スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

勿体無いお化けとの格闘・・・

自分のトレードスタイルを崩す必要は無かった。

キウイ円売りは40Pのマイナスで諦めたが、結果的には下落での終値で勿体無い。

商いの薄い中一気に下落して言ったクロス円に乗る事ができなかったという以前に、
既に売りのポジションを保有していたのをクローズした事に後悔をしている。

商いが薄い中価格が大きく動いてしまった以上、来週は売れば上がり、買えば下がるという
篩にかけられる可能性がクロス円は非常に高い。

全てのクロス円週間ピボット数値は円安に大きく離れているので突っ込む売りはリスクが大きい。
チャートオープンで下に窓を開ける事があれば当日ロングで挑む。

戦略:
オージー円・キウイ円・ポンド円・ユーロ円、オープンロング
ピボットまでの回帰を狙う戦略で、ストップエントリーに対して1:1とする。





にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年04月08日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< オセアニアクロス円を考える・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 買え買えって言うので・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。