スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

チャートを探す期間・・・

チャートはチャートはSevenFXのレバレッジ1000倍。
全て1Hでアリゾナチャートを使用。
トレンドラインはラインチャートを使用。

:ポンドオージー:
月足に向かう確率と値幅収縮との攻防に注目。
ずっと待っていたこのペアの収縮値幅が50P程まで迫ってきた。
上に抜ければ月足ピボットまでのロングランを期待している。
1.4850以上で推移している時間が長ければ、
ストップ1.4750厳守でポンドロングを期待している。
20120809173403.png 


:ポンドキウイ:
対オージーより先行して価格が動いているので、
キウイチャートはペースランナーと認識している。
ブレイク後既に10時間以上価格が停滞しているのは、
一般的に言うペナント形成中といえる。
最寄のポイントとなる付近でペナントが発生したら
もう一段階同じ方向に動く確率は70%であるというデータがある。
1.9300高値より価格が上に向かえば1.95タッチは夢ではない。
リスクは7:3であるがゆえに、タッチ&ゴーで期待している。
20120809174107.png 

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年08月09日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< ポンドの対オセアニア・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | お盆前の構築は終了・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。