スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

13日週・・・

ドルカナダ売り
0.9976(2/6約定)
ストップ 1.0030
リミット 0.9921
ドルカナダは残念ながらストップにささり、マイナス54P
次回のトレードチャンスを狙う事にする。



ユーロドル売り
1.3277(2/8約定)
1.3249(2/10約定)
ユーロドルは、最終金曜日のポジションも、戦略通りにうまくいったようだ。
チャートは丁度良い場所で9時間停滞してしまった。
週明けに、このフラッグをどちらに抜けるかによって面白くなる。
と言うのは、終値価格が13日週のピボット付近であるという事は、
1.3292/1.3068のどちらかに到達する事になるであろう。
一つ手前でも1.3236/1.3124タッチはほぼ100%であると確信している。
来週は、下落途中のフラッグの行方に注目していく。
2012021117551212345432423.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月11日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< ユーロの逆襲までカウントダウン・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 上も下も価格は決まっている・・・・? >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。