スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

弓なり相場の行末 2・・・

1.57後半~1.58後半と段階を経ていくのを期待中

当然ピボットより下で推移していくのであればしばし休戦
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上にブレイクしました!
なんて報告は後日談と言う考えも以前と変わらず
1.57後半をキープしている限りは安心で
ウィークリーピボット以下にならない限り遂行
ポンドを買うと言うリスクは少しずつ軽減されている

このままラウンドボトムを形成していくようですと、
いつポンドロングを仕込むかわからないまま
価格は上昇していくことになる

ちなみに・・・
1・60後半付近までこの状態で推移すると完成となり
その時価格は今現在より300p以上上でのポジションとなる

冒険でも期待値でも、利益になれば何でもよいが・・・^^;
20100217121617.png
 

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2010年02月17日 ポンドドル トラックバック:0 コメント:0

<< カナダロングは好調・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 弓なり相場の行く末・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。