スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

新規トレード戦略・・・

成り行き1.2860買いを選択
ストップ1.2883
====================
本日もユーロドルは上へ向かっている。
ストップを1.2927まで移動して67P確保しよう。
====================
結果:+67P
====================

本日週が明けて最高値1.2979まで上昇したが、
先週のリミットストップに早朝刺さって利食いしていた。
どちらにせよ、月曜日早々67Pの利益が出た。

さて、先日の続きを・・・
フィボナッチ数のプライマリ番号
0.6180.786、1.271.618

相場転換の定義として説明されているポイントは上記の数値である。
だから何という前に、下記のチャートを見てみよう。
不思議というだけでは説明が付かないこのポイントは、
フィボナッチ好きの自身には最高の一品である。
ちなみに、週が明けた現時点ではトレード対象に達していない。
20121015214030.png 


色んなチャートを物色していくと、何ペアか面白いのがある。
一つ例を挙げると、オージーカナダなど注目である。
着実に反転のカウントが進んでいると思っている。

Bullishかも知れないし、The Bat Pattern 

いや、

The Gartley Pattern
が一番近いパターンかもしれない
zup1.png 20121015215418.png

もう少し時間がかかるかもしれないが、チャンスがあるかもしれない。
今週のピボット付近でスタートしているこのペアを、1.0010で買って見る。
一回目のトレードは、ストップは0.9986と-24Pと厳しくして、
二回目のトレードは0.9986で最終61.8%ポイントで買って見る。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年10月15日 チャートパターン トラックバック:- コメント:-

<< +78Pで利食・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | フィボナッチトレードは未知の世界・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。