スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

もう水曜日ですけど・・・ネ・・・

週明け早々26日に+327Pの利益を確保した。

① 0.9335/1.2900までの成り行きトレード0.9292買い/1.2954売り
② 同ポイントでそのままドテン予約もした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう水曜日だよ~っという事だが、アリゾナチャートでのブレイククローズの時間が
20時間を超えてきたが、形勢はピボット方面に傾いている。

11/26の14:30のポジションはまだ保有中。
ドルスイス 0.9292買い
ユーロドル 1.2954売り

おそらく90パーセント以上の確率で今週のピボットは到達するであろう。
チャートを見てみよう、前回のピンクブレイクによるトレードは無事に利食いしている。
今回はその後の反発ピボットトレードを進行中ということだが、思いのほか苦戦している。
20121128183501.png 
苦戦しているといっても自身ではなくチャートの方であり、自身はいつものルール通り進行中。
上記チャート表示では殆ど動いていないように見えるが、実はそうでもない。
通常添付しているチャートで表示すればそれなりのトレードになっている。
週明けからのエントリーは少々早すぎたが、遅かれ早かれ自身のルールでは
毎度ピンクラインブレイクでエントリーしていたであろう。
今の含み益より20P程良いポイントだったかもしれない^^;
とにもかくにもあまり時間がかかるようなだるいチャートは一方的な可能性を秘めている。

例えば、1.2660からのユーロロングは解消したと解釈すれば、
ユーロドルは戻り売りのツボということになり、ドルスイスはその逆だ。

そんな考えが浮上してきた自身は、リミットをピボットではなく、
もう少し先のほうまで期待してみようと考えている。
ストップは今週の高値安値を厳守として、ピボット到達でイーブンとする。
20121128184938.png 

月曜日に327Pの利益確定した事は非常に大きい。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2012年11月28日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< 第一発目オージー円スタート・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | やる気が無い相場はピボット方向へ・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。