スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTFを学ぼう・・・

ユーロドルで見てみよう

nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF


7日平均
最終ラインを超えている期間はトレンド発生中か、横ばいである。
9/7からの上昇期間の10日程の放れは行き過ぎの典型。
価格は高確率で黄色の中心ポイントに戻る性質がある。
次回は1.2981、1.2931に向かうと考えている。
それには1.3022より上でクローズしない事が条件。
20121020183721.png 

3日平均
1.3016の下限ポイント付近で終値を迎えた。
1.3067までの戻りは想定内で、次回は月曜日の更新を見る。
20121020183933.png 

当日
1.3010の最終到達ポイントはクリアした。
当日の最大値幅をクリアした事により1.3055までの戻りは許容範囲。
20121020184112.png 

月曜日早々戻りがあるのかもしれないし、
追撃のユーロの売り攻撃があるかもしれない。

こんな2トレンディーならば、1.2890付近まで期待できる。
下値を更新しないでユーロが踏ん張るには現時点の価格より
下でクローズしてはいけない事になる。
20121020184845.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年10月20日 インジケーター トラックバック:- コメント:-

<< オージーカナダ戦略・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | レンジを放れる時をカウントダウンしていこう3・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。