スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ボタンを押す前が勝負・・・

When a currency becomes extremely overbought or oversold, even though the current trend is strongly in one direction, it tends to bounce aggressively in the other direction for at least a day -- and often longer.

Typically a stock or currency becomes OB or OS a while after it crashes through resistance or support.
There are a few technical indicators that have been very good at identifying OB or OS in stocks and,
based on my review of currency charts, they also tend to work very well in forex.

I’ve attached a copy of the EURCAD daily chart that shows just how oversold it was late yesterday/early this morning.
It met all the conditions for oversold that have served me well in the stock market, and after looking at a multitude of currency charts, I believe they’re likely to be useful in forex:

1)Price penetrated below the lower 50 DMA 2.5 SD Bollinger Band
(Indicating price was >2.5 standard deviations away from the 50 day moving average).
2)RSI (an oscillator) was below 30, also a level usually only seen at extremely oversold situations.
3) CCI (another important oscillator) was around -200, again indicating an extremely oversold level.

When a stock or currency is extremely overbought, there is a penetration of the upper BB, RSI >70 and CCI >200.

When all of these indicators are in alignment as they were this morning, the probability of a countertrend move in the near future is extremely high – not certainty but I would never bet against it. Note on the chart that there were two other days where OB OS conditions were reached – mid and late September. The first case brought a 120 pip countertrend bounce on the next day, the second brought a multi day 550 pip bounce. As I write this, the countertrend bounce from this morning’s low is about 150 pips.

I would not short an extremely oversold currency until the oversold condition had a chance to resolve itself (nor would I go long an overbought one).

*****************************************************

ショートでトレードだ!と思い、いざトレードに入った直後、
ロング方向にどんどん損失をふくらます事がある。

ロングでトレードだ!と思い、いざトレードに入った直後、
ショート方向にどんどん損失をふくらます事がある。

何度トレードしても同じことの繰り返しで
自分がエントリーした方向と逆に動く。

ならば!

自分が思う方向と逆にトレードすれば大丈夫!
・・・と思いトレードすると、やはり同じ事・・・

そんな経験をしたこと無い方は誰もいないと思う。

解決策はとても簡単で、買いすぎ、売りすぎの状態を
把握しておけば簡単に回避できる問題である。

売られすぎ(Over Sold)買われすぎ(Over Bought)

チャートの進む方向は3方向しかなく、上に進むか、下に進むか、真横に進むかで、
たとえば上に進んでいても途中で息きつきということでエネルギーをためるかのように
反転していくことがあります。
大きな反転だと100PIPSほどあっという間に動いてしまい、
ストップロスを飲み込んでしまいます。
もっと大きなチャートから考えると総合で500PIPSの反転、
リトレイスメントもあるわけです。
大きなトレンドと、その中で動いている小さなトレンド(embedded trend)の
動きをも見つめながら、注意すべき事は多々ある。

*****************************************************

と、海外剛腕トレーダーの言葉を要約するとこんな感じだ。

ようするに、買い・売りのボタンをクリックする前に

シナリヲのないトレードの勝敗は既に決まっているという話。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年02月25日 FX日記 トラックバック:- コメント:-

<< テクニカルの引き出しは沢山ある・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ドル円・4クロス円インサイドバー・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。