スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ドルスイスを見てから開始しよう・・・

ドル円が早々に92.5売りが約定されて93円のストップに刺さっている。
今週のピボットは上、月足ピボットは下、まずは今週のピボット到達か^^;
ユーロドル・ドルスイスにあまり動きが無い事から、単独円売りは明確。
何処かでもう一度ドルを売りたいような感じでいるが・・・。

ドル円の4Hペナントは継続中で、その中での1Hペナントはブレイクしている。
しかし、レジスタンスはブレイクしていないので93.50~94で継続だろう。

ドルスイス戦略の中で本日は完全な横ばいであり、明日はNR7だろう。
すると、0.9200と0.9150のブレイクに仕掛けるのは当然だ。

円とドルを完全に切り離してチャートのみで見ていくのが良いかもしれない。
個人的にはドル円もユーロ円も一旦力尽きる時と考えている。

話が混同しているように聞こえるが、ドル円、ユーロドル、ドルスイス、ユーロ円の話。
それぞれチャートの形に興味があり、祭日明けが非常に楽しみである。

ユーロドルの今週のピボットはレジスタンスラインと重なる。
ドル円の本日上昇のツボは93.70付近でその後反落と見ている。
ドルスイスはレンジブレイク上下指値で十分と見ている。
ユーロ円はユーロドルがピボットに到達した時に何処にいるかで考えは変わる。
今週はこの4ペアに注目していこう。 まずはドルスイスブレイク待ちだ。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2013年02月11日 ドルスイス トラックバック:- コメント:-

<< 気が早いと焦りは禁物・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 2/11~の新規戦略・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。