スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

8月分のユーロドルデータ検証・・・

ユーロドルだけだが、バックドラフトの8月分のデータをまとめてある。

2012年 8/1~8/31   EUR/USD   M5    90.85% 
2012年 8/1~8/31    EUR/USD   M15   90.0 %

EUR/USD  5分足」のパフォーマンス
   【直近の勝率(ターゲット達成率)】
◆2012年  8月1日~8月31日
149勝 15敗 ⇒ 90.85%
ターゲット2以上・・・100(ターゲット達成のうち67.11%) 

EUR/USD  15分足」のパフォーマンス   
  【直近の勝率(ターゲット達成率)】
◆2012年  8月1日~8月31日
45勝  5敗 ⇒ 90.00%
ターゲット2以上・・・30(ターゲット達成のうち66.66%) 

通常勝率と利益が比例する事は難しい、
何故なら、1:1以上のトレード以外は全てマイナスだからだ。
10回トレードで70%の勝率であっても、残り30%が
70%の勝率を上回れば意味が無い。

まぁ、そんな事は言うまでもないが、
バックドラフトではその曖昧なところが全く無い。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年09月06日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

<< ドルカナダ+50Pで利食いとオセアニアロング継続中・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 先日の結果は・・・現在進行形・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。