スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

テクニカルの誤解・・・

MACDの0(ゼロ)ライン
テクニカル分析→MACDの0(ゼロ)ライン

上に抜ければ買い、下に抜ければ売りという解釈だが、
難しいとか、有効だとか言う議論は全く無意味だ。

何故なら、上記が有効ならば12MAと26MAクロスでの
トレードスタイルで常勝できると言っているのと同じだからである。

EMAクロス売買で勝てると思いますか?
というか、どのMAクロスでEAを制作してもマイナスだ!
21と200で制作したら常勝はできるが、ドローダウンははんぱない。

MACDの0ラインは26MAを真っ平らにしただけ
つまりMACDを見れば、12MAと26MAのクロス売買であるという事。


過信は禁物で、試行錯誤してインジケーターが星の数ほどあるが、
メインとサブの表示スタイルが違うだけでまるで違うもののように感じているだけ。

下記を見れば一目瞭然! テクニカル好きだがテクニカルが嫌いな人間ですから^^;

20140221221709.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年02月22日 FX日記 トラックバック:- コメント:-

<< 有料ブログとは・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 懐かしいテクニカルな話 2・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。