スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

割れないドルカナダのツボ・・・

どのチャートも急激な動きの後に急激な戻しとなっています

どんな動きであろうと、キウイロングを貫く姿勢に変更はなし

その中で唯一個人的な注目ペアはドルカナダであり、今後の期待値大!

5/6の高値1.0737付近から1.04までの動きはフィボナッチ50%の攻防戦

つまり、1.04割れでのオープンを迎えるような動きには

1.05ブレイクまでは許容範囲での1.01までのスィング

っ~か・・・どんどん月曜日からカナダロングを構える考えでの

話であり、200pも抜きで給料3カ月分!なんて考えだけど^^;

まぁ度の平均値で月給なのかは個人個人違うでしょうけど・・・

話半分、カナダロング推進派の話です

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2010年05月09日 ドルカナダ トラックバック:0 コメント:0

<< ダントツのスプレッドを見逃すな | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | フォーランドオンライン >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。