スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ピボット 到達 確率・・・

ピボット到達確率は70%あるといわれている。
当然残り30%は到達しないということなのだが、
2日連続でデイリーピボットに到達しない確率は?

下記ドル円直近15日分でのピボットに到達しない日は5日。
やはり30%の確率で到達していない。
20140116200615.png

もう少し長い目で見て30日分ではどうか?
なんと、10日ピボットに到達しない日がある! これも30%だ。

興味深いのが、3日連続ピボットに到達しない日がある。
しかし、その日は12月23.24.25日とクリスマス中。
20140116200938.png

さて、20時時点で104.70付近で推移しているが先日ピボットに到達していない。
7:3の確率で本日のピボットに到達するというのだがどうだろうか?
短期チャート(5M)でみると、丁度200MAが綺麗なレジスタンスだ。
これを割れると、40P程のデイトレードが出来るのではないかと思っている。
逆に、104.80以上になるとデイリーR1ブレイク後には
いよいよ105円タッチが見えてくる。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年01月16日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

<< ピボット 到達 確率(達成編)・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 2014年度ボイドタイム保存版 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。