スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ユーロドルイーブンにユーロ円+-0・・・

本日は、1.3005/102.35で売りスタート。
ストップは30P、買いポイントで利食いできれば○。

結果:
1.2970/101.83で共に利食いできた。
+35Pと+52Pでトータル+87P

問題はここからだ、
本日動くとは思わないが、1.2970/101.83で買い予約
これも共に約定した。
ストップは利益と同じPIPSで注文したが、
ユーロ円は-52Pが執行されマイナスとなった。
これで本日のユーロ円は+-0だ。

ユーロ円の下落幅の本日最大値は101.19付近までと予測できる。
それ以上の下落があるのであれば今週は波乱のスタートである。

何故なら、一日でnobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
上下幅をぶった切る事は非常にまれなことだからである。
本日はオープン時赤で18時現在青を破り最大4つの値を3つクリアした。
 
ユーロドルは、1.2970買い・1.2935ストップがまだ進行中。
つまり、nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTFでの
サポートはまだ生きている事になる。
ユーロ円だけが大きな下押しとなっている分弱気のシグナルは拭えない。
一旦ユーロドルをストップイーブンでクローズして今後の動きを見ていこう。

結局本日のトレードは、ユーロドル+35P、ユーロ円+-0で
トータル+35Pで再度戦略を立てることにする。
20121008180815.png 


トレンドラインは一つとは限らない、初回のラインが起点で下落しているのであれば
下記のようにフィボナッチファンを引く事により初期ラインが生きてくる。

ライン的には50%ラインでの攻防という事になり、61.8%が最終になるか!?
といったところだろう。
ならば、買いで入るならばストップの位置は明確だ。
売るのであればリスク覚悟の月足ピボットまでスィングする。

本日時点で個人的に明確な準備が整っていない。
20121008181310.png 

上記は、nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
パラメーターを通常時の3日平均にしてあるものを表示している。

やはり休日と言う事もあり本日は危険な日である。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年10月08日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< 付属品を有効活用してみよう・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 祭日スタートの月曜日にNYも休場・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。