スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ユーロドルで喰う2・・・

今年一発目の週が終了しましたが、数値的にはどのようになるでしょう?
何処からどう見ても上のヒゲの方が長い売り相場であった事が見れます。

週足ピボット的には1.2830までの戻り100P以上あるという事を念頭に置きます
これは、月足カマリリャのS2と重なるので、到達後1.2891のS1、
またはフィボナッチ50%の1.2886までは戻れる確立があるということです

しかし、その前に週間フィボナッチとカマリリャの重なる1.2757、
または、フィボナッチ23.6%の1.2786を超えられるかに注目です





にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年01月08日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

<< 【無料】テクニカル動画セミナー第12回・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 野川徹さんの無料動画講座が何故ヤバいのか・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。