スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トレード構築・・・

【ボリンジャーバンド】

ボリンジャーバンドは、移動平均線に統計の手法を加えて考案されたテクニカル分析
ボリンジャーバンドの収縮状態が長く続き、その後価格がバンドを突き抜けると、トレンド転換
ボリンジャーバンド自体がトレンドとなり上値抵抗線や・下値支持線を示す
ボリンジャーバンドは、価格の勢いの変化や反転の目安、方向を見る指標
ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

【PIVOT】

PIVOTとは、前日の高値、安値、終値から、相場のバランスポイントを計算したもので
サポート&レジスタンス、ブレイクポイントを計算できる物
HBOP=2P-2L+H
S2=P+H-L
S1=2P-L
P=(C+H+L)/3
B1=2P-H
B2=P-H+L
LBOP=2P-2H+L     
(P=Pivot, H=high, L=Low, C=Close)で計算される
使い方
① B1B2でロング、S1S2でショート
②HBOP、LBOPでロスカット

【フィボナッチ】

フィボナッチ数列とは、A(n+2)=A(n)+A(n+1)で表される数列
1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144、233,・・・
高値(安値)をつけた日から、フィボナッチ数に相当する日数が経過した日がトレンド変化日

【エリオット波動】

エリオット波動とは、5波動のトレンドと、3波動の修正波動(A,B,C)で構成されている
1波のトップ(ボトム)を4波のボトム(トップ)は割らない(超えない)
B波は常に3波動
修正波は予測困難(とくに4波とB波)
・ 1波と2波を確認したら、1波のトップ越え(ボトム割れ)でエントリー
・ 4波とB波には手を出さない

…………………………………………………………………………………………………………

上記数点を重点に色々学んできたわけですが、それぞれにメリットとデメリットが当然あります
BB拒否派を覆してくれると期待して、BB製作者の東京講演にも高い金を払い参加しましたが、
逆にBB以外にも他のテクニカルインジケーター全て未来予測は不可能であるという結論に至りました

未来を予測したりするのは個人の自由ですが、インジケーターでの予測は事後報告以外何も無い
数値やライン等を意識してトレードされている方は沢山いるでしょうが、
その数値が的中しているような記事を価格が動いてから書くのは誰でも出来る

考え方を少し変えてみたり、視点を変えると何か発見が無い物か・・・
・価格が動けばどのテクニカルでも数値は算出できる
・インジケーター自体で方向性を100%見抜く事はできない
・プライスアクションでは、ある程度の方向性がわかる
・ピボットでの確率は全ての時間軸において均等75%を超える
・事後に引いたフィボナッチでも、ポイント数値は算出できる
他多々・・・

上記もろもろ考えた結果、過去n日の平均値・ピボット・フィボナッチから
① 毎日反映される数値が現れて、そのプライスに向かうポジションを保有し、
② 尚且つプライスアクションでのシグナル点灯を点灯する事が出来ない物か・・・

①はMT4インジケーター製作という事でクリアできたのが、
Pivotの高確率に注目し、フィボナッチを加味した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF



チャートは3日平均から上記全てを算出して、日々日本時間オープン時反映されます
左はnobitaPivot_nD_HL_MTFのみで、右はnobitaPivot_nD_ExFib_MTFを加えています
毎朝反映される数値は、当日参考に出来るようにピボットとフィボナッチを融合して
さらに、BBバンドのようにリアルタイムで動いていく意味の無い動きもありません
更にバックドラフトでのプライスアクションシグナルを加えた事でトレード幅が広がりました

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年10月01日 バックドラフト トラックバック:- コメント:-

<< 所要時間200分のデイトレ・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 一足先に押し目ロングが約定・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。