スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

満月でドル買い、新月でドル売りの日が終わり・・・

先日1/31は新月で変化日となっていたが、
ドル円の基本として、
「満月=円高」「満月=ドル安」
「新月=円高」「新月=ドル高」のピーク。

アストロジーでも、「満月でドル買い、新月でドル売り」。
一応定義通りに価格が動いていたということになる。
ということは、満月のドル買いは2/15ということで、
2/17からアストロジー的円安に向かうということになる。
ま!直近1/16の満月には円安になっていないけど^^;
全てを信頼してよいものではないが、参考程度。

さて、ドル円再上昇ポイント96.53から105.43の38.2戻しが102.4。
フィボナッチでは38.6~6.8までの間がトレード対象期間なので、
99.94が61.8パーセント戻しとなり丁度200MAと合致した。
しかし、日々5P程上昇しているので100円割れは短命と感じる。
短期売りで仕掛けている4ペアは、次なる円安への軍資金となる
有意義なトレードとなるであろう。
ドル円であるならば、後200P弱の利益を更に見込め、
ポンド円ならば89.144MAが丁度良い期間ではないかと感じる。
すると、300P~700Pまだ落ちる可能性はある。

どちらにしろ、ドル円クロス円は月足・週足・日足と上昇トレンドであり、
それぞれ4Hから崩れてきている状態なので、日足が崩れない限り
円安での買い待ちを、売りで日々つないでいる状況だ。
20140201144504.png
20140201144900.png



下記それぞれシンプルにしてチャートを添付しているので
戦略から約定、現在の状況と適当に参考にしてみてください。

~1/24有料記事より~


各週間ピボット数値(月曜日反映)のR1では売り予約。
もうひとつは、日々更新される
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF の
赤ラインで日々売り予約
をしてストップは、
nobitaPivot_nD_ExFib_MTF.の最上部価格とする。
長期的には押し目買いだが、短期下落は追いかけていこう。

Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

:結果:

1/31終値 ドル円102.45
1/28 102.92売り 
1/29 103.24売り 
1/31 102.88売り 
20140201142521.png


1/31終値 ユーロ円137.62
1/27 140.44売り 
1/28 140.68売り  
1/29 140.95売り 
20140201142732.png


1/31終値 オージー円89.29
1/28 90.06売り 
1/29 90.95売り 
1/31 90.43売り 
20140201142830.png


1/31終値 ポンド円167.72
1/28 170.52売り 
1/29 171.30売り 
20140201142921.png



~公開記事より~

12/16
ポンドオージー 1.8193買い

日足ポンドオージーPINバー売りトレード
1/27 
1.8965売り 
1.8913売り 

1/31終値1.8766

こちらは週足でインサイドバーとなっているので2月第一週は
どちらかに大きく放れていくとうれしいものである。
ポンドオージーは買いで-12ドル、売りで+6ドルのスワツプ。
買いと売りで1:2のポジションなので+-0のスワップである。
現時点では両方含み益だが、ポンドが上昇復活の際にはマイナスになる。
したがって、売りのポジションは確実に利益で終わらなければいけない。
どうするか簡単で、ストップイーブンであるならば損益ゼロでスワップ収入のみ
買いのポジションはマイナススワップを支払っているので、
今現在、100P上にストップを移動すればマイナスにはならない。
20140201150126.png



次なるトレード戦略は有料記事にて配信予定・・・続く

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年02月01日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< 今後のトレード戦略・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 今週の有料記事結果・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。