スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

正しく負けたつもりではいるが・・・

先日の1.2900は37Pのマイナスとなった。

本日1.2982のR2まで上昇したユーロドルを、
ピボットトレードでR1までの回帰をトレードしている

なぁんて言いたい所だが、そんなにうまく注文をしていなかった^^;

ユーロドルチャートは上昇するにはまだ若いと思っているので、
ユーロドル戻り売りの考え方に依然変更はない。

素晴らしいほどのロブ・ブッカー手法が的中しているチャートである。
1HでのEMAレジスタンスは有効、現在上下の板ばさみ状態で
再び戻ってくればだんだんペナント化してくるのは間違いない。
相場はまだ若いだけに先日の損失は無駄になることは無いと考えている。
ダイバージェンス初期が発動しているので、戻れば再び参戦する。
1.2980~1.2880の100P内では、デイトレしかないので、
週末金曜日は、値幅収縮かブレイクを待って、時が来なければ来週でも遅くない
876543245678trf.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年01月20日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

<< トレンドの強さは何処にあるのか・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | バックドラフトは健在・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。