スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2週連続十字線にインサイドバー後・・・

オージー円の週足

① 2週連続で十字線
② インサイドバー、
③ 93円手前でダブルトップ

ローソク足が徐々に収まっていくことをはらみ足
海外ではインサイドバーと呼ぶ。

日々切りあがってくる89MAは近々前々週の十字線と
値幅と等倍になるであろう。

相場の格言として、

<もみ合い放れにつけ>

インサイドバーからの放れはブレイクになりやすい


値幅200P程での上下ブレイクに順張りすれば良い



日足で見てみよう。
週足でブレイク順張りと考えている場所の下値は、
ダブルボトムからの上昇50%戻し付近がサポートとなり、
目前には21MAが控えているので、破られないというより
破られたら一気に落ちる可能性を秘めている。

上に関しては、ダブルトップをブレイクするので、
当然放れて行けばもう一段階上に向かうのは必至。


もうひとつ!
シュワッガーの本によると、レンジ上下に発生するペナントや
フラッグは、今後張り付いている方角へブレイクする。
もし、その確率的トレードが失敗したら手仕舞すればよい。
トレードスタイルで悩むのであれば、ストップを明確にした
高確率方向へエントリーすれば良いだけである。
20140223210128.png

もうぅ~
チャート分析のみで書かれている本大好き!

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年02月23日 オージー円 トラックバック:- コメント:-

<< ドル円・4クロス円インサイドバー・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | テクニカルの誤解 2 (テクニカル的に考えるから負ける編)・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。