スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

チャートパターンが何故あるのか(ユーロドルの巻)・・・

ユーロドル

2005/11 安値1.1639
2008/7  高値1.6038
2010/6  安値1.1875
2011/5  高値1.4938
2012/7  安値1.2040
2013/10 高値1.3830

上記で綺麗な上下トレンドラインが引ける。
月足チャートでは綺麗なフラッグPINバーの翌月が11月である。
20131102223850.png


10/30 21:00 1.3770売り。
ストップを1.3570 +200Pの利益を確保中。


昔からあるチャートパターンも、何処のどの記事を探しても
結局事後報告の結果論と思われ、好きなように当てはめれば
なんとなくそんな感じがするんじゃないかと思ってしまう。
だが、価格が動いてから確定するチャートパターンというのは当然だ。
とりあえず何でも良い、トレードで利益が出るスタイルがあれば良い。

日足チャート
20131102223403.png

4Hチャート

ラインチャートでトレンドラインを引くと見やすい。
① 黄色ラインはサポートとレジスタンスを兼ねている。
② ピンクは中期的な上昇トレンドラインである。

①サポートライン割れ黄色、次は②ピンク割れ。
値幅観測的にはギリギリサポートされるかの瀬戸際だ。
青いトライアングルゾーンは魔のポイントだ。
11/4祭日スタートの週はブラックマンデーになる可能性がある。
20131102225400.png


新しいトレードプランが出来そうなチャート構成なので、
ドルスイスとともに次のステージを狙ってみる。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2013年11月02日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

<< 新規トレードプラン・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | メルマガでも・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。