スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アナリストの意見は・・・

WSJ

シティグループのアナリストは、欧米の金利差、欧州銀を上回る米銀の業績、
米経済指標の多くに見られる明確な力強さなどを考慮すると、
ユーロはドルに対して割高なようだと指摘する。
同社のモデルは、より妥当な水準として1.3450ドルを示していると言う。
ただ少なくとも現時点では、市場はこれに同意していないよう・・・

・・・ふむふむ・・・

大体70週前後で転換期を迎えているユーロドル。
次は1/20頃まで上昇していくことになる・・・
そこがトップなのかはわからないが、次は6月だ。
上記の話だと長期レジスタンスは破られないということか・?
だとすると、7月からの上昇ラインまでの戻りが近々にある。
しかし、上昇が継続すれば6月までには1.48ミドルはトライということになる。

アナリストの話はまちまちで、特に責任をとる必要が無い分いい加減・・・?^^;
そんな事いうと怒られるかもしれない^^;

とりあえず、個人的にはウェッジ中というのが気になっている。
完成した場合はトレンド転換という形となる。

上放れは当然順張りだが、戻った場合のほうが利幅が大きいと感じている。

チャートパターンもファンダも注目するポイントはおなじではなかろうか?
20131209204626.png


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2013年12月09日 ユーロドル トラックバック:- コメント:-

<< 怒涛の買い示唆アナリスト達・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ポンドの平均900Pはキーポイント・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。