スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最後の最後でシグナル点灯・・・

買い買い買いと、ユーロロングを出し続けてきたバックドラフトPROが、
最後の最後で売りのサインを出してきた。
これは、ユーロロングを保有してきたトレーダーは利食いというサイン。
新規参戦してきたトレーダーには逆バリ売りサインという事である。

朝方4時15分にアラートが鳴ったペアはユーロドルのみというのが気になるが、
とりあえずサイン忠実に従うバックドラフトPROでの1.3460売りで週末を終えた。

1Hでは一応PINバーが発生しているので、トレード参戦ルールに不都合は無い。
フィボナッチはBIG8を利用しているので目標値は1.3419、1.3378。

2月27日週のピボットを更新してあるのを上部に反映しているが、
BIG8とピボット数値が合致しているポイントが数点ある事に注目している。

先週ユーロドルとドルスイスは、窓を埋めずに一方的な相場となったが、結構貴重である。
連続でピボット到達しない確率は、ピボット到達確率の半分であるという数値から、
1.33後半までの戻りがあってもおかしくは無いというのが数字上の話である。
1Hチャート上では、1.33後半まで戻る間に62EMAが上昇してきてタッチするだろう。

先週ユーロの上昇で含み益で終えているデイトレーダー等が、月曜日から落ちてくれば
利食いに振り回されて、目先の利食いかイーブン、またはユーロロングの含み損に変身するものと考えている。
その先にあるのは損きりでのユーロ売りということになればあっという間に150P程度落ちても不思議は無い。

自身は既に朝方1.3460ユーロ売りが約定している。
1.3484最高値ブレイク1.35にストップを置いている。
20120225100701.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年02月25日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

<< good trade・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | バックドラフトのMoreMoreMore・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。