スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PremiaX&SpeedXとProを見比べよう・・・

バックドラフト初期配布PremiaXとSpeedXでは、多少SpeedXの方がシグナルが早く発生するが
基本的な売買示唆の方向に変化はありませんので、どちらを使用してもマルです。
当初からドテン売買では無いと言う事は常に言ってきましたので、
ポジションを保有した後の利食いは裁量となっていました。

おそらく、バックドラフトを保有している方達のなかにはシグナル点灯後の保有ポジションの
含み益に満足して、利食いをしないで保有していたり、ストップを移動しなかったり、
一回のトレード枚数が資金の限度を超えたりしていませんか?

もしそのようなトレードをまだしているなら非常に勿体無いです
いくら良い物を利用したとしても、コントロールできなければ意味はなくなります

ハイレバ取引は既にできる状況じゃない事は誰でも承知ですが、
1万ドル5万円の証拠金が必要なポンドを、50万入金で5万ドル取引をしているようじゃ
これは奈落の底へ落ちていく序章となってしまいます
他のペアであっても大体のトレード枚数は資金量によって変わります

現在レバレッジは25倍となっていますので、
50万円=1万ドル
100万=3万ドル
500万=15万ドル
1000万=30万ドル
こんな感じでは無いでしょうか?

さて、SpeedXでのユーロドル1Hシグナルを見ると、今月に入り売り9回買い4回となり
圧倒的にユーロ売り優勢となっていますネ。
下記には縮尺として添付していますが、値幅は十分取れるシグナルが発生して
後は適度な利食いが必要だった事がチャートで見る事ができます。
20111120164822.png

では、、バックドラフトProではどうでしょうか?
吟味されているのが如実に現れているので、売り3回買い2回と少な目です
このチャートだけを見ると、単体シグナルですとPremiaXかSpeedXのほうがよい様に見えます。
20111120165232.png

PremiaXとSpeedX、バックドラフトProを同時に見る事はとても良い事と思います
例えばPremiaXかSpeedXを長い時間軸で見て、バックドラフトProで分チャートトレード等

自身は5M・10M・15M・30Mを見ていますが、10M/15Mがなかなか良いパフォーマンスとなっています
但し、単体での使用をすることは無いので、30M/1HでのSpeedXも同時参照しています

また新しい週が始まります

今週も、バックドラフトProで利益を出していきましょう

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2011年11月20日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

<< シグナルを携帯に送ってもらおう・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | バックドラフトをとことん使い倒そう・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。