スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

長い時間軸の方が良いに決まっている・・・

同じようなご質問が複数ありますので、週末という事でお答えします。

結論から入ります

① トレードスタイルを変更したわけではない
② 商材アフェリエイターに転向したわけではない
③ 【FXバックドラフトPRO】以外で今まで記事を書いた事は殆どありません
④ 記事中に表示しているnobita~と言うインジケーターは提供していません
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



分足→時間足→日足→週足→月足
この順番では、左から難しい→簡単となっているのは当たり前である
今までは(今でも)1Hからチャートを追いかけてトレードしています。
先週の1H【FXバックドラフトPRO】シグナルは火曜日のロング、金曜日のショートでした。
したがって、以前から何度も記事にしている通り、
nobitaPivot_nD_HL_MTFからnobitaPivot_nD_ExFib_MTFまで放れた場合は
再びnobitaPivot_nD_HL_MTF黄色まで24時間程度で戻る習性がある。

ですから、短時間軸でも逆張りになるトレードはしないし、【FXバックドラフトPRO】にも固執していません。
20111203181832.png


商材アフェリエイターなんてとんでもない!
そこまでブログに何かを求める事はしていないし、ブログ初期からトレード日記です。
【FXバックドラフトPRO】は、今まで続けてきたトレードの後押しとして自分で確認できる
一品となっているので、トレードした方向にシグナルが出ると嬉しい。
逆に、こうなればトレードに入ろうと考えていた時にシグナルが出ると嬉しい。
ただそれだけの事です


基本的に商材記事を書くこともないし、買う事もありません。
【FXバックドラフトPRO】は自分のトレード幅が広がると思い買って見ました。


現在使用しているMT4インジケーターです
・K-FX-BACKDRAFT_PRO_V3(販売)
・23Signal Price-v1(無料)
・nobitaPivot_nD_HL_MTF(非買)
・nobitaPivot_nD_ExFib_MTF(非買)

・nobitaNR7(無料)
・K-Heikinashi(無料)
・JPN_Time_Sub(無料)
インジケーターはサイトに腐るほどありますので、自分で探すのが良い。
ただ、インジケーター売買での常勝を期待しているのであれば誤解である。
そこらへんは散々過去に記事にしていたので書きません。
ですから、自分でプログラマーに依頼作成してもらった物を、
こうすれば儲かる!とか、ここで売買すれば良い!なんてするはずは無い。
2000近くインジケーターはありますが、皆さんはどれが有効と感じるでしょうか?
見方によっては、全て有効で常勝できているように見える事でしょう。
ここら辺も、もう言い飽きたので排除します。

さて、下記4つの時間軸を参考にして来週のトレードの戦略をたてる。
これも毎週末今まで続けてきている事です。

見ての通り、nobitaPivot_nD_HL_MTF黄色の放れから再び戻って終値を迎えています。
月曜日の更新を見ないとはっきりわかりませんが、黄色付近での価格推移は待機です。
トレードに入るのであれば、せめてトレンドラインは意識するところです。
このような時は三本ライン内での逆張りデイトレ短期ならばスキル次第で勝利できます。
20111203184718.png
目先に青ラインブレイクのように見えるのを見極めてからトレードに入ります



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2011年12月03日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

<< FRBのMBS買い入れを予想・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 醍醐味を味わえるか・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。