スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ドルスイスのダブルトップ・・・

ドルスイス1Hが今週のピボット付近でダブルトップとなっている
更にダイバージェンス進行中となっている
全く昨日のユーロドルと同じ状況のチャートである

見比べると良くわかる状況で、ドルスイスが先日のユーロドルと
同じ動きとなるのであれば、ユーロドルは上昇する。
上昇すれば戻り売りと言う事になり、先ほどの戦略が成り立つ事になる。
現在ポジションが無い分、ドルスイスの動きには注目している。
0.9165でのストップ売りで待機しつつ、ユーロドルの戻りを待つ。
もし、ドルスイスの高値が更新されればユーロドルも安値更新と言う事は当然^^;
201202141815361234565564332.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月14日 ドルスイス トラックバック:- コメント:-

<< ドルスイス利食いにユーロドル約定・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 一旦待機のダイバージェンス・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。