スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

オージードルドルが面白い・・・

今週もクリック証券情報で相場状況確認

チャートはクリック証券のもので、先週終値で日足参照
しぶとい場所は何処だぁ~って探すと超簡単
20100613135411.png
ほんでもって、本日4時現在のチャートはこちら
0.86ミドル付近は2月5日時点での終値付近であり
ここを抜けると上昇期待値が高まりますが、
レジスタンスとなれば弾かれると言う当たり前の解釈
20100615041530.png
MT4で、久々のGMMAチャートで参照しつつ週間ピボット、残りは毎度の1H144線
気になるポイントは、144線ブレイククローズ値と、今回の上昇値幅が合致しているところ
このようなチャートの場合、1Hでの上昇トレンドに固執すると
高値ロング安値売りをしちゃうのネ・・・
20100615043325.png
こんな時は、素直にピボットトレードと言うのが自己スタイル
どのスパンであっても、ピボット到達確率は同じならばR1売りは必然



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2010年06月15日 オージードル トラックバック:0 コメント:1

<< 何処のチャートも同じ事・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 色んな61.8パーセント 2・・・ >>

このコメントは管理者の承認待ちです

2010年06月20日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。