スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ユーロドル・ドルスイス戦略の動向・・・

ドルスイスを0.9400売りでスタート
ストップ初回0.9450
~~~~~~~~~~~~~~~~

経過は極めて順調!
20:30分時点で0.9355付近は100Pほどの含み益。
ストップをチャート画面の0.9364フィボナッチまで移動。
20121011203029.png 


成り行き1.2860買いを選択
目先は1.2925付近までの回帰を期待し、ストップ1.2830
~~~~~~~~~~~~~~~~

一回目のトレードはストップに刺さり-30P確定。

ストップ後もフィボナッチ61.8%プライスは変わらず、
二回目のトレードも同じ場所で1.2860買い約定。
初回が-30Pだったので、ストップを1.2883まで移動。
これもフィボナッチ数値である。

期待値だった1.2925は現時点でクリアしているので、
事実上戦略は有効だったと言えよう。

ならば、週間ピボットまでの跳ねを期待してみよう。
20121011203447.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年10月11日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< 期間限定のイベント投資を学ぶ・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ドルスイス戦略・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。