スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

現在を見る・今を見る・今後を見る・・・

上昇を青、下降を赤にしてMT4をカスタマイズしても、
個人的な気分の問題で、トレード上全く意味を持たない

貴方はプライスアクショントレーダーですか?
ならば、バーチャートでも良いのでは?

ローソク足とは、目的時間軸のHLCを表示するるだけですから、
平均足とは、全く違う物ですネ 

右がローソク足、左が平均足ですが、上昇ポイントである十字線は
ローソク足で発見できるので、次のローソクで仕掛けることが出来ますが
それ以外はこの時間軸での実際の価格変動を上下赤青にしているだけすから
何の示唆もシグナルも、兆候も見ることは出来ません

平均線は、トレンド転換であろうと思われるポイントが
ローソク足より一本遅れていますが、ここで騙しが一本減ります
20111023102304.png

NEWタイプ平均足ではどのような表示になるのか見て見ると、
上記ローソクと平均足がミックスされ、転換ポイントと思われる場所は
ピンク色で表示されているのがわかると思います
このポイントで、先週のようにフィボナッチをアプライして
1.3885の利食いが成功しましたが、更に早朝1.3820付近で
戻り終了のサインも発生していたようです。
20111023103123.png

このNEWタイプ平均足か・ら・の~
FXバックドラフト理論と言う事になるわけです


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2011年10月23日 バックドラフト トラックバック:0 コメント:1

<< 好きな時間軸で攻めればよい・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 充実の一週間・・・ >>

このコメントは管理者の承認待ちです

2011年10月23日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。