スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

セミナー 移動平均線・MACD・・・

第1回は最もポピュラーで古くからある移動平均線です。

トレンドの方向性を見る物であり、どちらに動くという物ではない
一般的には、平均値=n日間の終値で表示している物

移動平均線の下にもぐれば下、またはその逆
価格が上昇し、移動平均線が下・・・これは転換期か?
価格が下降し、移動平均線が上・・・これは転換期か?

n日間と見比べるのにもう一つn日間を付け加えて見る
そこでもう一度本当に転換線なのか否か考えて見る

移動平均戦場では、トレンドとは全ての移動平均線より価格が上・下に行くこと。
しかし、全ての移動平均線とはどの期間のもを言うのか?
定番の21・89・200??? それは日足のみの使用例か?

疑問は解決するまで疑問であり、負の連鎖が起きることになります
初心者にありがちな間違いは難でしょうか?

学ばざる物はポジポジ病と撤退予備軍であるという事は念頭におきましょう

151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー


第二回はMACD
MACDは、トレンドの変化を見る事ができるので環境認識がよりカンタンになり、
エントリーとエグジットのサインに使えます。

ほんとに利益を上げている投資家が見ているモノは、日々相場が上がった、
あるいは下がったという事ではなく、相場の中で優位性が高くなるポイントです

2本の移動平均線の差を見て動きを探るという間隔で挑みます
直近の値動きを重要視しているわけですから、方向性を見る視覚的な物です

移動平均線が絡むと、短期が早くて長期はゆっくりというのは当然です
短期と長期の差はn日間の違いにより大分異なるのも当然の事です
13日と200日を比べて5Mトレードなど出来ませんよね^^;

学ばざる物はギャンブルの域を超えることは無く、利益を全て投じて撤退する事となる

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2011年12月28日 無料テクニカル動画セミナー トラックバック:- コメント:-

<< 先日の動きを読めたのはどれだ・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | トレード向きじゃない日・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。