スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Triple screen systemと 有料記事進捗・・・

Dr. Alexander Elder(アレキサンダー・エルダー医学博士)
知っている方は沢山いるでしょうが、日本で言う事の投資苑。

この方の「Trading For A Living」に記載してある
トリプルスクリーンシステムがなんとなく使えそう。

セットアップは非常に簡単で、
① 週足チャート:テクニカルインディケーターはMACD
② 日足チャート:テクニカルインディケーターはFI
 
FIって何?って質問がありそうだが、MT4に
標準装備してあるForce Index。

日足・週足ベースなので個人的にはとても大好き。
しかも、トレード方法も非常に簡単。

1:週足で大きなトレンドを把握(当然の事)
2:日足チャートで週足に逆行する中トレンドを見つける
3:)FIを参考にしてして注文する。

***重要ポイントは、MACDのヒストグラムの
最後の2本
に固執して注目する。
MACDについてはそれぞれMAを表示すれば同じだが、
ヒストグラムの本数を使用するので今回は通常。


強①②が最も強いトレンド、中強は順不同で①②の次。


さて、上記週足チャートを見ると強②の状態で、
強い売り方向へのトレンドが確立。
この場合、トレードする方向は全て売り方向のみで
買い方向はいかなるチャンスがあっても手を出さない


次に日足チャートで第二の波を探すのですが、著者の定義として
日足の波は週足に逆行していなければならないとしています。

上記日足チャートでは、週足下落中のまさの逆行現象で、
しかもダイバージェンスとなっています。

とりあえず、ここまで発見できるチャートを物色してみよう。 

簡単にまとめると、


***エントリー方法***
日足チャートのFIが0ラインの下に入ったところで
エントリーオーダーを設定します。
今回は、週足下、日足上なので、売りオーダーです。
売りに入る前提で、上記チャートからゼロになるまで待機して、
ゼロになった時のローソク足でエントリーを決めます。
下記は上記進行形となっていますが、翌日0ラインを割れました。
したがって、安値売りのsell stopを入れて、ストップは高値1P上。


数日後チャートはどのようになっているか確認してみると・・・
約定から24日後には最大850Pの利益が発生しているチャート。
利食いポイントは多々ありますが、代表的なところでは、
十字線からの翌日カラ傘で次がトンカチと3日連続すれば
典型的なトレンド終了局面となり、丁度よい利食いでしょう。
20140227204144.png


自身の理論じゃないけど
どうですか?
使えそう?
本は6000円以上するョ



では、今週の有料記事近況報告
















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年02月27日 有料記事 トラックバック:- コメント:-

<< リアルアカウントで一番重要なのは・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 正しいトレンドラインの引き方???・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。