スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ピボット到達確率を有効活用しよう・・・

ピボット到達確率が高いというのは結構知られていますが、
当日・週間・月足と三種類が一般的で、ピボットに向かう
ポジションを保有するという感じ。

しかし、当日の次が一週間というのは長いなぁ~とか、
インジケーターって、N日間の平均値を表示してくれるし・・・
ピボットに向かう確率が高いなら、3日間や7日間(NR7)も同じ?
個人の好きな期間でピボットに向かうポジション確率も同じでは?

見たいな感じで製作したインジケーターが、かれこれ5年程前・・・
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com

それ以外に、非売品だが日勤サラリーマン用のインジケーターnobita2もある。
これは、今でも使用しているが、期間が日本時間オープンから8時間のフィボナッチである。
よく、どこかのサイトに行くとNY時間のピボットという記事を見ることがあるだろう。
考え方は同じで、日々オープンから日本時間15:00で数値を反映できるようになっている。
実は、ピボット到達確率とN期間でのフィボナッチ50%戻しの確率は殆ど変らない。
過去の好きなチャートを見ればわかると思うが、よっぽど強いトレンドが発生しても、
3日も4日もピボットにタッチしない日や、前日の50%戻しをしない日はあまり無い。
期間が短ければ更に確率は高くなるので、8時間フィボナッチを作成した。

下記チャートはドル円ですが、上が3日間平均で下が当日に8時間フィボナッチをアプライ。
ごちゃごちゃに見えると思うが、見るところは一つ、中心値黄色に価格が戻る確率
20140202173258.png

下記、8日間で3日平均到達確率(上チャート)は75%、当日(下チャート)でも75%。
結論として、月曜日や黄色始値の時以外は黄色い向かうポジション保有で勝率75%
ただし、25%が負けるということと、トレンド把握が出来る他の物も組み合わせる事。
20140202174229.png


最後にパラメータ①で当日分だが、上下最終到達価格より超えることは
殆ど無いので、デイトレード時のストップ&リミットとして活用できる。
20140202174629.png

パラメータ③(通常反映時)では、当日上下放れてしまった場合、
次の日から黄色に向かうポジションを保有するのが好ましい。
20140202175155.png
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com



にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年02月02日 インジケーター トラックバック:- コメント:-

<< XMコンテストに参加しよう・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 今後のトレード戦略・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。