スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

テクニカルチャート・・・

J.Welles Wilderが考案した


ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)=本当の値幅の平均

当日高値と当日安値の差⇒中心値=(当日高値+当日安値)÷2
当日高値と前日終値の差⇒中心値=(当日高値+前日終値)÷2
当日安値と前日終値の差⇒中心値=(当日安値+前日終値)÷2

ATRが大きいほどVolatilityがあり、
ATRが低いとあまり相場が動いていない。

利用方法の一つとしてストップポイントの算出。

たとえば…ユーロ円が好きだというのであれば・・・
日足で(21)とした場合、約一カ月の平均値がわかる。

ユーロ円 日足:ATR(21)
この一ヶ月を平均すると、3/7時点で12048=120pipのレンジがあることが分ります。
20140309113636.png

3/7の始値142.81に対して、その数値を使って70%~80%ぐらいをストップとする。


ユーロ円 日足:ATR(21):80%ストップ
:1.2048 → ストップ ATR 80% = 120 x 0.8 = 96pips


ユーロ円を売ると考えた場合、オープン142.81 に対し
ストップは143.77


ユーロ円を買うと考えた場合、オープン142.81 に対し
ストップは141.85

当然個々いろんな手法の中でストップポイントがあると思いますが、
Volatilityの高さ(各ペア)によって違うにもかかわらず、
トレードに対して一律のルールを適用するのはおかしいという考えです。

3/6のユーロ円で見てみると、前日ATRが1.1716オープンが140.39、
この時点で当日の大幅な状況局面はわかりませんネ。
しかし、トレード自体の算出はできるわけで、上記同様80%とすると、

買いの場合、1.11716=ストップ111×0.8=88P=139.51
売りの場合、1.11716=ストップ111×0.8=88P=141.27


上記算出数値でストップポイントのみ算出した後に
当日のトレードを個々考えるという戦略もある。
つまり、Volatility自体が平均88Pもあるのに、
もっと近いストップ設定で確実に勝てる戦略は
よっぽどの兵トレーダーと言えるのではないか?


さて、Volatility平均値がわかった時点でどのような
戦略で当日トレードに挑んでいくのだろうか?
それをテクニカルで補う言うのが本当のテクニカルと考える。

あくまでも、テクニカル売買では無く、テクニカルは補助というスタンス。

色々見てみよう。
BBバンドの場合、Volatilityストップでの順張り。
アリゲーターの場合、上に抜ければゴールデンクロス。
ボックスブレイク順張りでのトレード
20140309120332.png


結論として、どのトレードでも順張りが最強の手法で、
ストップポイントはレンジを把握したうえで置く。
結局やはり辿り着くのはトレンドフォローだという事。





にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年03月09日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< PINバーと似ている解釈・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 2500年前の言葉・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。