月足ピボットで終了

元気なユーロを再び拝むには1.4350付近までの復活が見たい

個人的には日足で本日2目となるので、昨日の安値を割れないのであれば

1.3850割れ確定までユーロロングで責めてみる
20100203092130.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2010年02月03日 ユーロドル トラックバック:0 コメント:0

<< しぶといドルの弱点・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 元気な下落には罠があるかも・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。