スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ピボット到達確率・・・

ピボット到達確率から今週を見て見る

ユーロドル○  
ドルスイス× → スイス売り
ポンドドル○ 
キウイドルドル× → ドル売り
オージードルドル× → ドル売り
ドルカナダ× → ドル買い
オージースイス× → スイス売り
ポンドスイス× → スイス売り

ベクトルの意味は、~になればピボット到達になると言う意味ですが、
ドル売りスイス売りになるとピボット到達になるであろうと言う矛盾な関係となっている
ほんでもって、対象のドルスイスは前半ドル売りで、後半スイス売りとなって
現在今週の下落(ドル売り)から半分戻している状態です

・・・と言う事で、毎度の1H144線からトレードに入る
安値を割れない場所からフィボナッチを引くと、0.7444がキーポイント
トレンドラインとの攻防となるでしょうから、ブレイククローズには付いて行く、
手始めに21MAでの下割れにストップを置き、0.7381からスタート
ちなみに今週のピボットは0.7730付近だが、流石に400Pも上昇するとは思えない^^;
0.73割れで撤退する構えで望む

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2011年08月11日 多通貨テクニカル トラックバック:0 コメント:0

<< 確率とは・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 8/9結果・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。